個人事業の税額控除(雇用促進)で節税
個人事業の税額控除(雇用促進)で節税する。雇用促進税制や所得拡大税制に関する税額控除について。

給与所得で節税

給与所得で節税する。給与所得の計算や税額について。役員賞与やみなし役員、社会保険の負担増に注意。役員報酬に関する規程サンプルなど。
【情報登録】
【カテゴリ】所得税
[スポンサード リンク]

給料で節税する

 勤務先から受け取る給与や役員報酬、青色専従者給与(給料)などが、給与所得となります。
No.1400 給与所得 | タックスアンサー(国税庁)
[平成27年4月1日現在法令等]1 給与所得とは 給与所得とは、勤務先から受ける給料、賞与などの所得をいいます。2 所得の計算方法 給与所得の金額は、次のように計算します。 収入金額(源泉徴収される前の金額)-給与所得控除額=給与所得の金額(1) 収入..

 次に示す通り、給料にかかる所得税(給与所得)は、一定の税制優遇措置があるので活用を検討します。

給与所得の計算

 給与所得は以下のように計算します。
  • 給与所得=給料-給与所得控除-特定支出

 まず、給料から給与所得控除が差し引かれます。
No.1410 給与所得控除 | タックスアンサー(国税庁)
[平成27年4月1日現在法令等] 1 給与所得控除とは 給与所得の金額は、給与等の収入金額から給与所得控除額を差し引いて算出しますが、この給与所得控除額は、給与等の収入金額に応じて、次のようになります。 ただし、給与等の収入金額が660万円未満の場合には、次の表にかかわらず、

 更に、特定支出がある場合、給与所得控除額の2分の1(給料が1,500万円を超える場合は125万円)を限度として、差し引くことが可能です。
No.1415 給与所得者の特定支出控除 | タックスアンサー(国税庁)
[平成27年4月1日現在法令等] 給与所得者が次の1から6の特定支出をした場合、その年の特定支出の額の合計額が、下記の表の区分に応じそれぞれ「特定支出控除額の適用判定の基準となる金額」を超えるときは、確定申告によりその超える部分の金額を給与所得控除後の所得金額から差し引くことができる制度がありま..

 特定支出とは以下に掲げるものです。
  1. 通勤費
  2. 転居費
  3. 研修費
  4. 資格取得費
  5. 単身赴任者の帰宅旅費
  6. 勤務必要経費(図書費・衣服費・交際費等)…上限65万円

 特定支出を差し引く場合は、以下が要件となります。
  1. 給与支払者の証明書
  2. 確定申告(上記証明書の添付が必須)
 給与支払者の証明書が必要なので、勤務先によっては対応が難しいケースもありそうです。

給与所得の納税(源泉徴収・年末調整・確定申告)

 多くの場合、給与所得については、勤務先による源泉徴収と年末調整で納税手続きが終了するので、確定申告する必要がありません。
 なお、年末調整は、勤務先に下記書類を提出していることが要件となります。
  • 給与所得者の扶養控除等申告書
  • 給与所得者の保険料控除及び配偶者特別控除の申告
No.2503 給与所得者の扶養控除等申告書等の保存期限 | タックスアンサー(国税庁)
[平成27年4月1日現在法令等](概要)  給与所得者の扶養控除等申告書等の提出を受けた源泉徴収義務者は、その申告書等を7年間保存しなければなりません。(保存期間)  その申告書の提出期限の属する年の翌年1月10日の翌日から7年間保存する必要があります。

 ただし、確定申告が必要なケースもあります。
No.1900 給与所得者で確定申告が必要な人 | タックスアンサー(国税庁)
※ 東日本大震災により被害を受けた場合等の税金の取扱いについてをご覧ください。[平成27年4月1日現在法令等] 大部分の給与所得者の方は、給与の支払者が行う年末調整によって所得税額..

 以下のいずれかに該当する場合、勤務先が年末調整をしていても確定申告しなければいけません。
  1. 給料が2,000万円を超える場合。
  2. 給与所得と退職所得以外の所得が20万円を超える場合。
  3. 同族会社から貸付金の利子等を受け取っている役員。
  4. 災害減免法により源泉徴収の猶予などを受けている場合。
  5. 源泉徴収義務のない者から給料を受け取っている場合。
 確定申告時、給与所得は他の所得と合計して課税されます(総合課税)。

給与所得から除外して節税する

 給与所得には、給料や賞与のほか、残業手当や住宅手当等の各種手当、食事等の現物支給、旅費手当などが含まれます。
No.2508 給与所得となるもの | タックスアンサー(国税庁)
[平成27年4月1日現在法令等]1 概要  給与所得とは、使用人や役員に支払う俸給や給料、賃金、歳費、賞与のほか、これらの性質を有するものをいいます。 また、青色専従者給与も、給与所得となります。2 手当  役員や使用人に支給する手当は、原則として給与所得となります..

 ただし、以下のものについては、一定の要件を満たすことにより、給与所得から除外されます(非課税)。勤務先サイドでは、経費計上できるので、非常に有利な節税と言えます。
  1. 一定金額以下の通勤手当
  2. 出張時の日当
  3. 残業時や宿日直時の食事
  4. 月3,500円以下で本人が半分以上負担している食事

 上記2.については、日当の金額や要件等に関して客観性を担保するために、旅費規程で明文化しておくことを強くお勧めします。
旅費規程で節税
旅費規程を作成して節税します。日当や宿泊料などを節税するためには、旅費規程の作成と適切な運用が必要です。

 上記4.については、食事代の金額や要件等に関して客観性を担保するために、福利厚生規程で明文化しておくことをお勧めします。
飲食代を経費化して節税
飲食代を経費化して節税する。会議費や交際費、旅費交通費、福利厚生費になるかもしれません。

役員賞与に注意

 賞与も給与所得として課税されます。ところが、原則的に役員賞与は法人税では必要経費になりません。そのため、役員賞与は節税に向いていません。
 この場合、事前確定届出給与役員賞与のように活用することや、従業員兼務役員に従業員分の賞与を支給するなどの節税方法をお勧めします。
役員報酬(事前確定届出給与)で節税
事前確定届出給与を役員賞与のように活用して節税する。事前確定届出給与の要件や注意点。
従業員兼務役員で節税
従業員兼務役員で節税する。兼務役員になれないケースや労働保険の加入、従業員分の給料・賞与・退職金について。

みなし役員に注意

 役員賞与については「みなし役員」にも注意が必要です。実質的に法人経営に従事していれば、登記上の役員でなくても、法人税においては役員とみなされます。そのような「みなし役員」に給料を支払うと、役員賞与と認定されて、非常に不利な扱いを受けます。

社会保険の負担増に注意

 役員報酬の給与控除を活用して節税する場合、社会保険の負担増に注意する必要があります。
 給料が増えると社会保険の負担が増えます。更に、社会保険は労使折半なので、同族会社の場合は法人負担分も考慮しなければいけません。
 確かに、社会保険は所得から全額控除されますし、老後の受給額も増えます。ですが、確実にキャッシュは流出するので、資金繰りを含め、総合的な損得勘定を考えた方がいいと思います。

関連する節税対策ツール

 給料(特に役員報酬)が利益調整手段として使われるケースが多々あります。当然ながら税務署は、恣意的な運用について目を光らせています。
 そのため給料に関する規程を作成し、適切に運用することが重要になります。

 役員報酬規程で節税(雛形)では、役員報酬について取り上げているのでご活用ください。
役員報酬規程で節税(雛形) おすすめ
節税に直結する役員報酬規程サンプルです。関連する節税対策情報やタックスアンサー・裁決事例・判例等を簡単に確認できます。

 役員報酬については議事録のサンプルも用意しているので、合わせてご活用ください。
定期同額給与の議事録で節税(雛形) おすすめ
節税に直結する定期同額給与に関する議事録のサンプルです。関連する節税対策情報やタックスアンサー・裁決事例・判例等を簡単に確認できます。

関連する節税計算機

節税計算機:給与所得
給与所得について納税額や節税額を試算します。

関連するタックスアンサー

関連する裁決事例


関連する法令や通達等
所得税
所得税施行令
所得税施行規則
所得税基本通達
所得税:タックスアンサー
譲渡所得:タックスアンサー
財産の評価:タックスアンサー
源泉所得税:タックスアンサー

同じカテゴリの節税対策情報

医療費控除で節税 (2015/12/09 更新)
医療費控除で節税する。控除対象となる医療費、対象外の医療費、証明書等が必要なもの、スポーツクラブで医療費控除、温泉で医療費控除。
個人型401Kプラン(確定拠出年金)で節税 (2016/01/20 更新)
個人型401Kプラン(確定拠出年金)で節税で節税する。掛金が所得控除になったり、株式や投資信託等の配当や譲渡益が非課税になるメリット等について。
NISA(少額投資非課税制度)で節税 (2016/01/19 更新)
NISA(少額投資非課税制度)で節税する。株式や投資信託等の配当や譲渡益が非課税になるメリット。損益通算や損失の繰越控除ができない、時限制度等のデメリットについて。
生命保険で節税 (2015/10/20 更新)
掛金支払時の生命保険料控除や保険金受取時の一時所得を上手に使って節税します。
個人年金保険で節税 (2015/10/20 更新)
生命保険料控除や一時所得を上手に使って節税します。
所得税の延納(利子税)で節税 (2017/02/14 更新)
所得税の延納について。利子税の納付方法や利子税をゼロにする方法、注意点など。利子税を必要経費として節税。
青色申告(所得税)で節税 (2015/12/11 更新)
青色申告(所得税)で節税する。白色申告との違い(メリット)、青色申告特別控除、家事関連費について。
青色申告(所得税:青色事業専従者給与)で節税 (2015/12/15 更新)
青色申告(所得税:青色事業専従者給与)で節税する。専従者控除(白色申告)との違いや、専従者の基準、給与額の決め方などについて。
青色申告(所得税:純損失の繰越しと繰戻し)で節税 (2015/12/14 更新)
青色申告(所得税:純損失の繰越しと繰戻し)で節税する。
譲渡所得(総合課税)で節税 (2015/11/20 更新)
譲渡所得(総合課税)で節税する。譲渡所得の特別控除、5年超の保有で所得が半分、生活用動産の譲渡、事業用の自動車の譲渡、損益通算について。
譲渡所得(不動産)で節税 (2015/11/24 更新)
譲渡所得(不動産)で節税する。譲渡所得の取得費や特別控除、損益通算などについて。5年超の保有やマイホーム(居住用財産)の譲渡などの税制優遇措置を活用。
譲渡所得(株式等)で節税 (2015/11/26 更新)
譲渡所得(株式等)で節税する。取得費の詳細や特例。NISAや特定口座、損益通算、繰越控除で節税する。
雑所得等(先物FX等)で節税 (2015/11/27 更新)
雑所得等(先物FX等)で節税する。先物取引・FX・CFDの必要経費、損益通算、繰越控除について。
退職所得で節税 (2015/11/07 更新)
税制優遇措置のある退職所得で節税する。退職所得の計算や税額、退職金で節税する実例、退職金に関する規程サンプルなど。
給与所得で節税 (2015/11/16 更新)
給与所得で節税する。給与所得の計算や税額について。役員賞与やみなし役員、社会保険の負担増に注意。役員報酬に関する規程サンプルなど。
一時所得で節税 (2015/11/13 更新)
税制優遇措置のある一時所得で節税する。一時所得の税額計算や、法人からの贈与、ふるさと納税の特産品について。
利子所得で節税 (2015/11/17 更新)
利子所得で節税する。非課税の利子所得や外国税額控除、法人税の所得税額控除などを活用する。
非課税所得で節税 (2016/01/19 更新)
非課税所得を活用して節税する。給与所得・利子所得・配当所得・譲渡所得(株式等)・譲渡所得(総合課税)・雑所得(公的年金)・損害賠償金・他の法律の非課税措置について。
配当所得で節税 (2015/11/19 更新)
配当所得で節税する。複数の申告制度(総合課税・分離課税・申告不要)を使い分ける方法、配当控除、外国税額控除などについて。
外国税額控除で節税 (2015/11/18 更新)
外国税額控除で節税する。外国税額控除の限度額や手続き、対象とならない税金、みなし外国税額控除(ブラジルや中国、フィリピンが発行する円建て外債等)について。
雑所得(公的年金)で節税 (2015/11/30 更新)
雑所得(公的年金)で節税する。非課税の公的年金や計算方法、源泉徴収、扶養親族等申告書、確定申告不要制度について。
青色申告(所得税:帳簿書類)で節税 (2015/12/11 更新)
青色申告(所得税:帳簿書類)で節税する。正規の簿記、簡易簿記、現金式簡易簿記の3つの方法のメリットやデメリットについて。
青色申告(所得税:推計課税の禁止)で節税 (2015/12/11 更新)
青色申告(所得税:推計課税の禁止)で節税する。恣意的な推計課税を避けることができますが、青色申告の承認の取消しに注意を払う必要があります。
個人事業の税額控除(研究開発)で節税 (2015/12/18 更新)
個人事業の税額控除(研究開発)で節税する。試験研究費や中小企業技術基盤強化税制に関する税額控除について。
個人事業の税額控除(投資促進等) (2015/12/24 更新)
個人事業の特別償却や税額控除(投資促進)で節税する。グリーン投資減税や中小企業等投資促進税制、生産性向上設備投資促進税制に関する特別償却や税額控除について。
個人事業の税額控除(雇用促進)で節税 (2015/12/25 更新)
個人事業の税額控除(雇用促進)で節税する。雇用促進税制や所得拡大税制に関する税額控除について。
[スポンサード リンク]

最速節税対策:人気ページランキング もっと見る



戦略的に節税するための無料ツール

一括節税計算機
※所得を入力して、税目別に税額を一括比較する
所 得万円 *必須
減少額万円 *任意  設定  消去
[対応税目]*法人税*所得税*消費税*相続税*贈与税*利子所得*配当所得*給与所得*退職所得*譲渡所得(土地)*譲渡所得(株式)*譲渡所得(総合)*一時所得*雑所得(年金)*雑所得(FX等)

*ご利用にあたっては利用規約を必ずご確認ください

このページを他の人に教える


ご意見ご要望をお聞かせ下さい

 過去のご意見ご要望については、ご意見ご要望&回答一覧で確認できます。

利用規約をお読み下さい

 本サイトのご利用にあたっては利用規約を必ずお読み下さい。

広告を募集しています

 本サイトでは掲載していただける広告を募集しております。詳しくは広告掲載をご覧ください。
新着情報 RSS
02/14 所得税の延納(利子税)で節税
02/22 役員報酬(事前確定届出給与)で節税
02/19 不動産(再建築費評点基準表)で節税
01/20 個人型401Kプラン(確定拠出年金)で節税
01/19 NISA(少額投資非課税制度)で節税
新着情報を見る
節税対策ブログ
02/22 所得税確定申告で誤りの多い事例とは
02/02 クレジットカードポイント等の税務処理
02/01 ふるさと納税特産品と株主優待の税務処理
01/18 節税と脱税と租税回避行為の境界
01/13 給与所得控除の段階的縮小
節税対策ブログを見る
アクセス数
今日:41
昨日:512
ページビュー
今日:116
昨日:1,438

ページの先頭へ移動