退職金(役員の分掌変更)で節税
退職金(分掌変更による退職)で節税する。役員に分掌変更があった場合の退職金で節税するには、役員退職慰労金規程の作成と適切な運用をお勧めします..

役員退職金と経営者保険を組み合わせて節税

役員退職金と経営者保険を組み合わせて節税する。貯蓄型定期保険(低解約払戻金型保険等)と役員退職金の活用。デメリットや回避策(リスク軽減策)。
【情報登録】
【カテゴリ】法人税
[スポンサード リンク]

役員退職金で節税

 役員退職金にかかる所得税(退職所得)は、2分の1課税などの税制優遇措置があります。
 ただし、適切な処理がされていないと、税務調査を受けた際に否認される可能性があります。その場合、役員賞与認定を受け、非常に不利な扱いとされます。
 役員退職金の注意点等については、役員退職金(役員慰労金)で節税をご確認ください。

法人保険(経営者保険)で節税

 役員退職金の支払原資として、以下のような貯蓄性が高くなる法人保険(経営者保険)の活用が考えられます。
  • 長期平準定期保険
  • 逓増定期保険
  • 低解約払戻金型定期保険
 経営者保険の解約返戻金のピーク時に中途解約して、役員退職金の原資の確保を目指します。なお、法人保険の注意点等については、生命保険(法人契約)で節税をご確認ください。

役員退職金と経営者保険を組み合わせて節税

 上記のような経営者保険については、掛金の半分を経費計上できるので、法人税を毎期節税できます。
 保険の途中解約時に、法人税節税分が一括して収益計上されますが、保険収益分を役員退職金に充当することで法人税の発生を抑制することが可能となります。前述の通り、役員退職金は、所得税(退職所得)において税制優遇措置があるので、このスキームがうまくいければ節税効果は非常に高くなります。

経営者保険のデメリット

 経営者保険にはデメリットもあります。
  1. 掛金の半分を経費計上できるが、今後の税制改正によって経費計上できなくなる可能性がある。
  2. 保険契約中に想定外のことが生じた場合、対応策が限定される。
  3. 保険会社が破たんする可能性について検討しておく必要がある。

 上記1.ですが、掛金が経費計上できないと、経営者保険を活用するメリットはありません。過去の税制改正によって、経営者保険を活用した節税方法が塞がれたことがあるので、慎重な判断が求められます。
 上記2.については、突然の経営悪化など、保険契約期間中に多額のキャッシュを必要とする場合、対応策が限定されます。解約返戻金のピーク時であれば問題ありませんが、解約返戻金がわずかな場合は非常に困ります。契約者貸付や保険掛金の減額などで対処することになると思われますが、資金繰りに余裕がない会社はやるべきではありません。
 上記3.ですが、契約が長期間に渡るので、保険会社が破たんする可能性についても検討しておく必要があります。あらかじめ保険会社の信用格付けや保険契約者保護制度等について確認しておくことをお勧めします。

経営者保険のデメリット回避策(リスク軽減策)

 残念ながら根本的な回避策はありません。
 ただし、リスクを軽減することは可能で、以下の3つが考えられます。
  1. 経営者の退職時期をコントロールする。
  2. 保険期間を短くする。
  3. 経営セーフティ共済を活用する。
 特に上記2.が重要で、期間が短ければ短いほど不確実性が減るので、節税対策としての安全性が高まります。ただ、経営者が早期退職するのは現実的でないので、経営者ではなく、経営者の親族の活用を検討します。
 上記3.については、公的制度なので税制改正の影響が皆無ですし、40ヶ月以上掛金を払い込めば全額掛金が戻ってくるという利点もあるので、諸条件が揃えば活用したい制度です。この制度について詳しくは、経営セーフティ共済で節税をご確認ください。

 一般的に、経営者の退職時期をコントロールすることは困難です。けれども、経営者の親族であれば、退職金(従業員の役員昇格)で節税を使うことにより、退職時期のコントロールが容易になります。いわゆる税法上の「みなし退職」を活用して、従業員から役員へのステップアップ時に退職金を支給するのです。

 同時に、保険契約期間の短縮もはかれます。同族会社であれば、経営者の親族を、従業員から役員に短期間で昇格させることが可能です。
 「退職=長期間」というイメージが強いですが、特定役員退職手当等が勤続年数5年以内と定められているように、概ね「5年」というのが、退職金支給の一つの目安となります。よって、5年で従業員から役員に昇格させることを前提に考えることにします。
No.2737 役員等の勤続年数が5年以下の者に対する退職金 | タックスアンサー(国税庁)
[平成27年4月1日現在法令等] 退職所得の金額は、その年中に支払を受ける退職手当等の収入金額から、その者の勤続年数に応じて計算した退職所得控除額を控除した残額の2分の1に相当する金額とされていますが、役員等の勤続年数が5年以下の者に対する退職金のうち、その役員等の勤続年数に対応する部分につい..

 具体的な手順は以下の通りです。
  1. 経営者の親族を従業員として入社させる。
  2. 上記1.の親族を被保険者とする法人保険契約を締結。
    1. 解約返戻金のピークが概ね5年~10年後になる法人保険を選ぶ。
    2. 保険の受取人は法人。
    3. 保険の掛金の50%を毎期損金算入する。
  3. 上記1.の親族を入社5年後に役員昇格させる。
    1. 法人保険を中途解約して、①退職金の原資を確保しつつ、②法人で一括して収益計上する。
    2. 上記1.の親族への退職金(従業員の役員昇格)支給を株主総会等で決議。
    3. 法人は、所得税(退職所得)を源泉徴収(住民税は特別徴収)した上で、残金を上記1.の親族に支給。

 このスキームであれば、5年という比較的短い期間で、全ての節税手続きが完了します。ただし、退職所得控除は200万円(=40万円×5年)に留まるので、役員昇格時期を5~10年後ぐらいに幅を持たせておいて、経営状況を見据えながら時期を決めるのが現実的かもしれません。
 なお、経営セーフティ共済であれば、総額800万円までしか積み立てられませんが、掛金を100%損金算入できるので、場合によっては民間の経営者保険よりも使い勝手がいいかもしれません。

 当然のことですが、入社する親族は、従業員として実際に勤務しなければいけません。勤務実態がなければNGなので、他の従業員と同等の条件で勤務することになります。
 また、退職金の未払計上では退職所得の要件を満たさないので、役員昇格時に実際に支払う必要もあります。詳しくは、退職金(従業員の役員昇格)で節税をご確認ください。

 退職金(役員の分掌変更)で節税を使うことでも、同様の効果が期待できます。一般的に経営者の親族であれば、経営者と異なり、経営上主要な地位から退く影響は限定的と考えられますし、役員であれば従業員と違って勤務実態が問われることは少ないので、分掌変更による「みなし退職」は非常に効果的です。
 なお、退職金(従業員の役員昇格)で節税退職金(役員の分掌変更)で節税の両方を、同一人物が時期をずらして活用することも可能です。ただし、例えば、5年周期で「みなし退職」を実施すると、租税回避行為と認定され、税務調査で否認される可能性が出てくると思われるので、やり過ぎには注意が必要です。

 いずれにしても退職(みなし退職)の実態が必要不可欠です。更には、その事実を補強するためにも、社内規程の適切な運用が求められます。

関連する節税対策ツール

 従業員退職金規程で節税(雛形)では、従業員退職金について取り上げているのでご活用ください。
従業員退職金規程で節税(雛形) おすすめ
節税に直結する従業員退職金規程サンプルです。関連する節税対策情報やタックスアンサー・裁決事例・判例等を簡単に確認できます。


 また、役員退職慰労金規程で節税(雛形)では、(役員退職慰労金)として取り上げています。
役員退職慰労金規程で節税(雛形)
節税に直結する役員退職慰労金規程サンプルです。関連する節税対策情報やタックスアンサー・裁決事例・判例等を簡単に確認できます。

 議事録のサンプルも用意しているのでご活用ください。
役員退職慰労金の議事録で節税(雛形)
節税に直結する役員退職慰労金に関する議事録のサンプルです。関連する節税対策情報やタックスアンサー・裁決事例・判例等を簡単に確認できます。

退職金の税金計算ツール(所得税・住民税)

 退職金は分離課税なので、税金は天引きされます(所得税:源泉徴収、住民税:特別徴収)。また、退職金を受け取る際、勤務先に「退職所得の受給に関する申告書」を提出すると、退職所得控額等の優遇措置が適用されます。
税金シミュレーション
退職金:万円
勤続年数:
退職所得の受給に関する申告書: 
従業員/役員等:  (*役員等:法人役員・議員・公務員)

退職金の税金・差引支給額

項目金額備考
①退職金
②所得税源泉徴収
③住民税特別徴収
差引支給額①-②-③
関連する法令や通達等
法人税
法人税施行令
法人税施行規則
法人税基本通達
法人税:タックスアンサー
財産の評価:タックスアンサー

同じカテゴリの節税対策情報

青色申告(法人税)で節税 (2015/12/10 更新)
青色申告(法人税)で節税する。青色申告の義務や白色申告との違い(メリット)について。
青色申告(法人税:欠損金の繰越控除)で節税 (2015/10/21 更新)
青色申告をして欠損金の繰越控除や繰戻し還付で節税する。
青色申告(法人税:推計課税の禁止)で節税 (2015/10/21 更新)
青色申告(法人税:推計課税の禁止)で節税する。恣意的な推計課税を避けることができますが、青色申告の承認の取消しに注意を払う必要があります。
減価償却(中古資産)で節税 (2015/10/30 更新)
減価償却(中古資産)で節税する。耐用年数が短くなり、初年度に損金算入できる額が多くなる手軽な節税法。中古車のケースを例示。
減価償却で節税 (2015/12/17 更新)
減価償却で節税する。減価償却資産の取得価額が、10万円未満・20万円未満・30万円未満の場合の会計処理方法。
旅費規程で節税 (2015/10/20 更新)
旅費規程を作成して節税します。日当や宿泊料などを節税するためには、旅費規程の作成と適切な運用が必要です。
交際費で節税 (2015/10/28 更新)
交際費で節税します。損金算入される交際費(中小企業800万円)や、交際費の対象範囲等についても解説しています。
会議費で節税 (2015/10/28 更新)
会議費で節税する。交際費と異なり費用上限がない反面、会議としての実態が必要とされる。
経営セーフティ共済で節税 (2015/11/09 更新)
経営セーフティ共済(中小企業倒産防止共済)で節税する。まとめて支払って前納減額金で得をする。退職金の原資として活用する。
生命保険(法人契約)で節税 (2015/10/29 更新)
生命保険(法人契約)で節税する。定期保険や終身保険の注意点。貯蓄型定期保険(経営者保険)と役員退職金を組み合わせて節税。
役員報酬(定期同額給与)で節税 (2015/10/20 更新)
給与所得控除を活用して役員報酬(定期同額給与)で節税する。社会保険の負担増や、法人税と所得税の実効税率の差に注意が必要。
従業員兼務役員で節税 (2015/12/04 更新)
従業員兼務役員で節税する。兼務役員になれないケースや労働保険の加入、従業員分の給料・賞与・退職金について。
役員報酬(事前確定届出給与)で節税 (2016/02/22 更新)
事前確定届出給与を役員賞与のように活用して節税する。事前確定届出給与の要件や注意点。
役員退職金(役員慰労金)で節税 (2015/12/07 更新)
退職所得控除を活用して役員退職金で節税する。死亡退職金で相続税を節税。役員退職金で節税するには、役員退職慰労金規程の作成と適切な運用をお勧めします。
役員退職金と経営者保険を組み合わせて節税 (2015/11/09 更新)
役員退職金と経営者保険を組み合わせて節税する。貯蓄型定期保険(低解約払戻金型保険等)と役員退職金の活用。デメリットや回避策(リスク軽減策)。
退職金(役員の分掌変更)で節税 (2015/11/08 更新)
退職金(分掌変更による退職)で節税する。役員に分掌変更があった場合の退職金で節税するには、役員退職慰労金規程の作成と適切な運用をお勧めします。
親族を非常勤役員にして節税 (2015/12/03 更新)
親族を非常勤役員にして節税する。社会保険の削減や役員報酬、役員退職金、飲食代などについて。
役員弔慰金で節税 (2015/11/05 更新)
役員死亡時には役員弔慰金で節税する。役員弔慰金で節税するには、役員退職慰労金規程の作成と適切な運用をお勧めします。
慶弔規程(福利厚生規程)で節税 (2015/11/02 更新)
慶弔規程(福利厚生規程)で節税する。社員の結婚祝金や出産祝金、香典、見舞金などで節税するには、慶弔規程の作成と適切な運用が必要です。
社員旅行(福利厚生規程)で節税 (2015/10/26 更新)
社員旅行で節税する。確実に必要経費とするために福利厚生規程で明文化(サンプル付き)。
飲食代を経費化して節税 (2015/10/27 更新)
飲食代を経費化して節税する。会議費や交際費、旅費交通費、福利厚生費になるかもしれません。
役員社宅で節税 (2015/10/22 更新)
役員用に社宅を借り上げて節税する。通常の賃貸料の計算式や固定資産税の課税標準を調べる方法、福利厚生規程に記載するサンプルなど。
従業員寮で節税 (2015/10/22 更新)
従業員用に寮(社宅)を借り上げて節税する。賃貸料相当額の計算式や固定資産税の課税標準を調べる方法、福利厚生規程に記載するサンプルなど。
退職金(従業員の役員昇格)で節税 (2015/11/06 更新)
退職金(従業員の役員昇格)で節税する。従業員が役員へ昇格した場合の退職金で節税するには、従業員退職金規程の作成と適切な運用をお勧めします。
法人の税額控除(研究開発)で節税 (2015/11/12 更新)
法人の税額控除(研究開発)で節税する。試験研究費や中小企業技術基盤強化税制に関する税額控除について。
法人の特別償却や税額控除(投資促進)で節税 (2015/12/16 更新)
法人の特別償却や税額控除(投資促進)で節税する。中小企業投資促進税制や環境関連投資促進税制、生産性向上設備投資促進税制に関する特別償却や税額控除について。
借入金で節税 (2015/12/07 更新)
借入金で節税する。無税で資金調達して節税をはかる。役員借入金の活用と注意点、相続税対策(贈与や放棄、資本組入れ等)について。
少人数私募債で節税 (2015/12/08 更新)
少人数私募債で節税する。少人数私募債のメリットや制限、役員退職金の原資、小分けして毎年贈与、信託して元本受益権を贈与、信託した元本受益権を小分けして毎年贈与。
法人の税額控除(雇用促進)で節税 (2015/12/17 更新)
法人の税額控除(雇用促進)で節税する。雇用促進税制や所得拡大税制に関する税額控除について。
[スポンサード リンク]

最速節税対策:人気ページランキング もっと見る



戦略的に節税するための無料ツール

一括節税計算機
※所得を入力して、税目別に税額を一括比較する
所 得万円 *必須
減少額万円 *任意  設定  消去
[対応税目]*法人税*所得税*消費税*相続税*贈与税*利子所得*配当所得*給与所得*退職所得*譲渡所得(土地)*譲渡所得(株式)*譲渡所得(総合)*一時所得*雑所得(年金)*雑所得(FX等)

*ご利用にあたっては利用規約を必ずご確認ください

このページを他の人に教える


ご意見ご要望をお聞かせ下さい

 過去のご意見ご要望については、ご意見ご要望&回答一覧で確認できます。

利用規約をお読み下さい

 本サイトのご利用にあたっては利用規約を必ずお読み下さい。

広告を募集しています

 本サイトでは掲載していただける広告を募集しております。詳しくは広告掲載をご覧ください。
新着情報 RSS
02/22 役員報酬(事前確定届出給与)で節税
02/19 不動産(再建築費評点基準表)で節税
01/20 個人型401Kプラン(確定拠出年金)で節税
01/19 NISA(少額投資非課税制度)で節税
01/19 非課税所得で節税
新着情報を見る
節税対策ブログ
02/22 所得税確定申告で誤りの多い事例とは
02/02 クレジットカードポイント等の税務処理
02/01 ふるさと納税特産品と株主優待の税務処理
01/18 節税と脱税と租税回避行為の境界
01/13 給与所得控除の段階的縮小
節税対策ブログを見る
アクセス数
今日:591
昨日:282
ページビュー
今日:1,427
昨日:496

ページの先頭へ移動