役員報酬(定期同額給与)で節税
給与所得控除を活用して役員報酬(定期同額給与)で節税する。社会保険の負担増や、法人税と所得税の実効税率の差に注意が必要。

生命保険で節税

掛金支払時の生命保険料控除や保険金受取時の一時所得を上手に使って節税します。
【情報登録】
【カテゴリ】所得税
[スポンサード リンク]

生命保険の支払(生命保険料控除で節税)

 生命保険料を支払うことで、生命保険料控除の適用を受けることが可能で、その分、所得税及び住民税が軽減されます。
  • 生命保険料 … 最大控除額:所得税 年4万円、住民税 年2.8万円(※年8万円以上の支払い時)
  • 介護医療保険料 … 最大控除額:所得税 年4万円、住民税 年2.8万円(※年8万円以上の支払い時)
  • 個人年金保険料 … 最大控除額:所得税 年4万円、住民税 年2.8万円(※年8万円以上の支払い時)
No.1140 生命保険料控除 | タックスアンサー(国税庁)
[平成27年4月1日現在法令等] 平成22年度の税制改正において、生命保険料控除が次のとおり改正されました。 この改正は平成24年分の所得税から適用されます。1 制度の概要 納税者が一定の生命保険料、介護医療保険料及び個人年金保険料(コード1..

 生命保険料を年24万円支払って、生命保険料控除を最大限適用した場合のシミュレーション結果は以下の通りです。
所得別の節税額シミュレーション
所得①所得税②住民税節税額(①+②)節税率
200万円6,100円8,400円14,500円6.05%
300万円12,200円8,400円20,600円8.6%
400万円24,500円8,400円32,900円13.71%
700万円24,500円8,400円32,900円13.71%
1,000万円40,400円8,400円48,800円20.34%
節税率 = 節税額 ÷ 減少額(24万円)
様々な税目の節税額を一括試算比較する

 所得にもよりますが、結構な額の所得税(+住民税)が軽減されることが分かります。
 生命保険料・介護医療保険料・個人年金保険料を年8万円ずつ支払った場合、最も効率よく控除を受けることができます。年8万円以上支払っても、それぞれの控除額は年4万円(住民税は年2.8万円)で頭打ちとなります。

 生命保険料控除は掛け捨ての保険だけでなく、貯蓄性の高い保険も対象となります。例えば、学資保険や低解約払戻金型保険などで、元本が保証されている保険であれば、ローリスクで生命保険料控除の恩恵を受けることが可能です。
 その場合、返戻率を事前に確認しておくことをお勧めします。
 貯蓄性の高い保険で生命保険料控除を受ける際、支払い方法について気を付ける必要があります。
 一時払いを選択した方が、月払いや年払いよりも返戻率が高くなります(=保険料の総額が少なくなる)。けれども、一時払いの生命保険料控除は、支払い年だけしか適用されません。
 少しでも返戻率を高くしたい場合、一時払いではなく全期前納払いをお勧めします。全期前納払いであれば、一時払いに比べて返戻率が悪くなりますが、月払いや年払いよりも返戻率は高いですし、生命保険料控除を毎年受けることも可能です。
 

生命保険の受取(一時所得で節税)

 生命保険が満期を迎えた場合、あるいは解約した場合には保険金を受け取ります。その際、「受取保険料>払込保険料」であれば、収益に対して税金がかかってきます。

 税額は受取方法によって変わります。
  1. 一時金で受取:一時所得
  2. 年金で受取:雑所得
No.1755 生命保険契約に係る満期保険金等を受け取ったとき | タックスアンサー(国税庁)
[平成27年4月1日現在法令等] 1 満期保険金等の課税 生命保険契約の満期や解約により保険金を受け取った場合には、保険料の負担者、保険金受取人がだれであるかにより、所得税、贈与税のいずれかの課税の対象になります。

 1.の一時所得が圧倒的に有利です。
 最高50万円まで特別控除がある上に、所得は半分として計算されます。
  • 所得=(受取保険料-払込保険料-特別控除50万円)÷2

 注意点としては以下の3つが挙げられます。
  1. 5年以内に満期が来る保険は一時所得の対象外(※源泉分離課税)。
  2. 一時所得は総合課税なので他の所得の影響を受ける。
  3. その年に別の一時所得がある場合は合算される。
No.1490 一時所得 | タックスアンサー(国税庁)
[平成27年4月1日現在法令等] 1 一時所得とは 一時所得とは、営利を目的とする継続的行為から生じた所得以外の所得で、労務や役務の対価としての性質や資産の譲渡による対価としての性質を有しない一時の所得をいいます。 この所得には、次のようなものがあります。

 1.については、満期が5年を超えていても5年以内に解約した場合も一時所得の対象外となります。
 2.については、一時所得は優遇されていますが、分離課税ではなく総合課税なので、他の所得と合算して所得税率が決まります。
 3.については、同じ年に懸賞や法人からの贈与などがあった場合は、合算して計算されます。この場合でも特別控除は最大で50万円となります。
 上記2.と3.については、他の所得(収入)との兼ね合いで変動するので、可能であれば満期日(解約日)をズラすことを検討した方がいいかもしれません。

関連するタックスアンサー

関連する裁決事例

関連する判例

関連する法令や通達等
所得税
所得税施行令
所得税施行規則
所得税基本通達
所得税:タックスアンサー
譲渡所得:タックスアンサー
財産の評価:タックスアンサー
源泉所得税:タックスアンサー

同じカテゴリの節税対策情報

医療費控除で節税 (2015/12/09 更新)
医療費控除で節税する。控除対象となる医療費、対象外の医療費、証明書等が必要なもの、スポーツクラブで医療費控除、温泉で医療費控除。
個人型401Kプラン(確定拠出年金)で節税 (2016/01/20 更新)
個人型401Kプラン(確定拠出年金)で節税で節税する。掛金が所得控除になったり、株式や投資信託等の配当や譲渡益が非課税になるメリット等について。
NISA(少額投資非課税制度)で節税 (2016/01/19 更新)
NISA(少額投資非課税制度)で節税する。株式や投資信託等の配当や譲渡益が非課税になるメリット。損益通算や損失の繰越控除ができない、時限制度等のデメリットについて。
生命保険で節税 (2015/10/20 更新)
掛金支払時の生命保険料控除や保険金受取時の一時所得を上手に使って節税します。
個人年金保険で節税 (2015/10/20 更新)
生命保険料控除や一時所得を上手に使って節税します。
所得税の延納(利子税)で節税 (2017/02/14 更新)
所得税の延納について。利子税の納付方法や利子税をゼロにする方法、注意点など。利子税を必要経費として節税。
青色申告(所得税)で節税 (2015/12/11 更新)
青色申告(所得税)で節税する。白色申告との違い(メリット)、青色申告特別控除、家事関連費について。
青色申告(所得税:青色事業専従者給与)で節税 (2015/12/15 更新)
青色申告(所得税:青色事業専従者給与)で節税する。専従者控除(白色申告)との違いや、専従者の基準、給与額の決め方などについて。
青色申告(所得税:純損失の繰越しと繰戻し)で節税 (2015/12/14 更新)
青色申告(所得税:純損失の繰越しと繰戻し)で節税する。
譲渡所得(総合課税)で節税 (2015/11/20 更新)
譲渡所得(総合課税)で節税する。譲渡所得の特別控除、5年超の保有で所得が半分、生活用動産の譲渡、事業用の自動車の譲渡、損益通算について。
譲渡所得(不動産)で節税 (2015/11/24 更新)
譲渡所得(不動産)で節税する。譲渡所得の取得費や特別控除、損益通算などについて。5年超の保有やマイホーム(居住用財産)の譲渡などの税制優遇措置を活用。
譲渡所得(株式等)で節税 (2015/11/26 更新)
譲渡所得(株式等)で節税する。取得費の詳細や特例。NISAや特定口座、損益通算、繰越控除で節税する。
雑所得等(先物FX等)で節税 (2015/11/27 更新)
雑所得等(先物FX等)で節税する。先物取引・FX・CFDの必要経費、損益通算、繰越控除について。
退職所得で節税 (2015/11/07 更新)
税制優遇措置のある退職所得で節税する。退職所得の計算や税額、退職金で節税する実例、退職金に関する規程サンプルなど。
給与所得で節税 (2015/11/16 更新)
給与所得で節税する。給与所得の計算や税額について。役員賞与やみなし役員、社会保険の負担増に注意。役員報酬に関する規程サンプルなど。
一時所得で節税 (2015/11/13 更新)
税制優遇措置のある一時所得で節税する。一時所得の税額計算や、法人からの贈与、ふるさと納税の特産品について。
利子所得で節税 (2015/11/17 更新)
利子所得で節税する。非課税の利子所得や外国税額控除、法人税の所得税額控除などを活用する。
非課税所得で節税 (2016/01/19 更新)
非課税所得を活用して節税する。給与所得・利子所得・配当所得・譲渡所得(株式等)・譲渡所得(総合課税)・雑所得(公的年金)・損害賠償金・他の法律の非課税措置について。
配当所得で節税 (2015/11/19 更新)
配当所得で節税する。複数の申告制度(総合課税・分離課税・申告不要)を使い分ける方法、配当控除、外国税額控除などについて。
外国税額控除で節税 (2015/11/18 更新)
外国税額控除で節税する。外国税額控除の限度額や手続き、対象とならない税金、みなし外国税額控除(ブラジルや中国、フィリピンが発行する円建て外債等)について。
雑所得(公的年金)で節税 (2015/11/30 更新)
雑所得(公的年金)で節税する。非課税の公的年金や計算方法、源泉徴収、扶養親族等申告書、確定申告不要制度について。
青色申告(所得税:帳簿書類)で節税 (2015/12/11 更新)
青色申告(所得税:帳簿書類)で節税する。正規の簿記、簡易簿記、現金式簡易簿記の3つの方法のメリットやデメリットについて。
青色申告(所得税:推計課税の禁止)で節税 (2015/12/11 更新)
青色申告(所得税:推計課税の禁止)で節税する。恣意的な推計課税を避けることができますが、青色申告の承認の取消しに注意を払う必要があります。
個人事業の税額控除(研究開発)で節税 (2015/12/18 更新)
個人事業の税額控除(研究開発)で節税する。試験研究費や中小企業技術基盤強化税制に関する税額控除について。
個人事業の税額控除(投資促進等) (2015/12/24 更新)
個人事業の特別償却や税額控除(投資促進)で節税する。グリーン投資減税や中小企業等投資促進税制、生産性向上設備投資促進税制に関する特別償却や税額控除について。
個人事業の税額控除(雇用促進)で節税 (2015/12/25 更新)
個人事業の税額控除(雇用促進)で節税する。雇用促進税制や所得拡大税制に関する税額控除について。
[スポンサード リンク]

最速節税対策:人気ページランキング もっと見る



戦略的に節税するための無料ツール

一括節税計算機
※所得を入力して、税目別に税額を一括比較する
所 得万円 *必須
減少額万円 *任意  設定  消去
[対応税目]*法人税*所得税*消費税*相続税*贈与税*利子所得*配当所得*給与所得*退職所得*譲渡所得(土地)*譲渡所得(株式)*譲渡所得(総合)*一時所得*雑所得(年金)*雑所得(FX等)

*ご利用にあたっては利用規約を必ずご確認ください

このページを他の人に教える


ご意見ご要望をお聞かせ下さい

 過去のご意見ご要望については、ご意見ご要望&回答一覧で確認できます。

利用規約をお読み下さい

 本サイトのご利用にあたっては利用規約を必ずお読み下さい。

広告を募集しています

 本サイトでは掲載していただける広告を募集しております。詳しくは広告掲載をご覧ください。
新着情報 RSS
02/14 所得税の延納(利子税)で節税
02/22 役員報酬(事前確定届出給与)で節税
02/19 不動産(再建築費評点基準表)で節税
01/20 個人型401Kプラン(確定拠出年金)で節税
01/19 NISA(少額投資非課税制度)で節税
新着情報を見る
節税対策ブログ
02/22 所得税確定申告で誤りの多い事例とは
02/02 クレジットカードポイント等の税務処理
02/01 ふるさと納税特産品と株主優待の税務処理
01/18 節税と脱税と租税回避行為の境界
01/13 給与所得控除の段階的縮小
節税対策ブログを見る
アクセス数
今日:284
昨日:557
ページビュー
今日:585
昨日:1,231

ページの先頭へ移動