雑所得(公的年金)で節税
雑所得(公的年金)で節税する。非課税の公的年金や計算方法、源泉徴収、扶養親族等申告書、確定申告不要制度について。

No.1755 生命保険契約に係る満期保険金等を受け取ったとき |所得税

[ No.1755 生命保険契約に係る満期保険金等を受け取ったとき ]に関するタックスアンサー。

タックスアンサー(国税庁)

[平成27年4月1日現在法令等]

1 満期保険金等の課税

生命保険契約の満期や解約により保険金を受け取った場合には、保険料の負担者、保険金受取人がだれであるかにより、所得税、贈与税のいずれかの課税の対象になります。

満期保険金等の課税関係の表
保険料の負担者保険金受取人税金の種類
AA所得税
AB贈与税

なお、一時払養老保険等で保険期間等が5年以下のもの及び保険期間等が5年超で5年以内に解約されたものは、源泉分離課税が適用され、源泉徴収だけで課税関係が終了します(詳細は、コード1520を参照してください)。

2 所得税が課税される場合

所得税が課税されるのは、上記1の表のように、保険料の負担者と保険金受取人とが同一人の場合です。この場合の満期保険金等は、受取の方法により、一時所得又は雑所得として課税されます。

  1. (1) 満期保険金等を一時金で受領した場合
    満期保険金等を一時金で受領した場合には、一時所得になります。
    一時所得の金額は、その満期保険金等以外に他の一時所得がないとすれば、受け取った保険金の総額から既に払い込んだ保険料又は掛金の額を差し引き、更に一時所得の特別控除額50万円を差し引いた金額です。課税の対象になるのは、この金額を更に1/2にした金額です。
  2. (2) 満期保険金を年金で受領した場合
    満期保険金を年金で受領した場合には、公的年金等以外の雑所得になります。
    雑所得の金額は、その年中に受け取った年金の額から、その金額に対応する払込保険料又は掛金の額を差し引いた金額です。
    なお、年金を受け取る際には、原則として所得税が源泉徴収されます(詳細は、コード1610を参照してください)。

3 贈与税が課税される場合

贈与税が課税されるのは、上記1の表のように、保険料の負担者と保険金の受取人が異なる場合です。
また、満期保険金等を年金で受領する場合には、毎年支払を受ける年金(公的年金等以外の年金)に係る所得税については、年金支給初年は全額非課税、2年目以降は課税部分が階段状に増加していく方法により計算します(注1)。
なお、年金を受け取る際には、原則として所得税が源泉徴収されます(注2)(詳細は、コード1620及び1610を参照してください)。

  1. (注1) 実際に贈与税の納税額が生じなかった場合も、上記の方法で計算します。
  2. (注2) 平成25年1月1日以後に支払われる生命保険契約等に基づく年金のうち、その年金の支払を受ける人と保険契約者とが異なる契約等で一定のものに基づく年金については、源泉徴収されません。

(所法34、35、207〜209、所令185、186、相法5)

参考: 関連コード


  1. Q1 保険契約内容を転換した場合の課税
  2. Q2 保険契約内容を変更(減額)した場合の課税
  • ・ 国税に関するご相談は、国税局電話相談センター等で行っていますので、税についての相談窓口をご覧になって、電話相談をご利用ください。
  • ※ 下記の電話番号では、国税に関するご相談は受け付けておりません。

出典

国税庁ホームページ http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1755.htm

関連するタックスアンサー(所得税)

  1. No.2029 確定申告書の提出先(納税地)
  2. No.1260 政党等寄附金特別控除制度
  3. No.1240 外国税額控除
  4. No.1467 贈与により非居住者に資産が移転した場合の譲渡所得等の特例
  5. No.1237 離婚による財産分与で居住用家屋の共有持分を追加取得した場合の住宅借入金等特別控除について
  6. No.1464 譲渡した株式等の取得費
  7. No.1379 修繕費とならないものの判定
  8. No.2107 資本的支出を行った場合の減価償却
  9. No.1936 海外転勤中に株式を譲渡した場合
  10. No.1350 事業所得の課税のしくみ(事業所得)
  11. No.1199 基礎控除
  12. No.1937 居住者が海外で株式等を売却した場合の課税関係等
  13. No.2210 やさしい必要経費の知識
  14. No.1490 一時所得
  15. No.1110 災害や盗難などで資産に損害を受けたとき(雑損控除)
  16. No.1420 退職金を受け取ったとき(退職所得)
  17. No.2072 青色申告特別控除
  18. No.1478 国外転出をする場合の譲渡所得等の特例
  19. No.1233 住宅ローン等の借換えをしたとき
  20. No.2022 納税者が死亡したときの確定申告(準確定申告)

項目別にタックスアンサーを調べる

当コンテンツは、国税庁ホームページ利用規約に基づき、国税庁:タックスアンサーのデータを利用して作成されています。


戦略的に節税するための無料ツール

一括節税計算機
※所得を入力して、税目別に税額を一括比較する
所 得万円 *必須
減少額万円 *任意  設定  消去
[対応税目]*法人税*所得税*消費税*相続税*贈与税*利子所得*配当所得*給与所得*退職所得*譲渡所得(土地)*譲渡所得(株式)*譲渡所得(総合)*一時所得*雑所得(年金)*雑所得(FX等)

*ご利用にあたっては利用規約を必ずご確認ください

このページを他の人に教える


ご意見ご要望をお聞かせ下さい

 過去のご意見ご要望については、ご意見ご要望&回答一覧で確認できます。

利用規約をお読み下さい

 本サイトのご利用にあたっては利用規約を必ずお読み下さい。

広告を募集しています

 本サイトでは掲載していただける広告を募集しております。詳しくは広告掲載をご覧ください。

ページの先頭へ移動