非課税所得で節税
非課税所得を活用して節税する。給与所得・利子所得・配当所得・譲渡所得(株式等)・譲渡所得(総合課税)・雑所得(公的年金)・損害賠償金・他の法律の非..

No.3314 空家にしていたマイホームを売ったとき |譲渡所得

[No.3314 空家にしていたマイホームを売ったとき ]に関するタックスアンサー。

タックスアンサー(国税庁)

[平成27年4月1日現在法令等]

 マイホーム(居住用財産)を売ったときは、譲渡所得から最高3,000万円まで控除できる特例があります。
 これを、居住用財産を譲渡した場合の3,000万円の特別控除の特例といいます。
 現に自分の住んでいるマイホームを売ることが、この特例を受けるための要件の一つになっています。
 しかし、過去に住んでいたマイホームを売った場合であっても、次の二つのいずれにも当てはまるときはこの特例が受けられます。

  1. (1) 売った家屋は自分が所有者として住んでいたものであること。
  2. (2) 自分が住まなくなった日から3年を経過する年の12月31日までにその家屋を売ること。
     この期間を過ぎてから売った場合にはこの特例を受けることはできません。
    ※ この特例を受けるための他の要件や手続についてはコード3302で説明しています。

(措法35)

参考: 関連コード

出典

国税庁ホームページ http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/joto/3314.htm

関連するタックスアンサー(譲渡所得)

  1. No.3305 マイホームを売ったときの軽減税率の特例
  2. No.3377 「マイホームを買換えた場合の譲渡損失の損益通算及び繰越控除の特例」の対象となる住宅ローン
  3. No.3370 マイホームを買換えた場合に譲渡損失が生じたとき(マイホームを買換えた場合の譲渡損失の損益通算及び繰越控除の特例)
  4. No.3320 マイホームを取り壊した後に敷地を売ったとき
  5. No.3117 不動産を法人に現物出資したとき
  6. No.3264 借入金の利子が取得費になるとき
  7. No.3214 土地建物を売ったときの収入金額に含める金額
  8. No.3223 譲渡所得の特別控除の種類
  9. No.3308 共有のマイホームを売ったとき
  10. No.3417 売った金額以上の金額で事業用の資産を買い換えたとき
  11. No.3455 店舗併用住宅を買い換えたときの特例
  12. No.3111 土地を貸し付けて権利金などをもらったとき
  13. No.3358 売った金額より少ない金額でマイホームを買い換えたとき
  14. No.3514 資産の一部を交換とし、一部を売買としたとき
  15. No.3225 平成21年及び平成22年に取得した土地等を譲渡したときの1,000万円の特別控除
  16. No.3108 国や地方公共団体又は公益を目的とする事業を行う法人に財産を寄附したとき
  17. No.3392 「特定のマイホームの譲渡損失の損益通算及び繰越控除の特例」の対象となる「譲渡資産」及び「特定譲渡」とは
  18. No.3508 交換差金を受け取ったとき
  19. No.3555 収用等により取得する各種補償金の所得区分
  20. No.3452 店舗併用住宅を売ったときの特例

項目別にタックスアンサーを調べる

当コンテンツは、国税庁ホームページ利用規約に基づき、国税庁:タックスアンサーのデータを利用して作成されています。


戦略的に節税するための無料ツール

一括節税計算機
※所得を入力して、税目別に税額を一括比較する
所 得万円 *必須
減少額万円 *任意  設定  消去
[対応税目]*法人税*所得税*消費税*相続税*贈与税*利子所得*配当所得*給与所得*退職所得*譲渡所得(土地)*譲渡所得(株式)*譲渡所得(総合)*一時所得*雑所得(年金)*雑所得(FX等)

*ご利用にあたっては利用規約を必ずご確認ください

このページを他の人に教える


ご意見ご要望をお聞かせ下さい

 過去のご意見ご要望については、ご意見ご要望&回答一覧で確認できます。

利用規約をお読み下さい

 本サイトのご利用にあたっては利用規約を必ずお読み下さい。

広告を募集しています

 本サイトでは掲載していただける広告を募集しております。詳しくは広告掲載をご覧ください。

ページの先頭へ移動