役員報酬(事前確定届出給与)で節税
事前確定届出給与を役員賞与のように活用して節税する。事前確定届出給与の要件や注意点。

総額が確定した損害賠償金を分割して支払う場合の必要経費に算入すべき時期|所得税

[総額が確定した損害賠償金を分割して支払う場合の必要経費に算入すべき時期]に関する質疑応答事例。

質疑応答事例(国税庁)

【照会要旨】

 建築業者A(個人)は、本年元請会社から請け負った青果市場の改修工事中に過失(重過失はありません。)により火災を起こし、同市場に損害を与えたため、元請会社は同市場に対して1,500万円の損害賠償金を支払うこととなりました。
 Aは、元請会社にその損害賠償金の一部負担金として400万円を支払うこととなりましたが、その念書には「翌年4月以降4年間の分割払。ただし、1年を2期に分け9月末、3月末までに各50万円を支払う」旨の記載があります。
 この場合、Aの事業所得の金額の計算上、その損害賠償金を必要経費に算入すべき年分は、損害賠償金額の合意があった年分又は実際に支払われる各年分のいずれとすべきですか。

【回答要旨】

 実際に支払われる各年分の事業所得の必要経費に算入されます。

 業務の遂行に関連して他の者に与えた損害を賠償するための損害賠償金は、その債務が確定したときの必要経費に算入されることとなります。しかし、損害賠償金を年金で支払う場合には、その年金の額は、これを支払うべき日の属する年分の必要経費に算入することとしています(所得税基本通達37-2の2注書)。
 この取扱いは、損害賠償金を年金として支払うこととしている場合、年金は支払期日が到来してはじめて具体的に債務が確定すると解されることから、仮にその総額について当事者間で合意があったとしても、総額を一括して未払金に計上することは認められず、その年金の支払期日が到来する都度、その支払期日の到来した金額を必要経費に算入していくことを明らかにしたものです。
 税務上「年金」の定義は設けられていませんが、一般的には終身年金、扶養料及び地代等と同じ定期金債権の一種で毎年定期的に支給される金銭とされています。また、定期金債権は、ある期間定期的に金銭(又はその他の代替物)の給付を受けることを目的とする債権で、毎期の支分権ではなく基本債権を指しますが、支払総額が確定しているかどうかは問いません。
 このことからすると、「年金」とは、時の経過により支払義務が生じるもので、1年を超える期間にわたってあらかじめ定められた支払日に金銭が支払われるものと解することができます。
 そして、損害賠償金は法律上の損害補義務の履行であり、1年を超える期間にわたってあらかじめ定められた日に賠償金が支払われるものであるときは、年金として取り扱うべきであると考えられます。
 したがって、本件の損害賠償金は、各年の9月末及び3月末を支払日とする年金であることから、実際に50万円を支払うこととなった日の属する年分の事業所得の必要経費に算入することとなります。

【関係法令通達】

 所得税法第37条、所得税基本通達37-2の2

注記
 平成27年7月1日現在の法令・通達等に基づいて作成しています。
 この質疑事例は、照会に係る事実関係を前提とした一般的な回答であり、必ずしも事案の内容の全部を表現したものではありませんから、納税者の方々が行う具体的な取引等に適用する場合においては、この回答内容と異なる課税関係が生ずることがあることにご注意ください。

出典

国税庁ホームページ https://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/shitsugi/shotoku/04/05.htm

関連する質疑応答事例(所得税)

  1. 共働き夫婦の夫が妻の医療費を負担した場合
  2. 福利厚生団体の解散に伴う一時金
  3. 事業を廃業した場合の繰延消費税額等の処理
  4. 寄附手続中に死亡した場合
  5. 肉用牛の5%課税の適用を受ける場合の住宅借入金等特別控除
  6. 医師による治療のため直接必要な眼鏡の購入費用
  7. 非業務用資産を業務の用に供した場合
  8. 無痛分べん講座の受講費用
  9. 転勤命令後、家族が後から転居した場合の再適用の可否
  10. 旧定率法を旧定額法に変更した後に資本的支出をした場合
  11. 中小企業者が取得した医療機器への中小企業投資促進税制(租税特別措置法第10条の3)の適用について
  12. マッサージ代やはり代
  13. 空気清浄機の購入費用
  14. 店舗併用住宅を新築した場合
  15. 借地を無償で返還した場合
  16. 総額が確定した損害賠償金を分割して支払う場合の必要経費に算入すべき時期
  17. 終身積立保険移行特約により変額年金保険を終身積立保険に移行した場合
  18. 米ドル転換特約付定期預金の預入に際して受領するオプション料
  19. 確定給付企業年金の給付減額に伴い支給される一時金
  20. バリアフリー改修工事を行った翌年以後に適用対象者の要件を満たさなくなった場合

項目別に質疑応答事例を調べる

当コンテンツは、国税庁ホームページ利用規約に基づき、国税庁:質疑応答事例のデータを利用して作成されています。


戦略的に節税するための無料ツール

一括節税計算機
※所得を入力して、税目別に税額を一括比較する
所 得万円 *必須
減少額万円 *任意  設定  消去
[対応税目]*法人税*所得税*消費税*相続税*贈与税*利子所得*配当所得*給与所得*退職所得*譲渡所得(土地)*譲渡所得(株式)*譲渡所得(総合)*一時所得*雑所得(年金)*雑所得(FX等)

*ご利用にあたっては利用規約を必ずご確認ください

このページを他の人に教える


ご意見ご要望をお聞かせ下さい

 過去のご意見ご要望については、ご意見ご要望&回答一覧で確認できます。

利用規約をお読み下さい

 本サイトのご利用にあたっては利用規約を必ずお読み下さい。

広告を募集しています

 本サイトでは掲載していただける広告を募集しております。詳しくは広告掲載をご覧ください。
新着情報 RSS
01/29 生命保険で節税
02/08 所得税の延納(利子税)で節税
09/26 経営セーフティ共済で節税
02/22 役員報酬(事前確定届出給与)で節税
02/19 不動産(再建築費評点基準表)で節税
新着情報を見る
節税対策ブログ
02/13 所得税確定申告で誤りの多い12項目(2019年度版)
01/29 死亡退職金の受取人(役員退職慰労金規程と相続税)
02/22 所得税確定申告で誤りの多い事例とは
02/02 クレジットカードポイント等の税務処理
02/01 ふるさと納税特産品と株主優待の税務処理
節税対策ブログを見る
アクセス数
今日:292
昨日:677
ページビュー
今日:552
昨日:2,425

ページの先頭へ移動