贈与税で節税
贈与税で節税する。贈与税の基礎控除の110万円や310万円の活用や、贈与税がかからないケースについて。

借地権の譲渡所得の計算|譲渡所得

[借地権の譲渡所得の計算]に関する質疑応答事例。

質疑応答事例(国税庁)

【照会要旨】

 個人が20年前に権利金500万円を支払ってA法人から借地していましたが、建物(店舗)が老朽化しましたので1,500万円の更新料を支払って契約を更新しました。更新は、従来の木造建物からビルの所有を目的とする借地権に変るものであり、地代も2倍になっています。ところが、ビル建築の資金が調達できないため、この借地権をB法人に3,000万円で譲渡しました。
 この場合の借地権の譲渡所得の長期、短期の区分及び取得費の計算はどのようにするのでしょうか。(500万円+1,500万円=2,000万円が取得費となるのでしょうか。)

(注) この土地の更地価額は7,000万円で、借地権割合は80%です。

【回答要旨】

 その更新を契約の更改とみるか、単なる期間の更新とみるかの問題はありますが、期間更新であるとすれば、次のように考えられます。

 借地権はあくまでも従前から保有している資産ですから、譲渡代価の3,000万円は、全部が長期譲渡所得の収入金額と認められます。

 取得費については、500万円から所得税法施行令第182条の規定により必要経費に算入される減価相当額を控除した部分の金額と1,500万円との合計額によります。

【関係法令通達】

 所得税法第38条
 所得税法施行令第182条

注記
 平成27年7月1日現在の法令・通達等に基づいて作成しています。
 この質疑事例は、照会に係る事実関係を前提とした一般的な回答であり、必ずしも事案の内容の全部を表現したものではありませんから、納税者の方々が行う具体的な取引等に適用する場合においては、この回答内容と異なる課税関係が生ずることがあることにご注意ください。

出典

国税庁ホームページ https://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/shitsugi/joto/05/12.htm

関連する質疑応答事例(譲渡所得)

  1. 権利変換を希望しない旨の申出をしないで取得した補償金
  2. 投資一任口座(ラップ口座)における株取引の所得区分
  3. 租税特別措置法第37条の適用を受けたが、買換資産を取得しなかった場合の租税特別措置法第34条の適用について
  4. 区画形質の変更を加えた土地に借地権を設定した場合の所得区分
  5. 分譲地の道路用地の取得費等
  6. 優良建築物を2以上の者で共同建築する場合等(10号)
  7. 手形裏書人が割り引いた手形債務を支払うために譲渡した場合
  8. 資産の譲渡に関連して追加的に受ける一時金
  9. 店舗併用住宅を譲渡して保証債務を履行した場合の譲渡所得の金額の計算
  10. 土地に係る収益補償金を建物の対価補償金へ振替えることの可否
  11. 減価補償金を交付すべきこととなる土地区画整理事業における建物の補償金
  12. 新聞販売権の譲渡
  13. 一団の土地を2分して交換した場合
  14. 特別土地保有税と取得費
  15. 所得税法第58条と租税特別措置法第33条の4との適用関係
  16. 補償金の支払請求をした日の判定(6か月の判定)
  17. 居住用財産の特別控除の特例の適用の撤回の可否
  18. 底地部分と借地権部分の分割申告を認めることの可否
  19. 土地を取得した者以外の者が優良住宅等を建築した場合(15号)
  20. 第二種市街地再開発事業のために譲渡した資産

項目別に質疑応答事例を調べる

当コンテンツは、国税庁ホームページ利用規約に基づき、国税庁:質疑応答事例のデータを利用して作成されています。


戦略的に節税するための無料ツール

一括節税計算機
※所得を入力して、税目別に税額を一括比較する
所 得万円 *必須
減少額万円 *任意  設定  消去
[対応税目]*法人税*所得税*消費税*相続税*贈与税*利子所得*配当所得*給与所得*退職所得*譲渡所得(土地)*譲渡所得(株式)*譲渡所得(総合)*一時所得*雑所得(年金)*雑所得(FX等)

*ご利用にあたっては利用規約を必ずご確認ください

このページを他の人に教える


ご意見ご要望をお聞かせ下さい

 過去のご意見ご要望については、ご意見ご要望&回答一覧で確認できます。

利用規約をお読み下さい

 本サイトのご利用にあたっては利用規約を必ずお読み下さい。

広告を募集しています

 本サイトでは掲載していただける広告を募集しております。詳しくは広告掲載をご覧ください。

ページの先頭へ移動