青色申告(所得税:帳簿書類)で節税
青色申告(所得税:帳簿書類)で節税する。正規の簿記、簡易簿記、現金式簡易簿記の3つの方法のメリットやデメリットについて。

同一年中に一の勤務先から、使用人としての退職金と役員退職金の双方の支給があった場合の記載方法|法定調書

[同一年中に一の勤務先から、使用人としての退職金と役員退職金の双方の支給があった場合の記載方法]に関する質疑応答事例。

質疑応答事例(国税庁)

【照会要旨】

 B社は、平成25年に以下のとおり、役員Aに対し、使用人としての退職金と役員退職金を支給しました。
 Aには、使用人として勤続した期間と役員として勤続した期間に重複する期間がありますが、この場合、「退職所得の源泉徴収票・特別徴収票」には、どのように記載することとなりますか。

【回答要旨】

 下記の「退職所得の源泉徴収票・特別徴収票」のとおりとなります。

 照会の場合、Aが役員として勤務した期間は平21.4.1から平25.3.31までの4年間であるため、役員等勤続年数は5年以下となります。したがって、この期間に対応する役員退職金(1,000万円)は特定役員退職手当等(※)に該当します。

※ 特定役員退職手当等とは、役員等勤続年数が5年以下である人が、その役員等勤続年数に対応する退職手当等として支払を受けるものをいいます。

 Aは、平21.4.1に使用人兼務役員に就任しましたが、平23.3.31に使用人としての地位を喪失し、平23.4.1から専任の役員となっていますので、特定役員等勤続期間(※)(平21.4.1〜平25.3.31)と一般勤続期間(平元.4.1〜平23.3.31)とが重複している期間は、使用人兼務役員期間であった平21.4.1から平23.3.31までの期間となり、重複勤続年数は2年となります。

※ 特定役員等勤続期間とは、特定役員退職手当等につき所得税法施行令第69条第1項第1号及び第3号の規定により計算した期間をいいます。

 また、使用人としての退職金(2,500万円)は特定役員退職手当等には該当しませんので一般退職手当等に該当します。

(退職所得控除額等の金額の計算)

  • 退職手当等 3,500万円(一般退職手当等 2,500万円、特定役員退職手当等1,000万円
  • 勤続年数 24年(内特定役員等勤続年数 4年重複勤続年数 2年
  • 退職所得控除額 1,080万円(一般退職所得控除額 960万円、特定役員退職所得控除額 120万円)
  • 源泉徴収税額 3,991,089円
  • 特別徴収税額 (市町村民税990,000円、道府県民税660,000円)

○ 「退職所得の源泉徴収票・特別徴収票」の作成における留意点

・ 上記太字部分の特定役員退職手当等の支払金額、特定役員等勤続年数及びその計算の基礎、重複勤続年数を「摘要欄」に記入します。

※ 「特定役員退職手当等がある方の『退職所得の源泉徴収票・特別徴収票』について(平成25年1月)」(PDF/560KB)についても併せてご覧ください。

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobeのダウンロードサイトからダウンロードしてください。

【関係法令通達】

 所得税法第30条、第201条、所得税法施行令第69条、第69条の2、第71条の2、所得税法施行規則第94条、別表第六(二)

注記
 平成27年7月1日現在の法令・通達等に基づいて作成しています。
 この質疑事例は、照会に係る事実関係を前提とした一般的な回答であり、必ずしも事案の内容の全部を表現したものではありませんから、納税者の方々が行う具体的な取引等に適用する場合においては、この回答内容と異なる課税関係が生ずることがあることにご注意ください。

出典

国税庁ホームページ https://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/shitsugi/hotei/8/03.htm

関連する質疑応答事例(法定調書)

  1. 建物の賃借に伴って支払われる保証金
  2. 居住者が年の中途で出国した場合の「給与所得の源泉徴収票」の「住所又は居所」欄の記載方法
  3. 中途就職者の提出範囲
  4. 主たる給与の支払者が交代した場合の記載方法
  5. 法人に対して支払った報酬等
  6. 年の中途で法人成りをした場合の法定調書の提出
  7. 司法書士に支払った登録免許税等
  8. 年末調整後に他の支店に転勤することになった従業員の場合
  9. 死亡による退職の場合
  10. 死亡退職した場合の「退職手当金等受給者別支払調書」の記載方法と提出省略範囲
  11. 生命保険契約等の一時金の支払調書の提出省略範囲
  12. 前の給与の支払者が支払った給与等の金額が分からないときの提出範囲
  13. 死亡により退職した者の給与に係る源泉徴収票の交付
  14. 厚生年金基金が支給する死亡一時金に係る「退職手当金等受給者別支払調書」の提出義務
  15. 弔慰金名目での支給がある場合の「退職手当金等受給者別支払調書」の提出義務
  16. 「給与所得の源泉徴収票」の「住所又は居所」欄の記載方法
  17. 提出した法定調書に記載誤りを発見した場合の訂正方法
  18. 弁護士に支払う旅費相当額
  19. 法人に支払う賃借料
  20. 「株式等の譲渡の対価等の支払調書」の提出省略範囲(特例方式の場合)

項目別に質疑応答事例を調べる

当コンテンツは、国税庁ホームページ利用規約に基づき、国税庁:質疑応答事例のデータを利用して作成されています。


戦略的に節税するための無料ツール

一括節税計算機
※所得を入力して、税目別に税額を一括比較する
所 得万円 *必須
減少額万円 *任意  設定  消去
[対応税目]*法人税*所得税*消費税*相続税*贈与税*利子所得*配当所得*給与所得*退職所得*譲渡所得(土地)*譲渡所得(株式)*譲渡所得(総合)*一時所得*雑所得(年金)*雑所得(FX等)

*ご利用にあたっては利用規約を必ずご確認ください

このページを他の人に教える


ご意見ご要望をお聞かせ下さい

 過去のご意見ご要望については、ご意見ご要望&回答一覧で確認できます。

利用規約をお読み下さい

 本サイトのご利用にあたっては利用規約を必ずお読み下さい。

広告を募集しています

 本サイトでは掲載していただける広告を募集しております。詳しくは広告掲載をご覧ください。
新着情報 RSS
01/29 生命保険で節税
02/08 所得税の延納(利子税)で節税
09/26 経営セーフティ共済で節税
02/22 役員報酬(事前確定届出給与)で節税
02/19 不動産(再建築費評点基準表)で節税
新着情報を見る
節税対策ブログ
02/13 所得税確定申告で誤りの多い12項目(2019年度版)
01/29 死亡退職金の受取人(役員退職慰労金規程と相続税)
02/22 所得税確定申告で誤りの多い事例とは
02/02 クレジットカードポイント等の税務処理
02/01 ふるさと納税特産品と株主優待の税務処理
節税対策ブログを見る
アクセス数
今日:505
昨日:439
ページビュー
今日:2,933
昨日:4,601

ページの先頭へ移動