贈与税で節税
贈与税で節税する。贈与税の基礎控除の110万円や310万円の活用や、贈与税がかからないケースについて。

No.4211 相続税の延納|相続税

[No.4211 相続税の延納]に関するタックスアンサー。

タックスアンサー(国税庁)

[平成27年4月1日現在法令等]

1 制度の概要

 国税は、金銭で一時に納付することが原則です。しかし、相続税額が10万円を超え、金銭で納付することを困難とする事由がある場合には、納税者の申請により、その納付を困難とする金額を限度として、担保を提供することにより、年賦で納付することができます。
 これを延納といいますが、この延納期間中は利子税の納付が必要となります。

2 延納の要件

 次に掲げる全ての要件を満たす場合に、延納申請をすることができます。

(1) 相続税が10万円を超えること。

(2) 金銭で納付することを困難とする事由があり、かつ、その納付を困難とする金額の範囲内であること。

(3) 延納税額及び利子税の額に相当する担保を提供すること。
 ただし、延納税額が100万円以下で、かつ、延納期間が3年以下である場合には担保を提供する必要はありません。

(4) 延納申請に係る相続税の納期限又は納付すべき日(延納申請期限)までに、延納申請書に担保提供関係書類を添付して税務署長に提出すること。

3 担保の種類

 延納の担保として提供できる財産の種類は、次に掲げるものに限られます。
 なお、相続又は遺贈により取得した財産に限らず、相続人の固有の財産や共同相続人又は第三者が所有している財産であっても担保として提供することができます。

(1) 国債及び地方債

(2) 社債その他の有価証券で税務署長が確実と認めるもの

(3) 土地

(4) 建物、立木、登記される船舶などで、保険に附したもの

(5) 鉄道財団、工場財団など

(6) 税務署長が確実と認める保証人の保証

※ 税務署長が延納の許可をする場合において、延納申請者の提供する担保が適当でないと認めるときには、その変更を求めることとなります。

4 担保提供関係書類の提出期限

 納期限又は納付すべき日(延納申請期限)までに延納申請書に担保提供関係書類を添付して提出する必要があります。ただし、延納申請期限までに担保提供関係書類を提供することができない場合は、担保提供関係書類提出期限延長届出書を提出することにより、1回につき3か月を限度として、最長6か月まで担保提供関係書類の提出期限を延長することができます。

5 延納の許可までの審査期間

 延納申請書が提出された場合、税務署長は、その延納申請に係る要件の調査結果に基づいて、延納申請期限から3か月以内に許可又は却下を行います。
 なお、延納担保などの状況によっては、許可又は却下までの期間を最長で6か月まで延長する場合があります。

6 延納期間及び延納利子税

 延納のできる期間と延納税額に係る利子税の割合については、その人の相続税額の計算の基礎となった財産の価額の合計額のうちに占める不動産等の価額の割合によって、おおむね次の表のようになります。
 なお、各年の延納特例基準割合(※)が7.3%に満たない場合の利子税の割合は、次の算式により計算される割合(特例割合)が適用されます。

(算式)
 延納利子税割合(年割合)×延納特例基準割合(※)÷7.3% (注)0.1%未満の端数は切り捨て

※ 延納特例基準割合
 各分納期間の開始の日の属する年の前々年の10月から前年の9月までの各月における銀行の新規の短期貸出約定平均金利の合計を12で除して得た割合として各年の前年の12月15日までに財務大臣が告示する割合に、年1%の割合を加算した割合

相続税の延納期間及び延納に係る利子

 ※この表の「特例割合」は、平成27年1月1日現在の「延納特例基準割合」1.8%で計算しています。
  したがって、「延納特例基準割合」の変更があった場合には、次の表の「特例割合」も変動しますので、延納申請に際し所轄税務署で確認願います。

区分延納期間
(最高)
延納利子税割合
(年割合)
特例割合※
(年割合)
不動産等の割合が75%以上の場合動産等に係る延納相続税額10年5.4%1.3%
不動産等に係る延納相続税額(を除く)20年3.6%0.8%
計画伐採立木の割合が20%以上の計画伐採立木に係る延納相続税額20年1.2%0.2%
不動産等の割合が50%以上75%未満の場合動産等に係る延納相続税額10年5.4%1.3%
不動産等に係る延納相続税額(を除く)15年3.6%0.8%
計画伐採立木の割合が20%以上の計画伐採立木に係る延納相続税額20年1.2%0.2%
不動産等の割合が50%未満の場合一般の延納相続税額(、及びを除く)5年6.0%1.4%
立木の割合が30%を超える場合の立木に係る延納相続税額(を除く)5年4.8%1.1%
特別緑地保全地区内の土地に係る延納相続税額5年4.2%1.0%
計画伐採立木の割合が20%以上の計画伐採立木に係る延納相続税額5年1.2%0.2%

詳しくは、「相続税・贈与税の延納の手引」をご覧ください。(延納・物納申請等の手続)

7 特定物納制度(延納から物納への変更)

 延納の許可を受けた相続税額について、その後に延納条件を履行することが困難となった場合には、申告期限から10年以内に限り、分納期限が未到来の税額部分について、延納から物納への変更を行うことができます。
 特定物納申請をした場合には、物納財産を納付するまでの期間に応じ、当初の延納条件による利子税を納付することとなります。
なお、特定物納に係る財産の収納価額は、特定物納申請書を提出した時の価額となります。

※ 上記については、平成18年4月1日以後の相続開始により財産を取得した場合に適用されます。
 なお、平成18年3月31日以前の相続開始により財産を取得した場合には、改正前の相続税法が適用され、上記の担保提供関係書類の提出期限、延納の許可までの審査期間及び特定物納制度の適用はありません。

 延納・物納申請等の手続については、延納・物納申請等の手続をご覧ください。

(相法38、39、48の2、52、相令12〜15、通法50、措法70の10、70の11、93、措令40の11)

  •  国税に関するご相談は、国税局電話相談センター等で行っていますので、税についての相談窓口をご覧になって、電話相談をご利用ください。
    ※ 下記の電話番号では、国税に関するご相談は受け付けておりません。

出典

国税庁ホームページ http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/sozoku/4211.htm

関連するタックスアンサー(相続税)

  1. No.4205 相続税の申告と納税
  2. No.4114 相続税の課税対象になる死亡保険金
  3. No.4126 相続財産から控除できる債務
  4. No.4602 土地家屋の評価
  5. No.4302 贈与者が年の中途に死亡した場合の相続時精算課税の選択
  6. No.4506 住宅取得等資金とそれ以外の財産を同一年中に贈与されたとき(相続時精算課税)
  7. No.4155 相続税の税率
  8. No.4123 相続税等の課税対象になる年金受給権
  9. No.4214 相続税の物納
  10. No.4141 相続財産を公益法人などに寄附したとき
  11. No.4117 相続税の課税対象になる死亡退職金
  12. No.4409 贈与税の計算(相続時精算課税の選択をした場合)
  13. No.4504 住宅取得等資金の贈与を受けた場合の贈与税の計算(相続時精算課税の選択をした場合)
  14. No.4208 相続財産が分割されていないときの申告
  15. No.4173 代償分割が行われた場合の相続税の課税価格の計算
  16. No.4508 直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の非課税
  17. No.4176 遺言書の内容と異なる遺産分割をした場合の相続税と贈与税
  18. No.4103 相続時精算課税の選択
  19. No.4507 住宅取得等資金で取得した家屋に居住できないとき(相続時精算課税)
  20. No.4305 相続時精算課税を選択する贈与税の申告書に添付する書類(贈与を受けた年に受贈者が死亡した場合)

項目別にタックスアンサーを調べる

当コンテンツは、国税庁ホームページ利用規約に基づき、国税庁:タックスアンサーのデータを利用して作成されています。


戦略的に節税するための無料ツール

一括節税計算機
※所得を入力して、税目別に税額を一括比較する
所 得万円 *必須
減少額万円 *任意  設定  消去
[対応税目]*法人税*所得税*消費税*相続税*贈与税*利子所得*配当所得*給与所得*退職所得*譲渡所得(土地)*譲渡所得(株式)*譲渡所得(総合)*一時所得*雑所得(年金)*雑所得(FX等)

*ご利用にあたっては利用規約を必ずご確認ください

このページを他の人に教える


ご意見ご要望をお聞かせ下さい

 過去のご意見ご要望については、ご意見ご要望&回答一覧で確認できます。

利用規約をお読み下さい

 本サイトのご利用にあたっては利用規約を必ずお読み下さい。

広告を募集しています

 本サイトでは掲載していただける広告を募集しております。詳しくは広告掲載をご覧ください。
新着情報 RSS
02/08 所得税の延納(利子税)で節税
09/26 経営セーフティ共済で節税
02/22 役員報酬(事前確定届出給与)で節税
02/19 不動産(再建築費評点基準表)で節税
01/20 個人型401Kプラン(確定拠出年金)で節税
新着情報を見る
節税対策ブログ
02/22 所得税確定申告で誤りの多い事例とは
02/02 クレジットカードポイント等の税務処理
02/01 ふるさと納税特産品と株主優待の税務処理
01/18 節税と脱税と租税回避行為の境界
01/13 給与所得控除の段階的縮小
節税対策ブログを見る
アクセス数
今日:175
昨日:1,024
ページビュー
今日:339
昨日:1,943

ページの先頭へ移動