役員弔慰金で節税
役員死亡時には役員弔慰金で節税する。役員弔慰金で節税するには、役員退職慰労金規程の作成と適切な運用をお勧めします。

No.4504 住宅取得等資金の贈与を受けた場合の贈与税の計算(相続時精算課税の選択をした場合)|相続税

[No.4504 住宅取得等資金の贈与を受けた場合の贈与税の計算(相続時精算課税の選択をした場合)]に関するタックスアンサー。

タックスアンサー(国税庁)

[平成27年4月1日現在法令等]

住宅取得等資金の贈与を受けて相続時精算課税を選択した場合の贈与税の計算を具体例で説明しますと次のようになります。

平成27年に父(59歳)から4,000万円、母(58歳)から1,000万円の住宅取得等資金の贈与を受け、良質な住宅用家屋以外の住宅を取得し、いずれの贈与についても相続時精算課税を選択した場合

(注) 「良質な住宅用家屋」については、直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の非課税 の「5非課税限度額」の(注2)を参照してください。

相続時精算課税の特別控除額は、選択した贈与者ごとにそれぞれ適用されます。
平成27年中に住宅用家屋の取得等に係る契約を締結している場合の住宅取得等資金の贈与(合計所得金額が2,000万円以下である者が受ける贈与に限ります。)については1,000万円まで非課税とする特例があることから、父からの贈与についてこの特例を初めて適用するものとします。

(1) 父からの贈与(住宅取得等資金の特例及び相続時精算課税の特例を受ける場合)
(課税される金額の計算)
4,000万円−〔1,000万円〕(非課税金額)−〔2,500万円〕(相続時精算課税の特別控除額)=500万円

(贈与税額の計算)
500万円×20%(相続時精算課税に係る贈与税率)=100万円(贈与税額)

4,000万円
1,000万円2,500万円500万円
(非課税部分)(贈与税の申告時に課税されない部分)(課税部分)
住宅取得等資金非課税限度額相続時精算課税特別控除額贈与税の税額の計算対象

(注) 相続時精算課税を選択した場合は、暦年課税の基礎控除(110万円)は適用できません。

(2) 母からの贈与(相続時精算課税の特例のみを受ける場合)

(課税される金額の計算)
1,000万円−1,000万円(相続時精算課税の特別控除額)=0円

1,000万円翌年以降に繰り越される特別控除額
1,500万円
(2,500万円−1,000万円)
相続時精算課税の特別控除額
2,500万円

(注) 住宅取得等資金の非課税制度は受贈者1人について1,000万円が限度となっているため、父からの贈与について非課税制度を適用して1,000万円を非課税とした場合には、母からの贈与については非課税制度の適用を受けることはできません。なお、例えば、住宅取得等資金の非課税限度額の1,000万円を分けて適用することは可能です。(父からの贈与の一部(例えば500万円)と母からの贈与の一部(500万円)として、残りをそれぞれの贈与について、相続時精算課税の特例を受けることも可能です。)

(相法21の10〜13、措法70の2、70の3)

参考: 関連コード

出典

国税庁ホームページ http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/sozoku/4504.htm

関連するタックスアンサー(相続税)

  1. No.4150 医療法人の持分についての相続税の納税猶予の特例
  2. No.4503 相続時精算課税選択の特例
  3. No.4149 山林を相続した場合の納税猶予
  4. No.4148 非上場株式等についての相続税の納税猶予
  5. No.4126 相続財産から控除できる債務
  6. No.4147 農業相続人が農地等を相続した場合の納税猶予の特例
  7. No.4168 相次相続控除
  8. No.4507 住宅取得等資金で取得した家屋に居住できないとき(相続時精算課税)
  9. No.4161 贈与財産の加算と税額控除(暦年課税)
  10. No.4158 配偶者の税額の軽減
  11. No.4211 相続税の延納
  12. No.4602 土地家屋の評価
  13. No.4301 相続時精算課税の選択と相続税の申告義務
  14. No.4170 相続人の中に養子がいるとき
  15. No.4124 相続した事業の用や居住の用の宅地等の価額の特例(小規模宅地等の特例)
  16. No.4111 交通事故の損害賠償金
  17. No.4173 代償分割が行われた場合の相続税の課税価格の計算
  18. No.4129 相続財産から控除できる葬式費用
  19. No.4307 贈与者が贈与をした年に死亡した場合の贈与税及び相続税の取扱い
  20. No.4164 未成年者の税額控除

項目別にタックスアンサーを調べる

当コンテンツは、国税庁ホームページ利用規約に基づき、国税庁:タックスアンサーのデータを利用して作成されています。


戦略的に節税するための無料ツール

一括節税計算機
※所得を入力して、税目別に税額を一括比較する
所 得万円 *必須
減少額万円 *任意  設定  消去
[対応税目]*法人税*所得税*消費税*相続税*贈与税*利子所得*配当所得*給与所得*退職所得*譲渡所得(土地)*譲渡所得(株式)*譲渡所得(総合)*一時所得*雑所得(年金)*雑所得(FX等)

*ご利用にあたっては利用規約を必ずご確認ください

このページを他の人に教える


ご意見ご要望をお聞かせ下さい

 過去のご意見ご要望については、ご意見ご要望&回答一覧で確認できます。

利用規約をお読み下さい

 本サイトのご利用にあたっては利用規約を必ずお読み下さい。

広告を募集しています

 本サイトでは掲載していただける広告を募集しております。詳しくは広告掲載をご覧ください。
新着情報 RSS
01/29 生命保険で節税
02/08 所得税の延納(利子税)で節税
09/26 経営セーフティ共済で節税
02/22 役員報酬(事前確定届出給与)で節税
02/19 不動産(再建築費評点基準表)で節税
新着情報を見る
節税対策ブログ
02/13 所得税確定申告で誤りの多い12項目(2019年度版)
01/29 死亡退職金の受取人(役員退職慰労金規程と相続税)
02/22 所得税確定申告で誤りの多い事例とは
02/02 クレジットカードポイント等の税務処理
02/01 ふるさと納税特産品と株主優待の税務処理
節税対策ブログを見る
アクセス数
今日:176
昨日:423
ページビュー
今日:786
昨日:3,094

ページの先頭へ移動