法人の特別償却や税額控除(投資促進)で節税
法人の特別償却や税額控除(投資促進)で節税する。中小企業投資促進税制や環境関連投資促進税制、生産性向上設備投資促進税制に関する特別償却や税額..

No.4126 相続財産から控除できる債務|相続税

[ No.4126 相続財産から控除できる債務]に関するタックスアンサー。

タックスアンサー(国税庁)

[平成27年4月1日現在法令等]

 相続税を計算するときは、被相続人が残した借入金などの債務を遺産総額(相続時精算課税の適用を受ける贈与財産がある場合には、その価額を加算します。)から差し引くことができます。

1 遺産総額から差し引くことができる債務

  1. (1) 債務
     差し引くことができる債務は、被相続人が死亡したときにあった債務で確実と認められるものです。
     なお、被相続人に課される税金で被相続人の死亡後相続人などが納付又は徴収されることになった所得税などの税金については被相続人が死亡したときに確定していないもの(相続時精算課税適用者の死亡によりその相続人が承継した相続税の納税に係る義務を除きます。)であっても、債務として遺産総額から差し引くことができます。
     ただし、相続人などの責任に基づいて納付したり、徴収されることになった延滞税や加算税などは遺産総額から差し引くことはできません。
  2. (2) 葬式費用
     葬式費用は債務ではありませんが、相続税を計算するときは遺産総額から差し引くことができます。

2 遺産総額から差し引くことができない債務

 被相続人が生前に購入したお墓の未払代金など非課税財産に関する債務は、遺産総額から差し引くことはできません。

3 債務や葬式費用を遺産総額から差し引くことができる人

 債務などを差し引くことのできる人は、その債務などを負担することになる相続人や包括受遺者(相続時精算課税の適用を受ける贈与により財産をもらった人を含みます。)です。

(注)包括受遺者とは、遺言により遺産の全部又は何分のいくつというように遺産の全体に対する割合で財産を与えられた人のことをいいます。

 なお、相続人や包括受遺者であっても、相続又は遺贈により財産を取得したときに日本国内に住所がない人で次のいずれにも該当しない人は、遺産総額から控除できる債務の範囲が限られ、葬式費用も控除することはできません。

  1. (1) 相続や遺贈によって財産をもらったときに日本国籍を有し、被相続人又は財産をもらった人が被相続人の死亡前5年以内に日本国内に住所を有したことがある
     なお、平成27年7月1日以降に「国外転出時課税の納税猶予の特例(※)」の適用を受けていたときは、被相続人が死亡前5年を超えて日本国内に住所を有したことがなかったとしても、これに含まれる場合があります。
  2. ※ 国外転出時課税の納税猶予の特例のあらましについては、こちらをご覧ください。
  3. (2) 相続や遺贈によって財産をもらったときに日本国籍を有しないが、被相続人が日本国内に住所を有していること

(相法1の3、13、14、21の15、21の16、平27改正法附則34、相令3、5の4、相基通13-6、13-9、14-5)

参考: 関連コード


Q 保証債務の債務控除

  •  国税に関するご相談は、国税局電話相談センター等で行っていますので、税についての相談窓口をご覧になって、電話相談をご利用ください。
    ※ 下記の電話番号では、国税に関するご相談は受け付けておりません。

出典

国税庁ホームページ http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/sozoku/4126.htm

関連するタックスアンサー(相続税)

  1. No.4507 住宅取得等資金で取得した家屋に居住できないとき(相続時精算課税)
  2. No.4120 弔慰金を受け取ったときの取扱い
  3. No.4211 相続税の延納
  4. No.4138 相続人が外国に居住しているとき
  5. No.4129 相続財産から控除できる葬式費用
  6. No.4132 相続人の範囲と法定相続分
  7. No.4150 医療法人の持分についての相続税の納税猶予の特例
  8. No.4149 山林を相続した場合の納税猶予
  9. No.4148 非上場株式等についての相続税の納税猶予
  10. No.4504 住宅取得等資金の贈与を受けた場合の贈与税の計算(相続時精算課税の選択をした場合)
  11. No.4205 相続税の申告と納税
  12. No.4208 相続財産が分割されていないときの申告
  13. No.4123 相続税等の課税対象になる年金受給権
  14. No.4170 相続人の中に養子がいるとき
  15. No.4173 代償分割が行われた場合の相続税の課税価格の計算
  16. No.4202 相続税の申告のために必要な準備
  17. No.4114 相続税の課税対象になる死亡保険金
  18. No.4105 相続税がかかる財産
  19. No.4301 相続時精算課税の選択と相続税の申告義務
  20. No.4214 相続税の物納

項目別にタックスアンサーを調べる

当コンテンツは、国税庁ホームページ利用規約に基づき、国税庁:タックスアンサーのデータを利用して作成されています。


戦略的に節税するための無料ツール

一括節税計算機
※所得を入力して、税目別に税額を一括比較する
所 得万円 *必須
減少額万円 *任意  設定  消去
[対応税目]*法人税*所得税*消費税*相続税*贈与税*利子所得*配当所得*給与所得*退職所得*譲渡所得(土地)*譲渡所得(株式)*譲渡所得(総合)*一時所得*雑所得(年金)*雑所得(FX等)

*ご利用にあたっては利用規約を必ずご確認ください

このページを他の人に教える


ご意見ご要望をお聞かせ下さい

 過去のご意見ご要望については、ご意見ご要望&回答一覧で確認できます。

利用規約をお読み下さい

 本サイトのご利用にあたっては利用規約を必ずお読み下さい。

広告を募集しています

 本サイトでは掲載していただける広告を募集しております。詳しくは広告掲載をご覧ください。
新着情報 RSS
01/29 生命保険で節税
02/08 所得税の延納(利子税)で節税
09/26 経営セーフティ共済で節税
02/22 役員報酬(事前確定届出給与)で節税
02/19 不動産(再建築費評点基準表)で節税
新着情報を見る
節税対策ブログ
02/13 所得税確定申告で誤りの多い12項目(2019年度版)
01/29 死亡退職金の受取人(役員退職慰労金規程と相続税)
02/22 所得税確定申告で誤りの多い事例とは
02/02 クレジットカードポイント等の税務処理
02/01 ふるさと納税特産品と株主優待の税務処理
節税対策ブログを見る
アクセス数
今日:389
昨日:470
ページビュー
今日:2,481
昨日:3,112

ページの先頭へ移動