従業員寮で節税
従業員用に寮(社宅)を借り上げて節税する。賃貸料相当額の計算式や固定資産税の課税標準を調べる方法、福利厚生規程に記載するサンプルなど。

No.1510 割引債と税金 |所得税

[ No.1510 割引債と税金 ]に関するタックスアンサー。

タックスアンサー(国税庁)

[平成27年4月1日現在法令等]

特定の割引債の償還差益については、割引債を発行するときに原則として18.378%の税率による源泉分離課税が適用され、源泉徴収だけで課税関係が終了します。
この源泉分離課税は、特定の割引債を買う人のすべてが対象になりますので、特別な手続は必要ありません。

なお、この源泉分離課税の取り扱いについては、平成27年12月31日以前に発行された割引債についての特例であり、下記3のとおり、平成28年分からは申告分離課税の対象とされます。

(注) 平成25年1月1日から平成49年12月31日までの間に生ずる所得については、所得税とともに復興特別所得税が源泉徴収されます。

1 源泉分離課税の対象となる特定割引債の範囲

対象になる割引債とは、割引の方法により発行される公社債で次の(1)〜(3)に該当するものです。

  1. (1) 国債及び地方債
  2. (2) 内国法人が発行する社債(会社以外の内国法人が特別の法律により発行する債権を含みます。)
  3. (3) 外国法人が発行する債券(国外において発行する割引債にあっては、平成20年5月1日以後発行されるもので、その債券の社債発行差金のうち国内において行う事業に帰せられるものがある場合に限ります。)

    (注)次のものは上記(1)〜(3)から除かれます。

    1. (1)外貨公債の発行に関する法律第1条第1項に規定する外貨債
    2. (2)特別の法令により設立された法人がこれらの法令の規定により発行する債券のうち、独立行政法人住宅金融支援機構、沖縄振興開発金融公庫及び独立行政法人都市再生機構の発行する債券

2 源泉分離課税による税率が16.336%となる割引債

次の二つの割引債の償還差益については、割引債を発行するときの源泉分離課税による税率が16.336%となっています。

(注) 平成25年1月1日から平成49年12月31日までの間に生ずる所得については、所得税とともに復興特別所得税が源泉徴収されます。

  1. (1) 東京湾横断道路株式会社が、法令の規定によって発行する社債
  2. (2) 民間都市開発推進機構が法令の規定によって発行する債券

なお、上記の源泉分離課税の対象となる特定の割引債に該当しない宅地債券や特別住宅債券などの割引債の償還差益は、雑所得として総合課税の対象となりますので注意してください。

3 平成28年1月1日以後に発行される割引債の償還金の課税方式等

平成25年度税制改正により、平成28年分から割引債を含む公社債の譲渡所得等を課税対象とすることに併せて、平成28年1月1日以後に発行される割引債の償還差益については、発行時の源泉徴収(税率18.378%又は16.336%)を適用しないこととされ(一定の割引債を除く。)、償還時に、税率15.315%(他に地方税5%)の源泉徴収の上、公社債の譲渡所得等に係る収入金額とみなして、税率15%(他に地方税5%)の申告分離課税の対象とされます。

ただし、平成27年12月31日以前に発行された割引債で、その償還差益が発行時の源泉徴収(税率18.378%又は16.336%)の対象とされたものについては、償還差益に係る源泉分離課税を維持することとされ、譲渡による所得は非課税とすることとされました。

また、同族会社が発行した社債の償還金で、その同族会社の判定の基礎となった株主等が支払いを受けるものは、申告分離課税の対象にはならず、雑所得として総合課税の対象となります。

(注) 平成25年から平成49年までは、復興特別所得税として各年分の基準所得税額の2.1%を所得税と併せて申告・納付することになります。

(所基通35-1、措法37の10、37の11、37の15、41の12、41の12の2、措令26の9の2、26の10、26の15、平20改正法附則52、平25改正法附則42、56、復興財確法13、28)

参考: 関連コード

  • ・ 国税に関するご相談は、国税局電話相談センター等で行っていますので、税についての相談窓口をご覧になって、電話相談をご利用ください。
  • ※ 下記の電話番号では、国税に関するご相談は受け付けておりません。

出典

国税庁ホームページ http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1510.htm

関連するタックスアンサー(所得税)

  1. No.1210 マイホームの取得等と所得税の税額控除
  2. No.1500 雑所得
  3. No.1905 労働基準法の休業手当等の課税関係
  4. No.1181 納税者が2人以上いる場合の扶養控除の所属の変更
  5. No.1800 パート収入はいくらまで所得税がかからないか
  6. No.2250 損益通算
  7. No.1126 医療費控除の対象となる入院費用の具体例
  8. No.1926 海外転勤中の不動産所得などの納税手続
  9. No.1493 土地等の財産を時効の援用により取得したとき
  10. No.1175 勤労学生控除
  11. No.1199 基礎控除
  12. No.1755 生命保険契約に係る満期保険金等を受け取ったとき
  13. No.1145 地震保険料控除
  14. No.1610 保険契約者(保険料の負担者)である本人が支払を受ける個人年金
  15. No.2217 公務員に対する贈賄や、外国公務員に対する不正な利益の供与の取扱い
  16. No.1222 耐震改修工事をした場合(住宅耐震改修特別控除)
  17. No.1120 医療費を支払ったとき(医療費控除)
  18. No.1937 居住者が海外で株式等を売却した場合の課税関係等
  19. No.1460 譲渡所得(土地、建物及び株式等以外の資産を譲渡したとき)
  20. No.2040 予定納税

項目別にタックスアンサーを調べる

当コンテンツは、国税庁ホームページ利用規約に基づき、国税庁:タックスアンサーのデータを利用して作成されています。


戦略的に節税するための無料ツール

一括節税計算機
※所得を入力して、税目別に税額を一括比較する
所 得万円 *必須
減少額万円 *任意  設定  消去
[対応税目]*法人税*所得税*消費税*相続税*贈与税*利子所得*配当所得*給与所得*退職所得*譲渡所得(土地)*譲渡所得(株式)*譲渡所得(総合)*一時所得*雑所得(年金)*雑所得(FX等)

*ご利用にあたっては利用規約を必ずご確認ください

このページを他の人に教える


ご意見ご要望をお聞かせ下さい

 過去のご意見ご要望については、ご意見ご要望&回答一覧で確認できます。

利用規約をお読み下さい

 本サイトのご利用にあたっては利用規約を必ずお読み下さい。

広告を募集しています

 本サイトでは掲載していただける広告を募集しております。詳しくは広告掲載をご覧ください。
新着情報 RSS
01/29 生命保険で節税
02/08 所得税の延納(利子税)で節税
09/26 経営セーフティ共済で節税
02/22 役員報酬(事前確定届出給与)で節税
02/19 不動産(再建築費評点基準表)で節税
新着情報を見る
節税対策ブログ
02/13 所得税確定申告で誤りの多い12項目(2019年度版)
01/29 死亡退職金の受取人(役員退職慰労金規程と相続税)
02/22 所得税確定申告で誤りの多い事例とは
02/02 クレジットカードポイント等の税務処理
02/01 ふるさと納税特産品と株主優待の税務処理
節税対策ブログを見る
アクセス数
今日:169
昨日:423
ページビュー
今日:672
昨日:3,094

ページの先頭へ移動