減価償却(中古資産)で節税
減価償却(中古資産)で節税する。耐用年数が短くなり、初年度に損金算入できる額が多くなる手軽な節税法。中古車のケースを例示。

No.1185 市町村長等の障害者認定と介護保険法の要介護認定について|所得税

[No.1185 市町村長等の障害者認定と介護保険法の要介護認定について]に関するタックスアンサー。

タックスアンサー(国税庁)

[平成27年4月1日現在法令等]

所得税法上、障害者控除の対象となる障害者は、所得税法施行令第10条に限定列挙されており、精神又は身体に障害のある65歳以上の人で、障害の程度が知的障害者又は身体障害者に準ずるものとして、市町村長等の認定を受けている人などとされ、介護保険法の介護認定を受けた人については、規定していません。
したがって、介護保険法の要介護認定の有無にかかわらず上記の市町村長等の認定を受けた場合には、障害者控除の対象となります。

(所法2、所令10)

参考: 関連コード

※ 下記の電話番号では、国税に関するご相談は受け付けておりません。

出典

国税庁ホームページ http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1185.htm

関連するタックスアンサー(所得税)

  1. No.1466 同一銘柄の株式等を2回以上にわたって購入している場合の取得費
  2. No.1500 雑所得
  3. No.1215 要耐震改修住宅を取得し、耐震改修を行った場合(住宅借入金等特別控除)
  4. No.1391 不動産所得が赤字のときの他の所得との通算
  5. No.1124 医療費控除の対象となる出産費用の具体例
  6. No.1904 給与所得者と電子申告
  7. No.2010 納税義務者となる個人
  8. No.2075 専従者給与と専従者控除
  9. No.1128 医療費控除の対象となる歯の治療費の具体例
  10. No.1382 立退料を支払ったとき
  11. No.2030 還付申告
  12. No.1410 給与所得控除
  13. No.2230 源泉分離課税制度
  14. No.1902 災害減免法による所得税の軽減免除
  15. No.1493 土地等の財産を時効の援用により取得したとき
  16. No.2072 青色申告特別控除
  17. No.2108 中古資産を非業務用から業務用に転用した場合の減価償却
  18. No.1263 認定NPO法人に寄附をしたとき
  19. No.1440 譲渡所得(土地や建物を譲渡したとき)
  20. No.1222 耐震改修工事をした場合(住宅耐震改修特別控除)

項目別にタックスアンサーを調べる

当コンテンツは、国税庁ホームページ利用規約に基づき、国税庁:タックスアンサーのデータを利用して作成されています。


戦略的に節税するための無料ツール

一括節税計算機
※所得を入力して、税目別に税額を一括比較する
所 得万円 *必須
減少額万円 *任意  設定  消去
[対応税目]*法人税*所得税*消費税*相続税*贈与税*利子所得*配当所得*給与所得*退職所得*譲渡所得(土地)*譲渡所得(株式)*譲渡所得(総合)*一時所得*雑所得(年金)*雑所得(FX等)

*ご利用にあたっては利用規約を必ずご確認ください

このページを他の人に教える


ご意見ご要望をお聞かせ下さい

 過去のご意見ご要望については、ご意見ご要望&回答一覧で確認できます。

利用規約をお読み下さい

 本サイトのご利用にあたっては利用規約を必ずお読み下さい。

広告を募集しています

 本サイトでは掲載していただける広告を募集しております。詳しくは広告掲載をご覧ください。

ページの先頭へ移動