生命保険(法人契約)で節税
生命保険(法人契約)で節税する。定期保険や終身保険の注意点。貯蓄型定期保険(経営者保険)と役員退職金を組み合わせて節税。

No.5380 短期前払費用として損金算入ができる場合 |法人税

[ No.5380 短期前払費用として損金算入ができる場合 ]に関するタックスアンサー。

タックスアンサー(国税庁)

[平成27年4月1日現在法令等]

1 前払費用

 前払費用とは、法人が一定の契約により継続的に役務の提供を受けるために支出した費用のうち、その事業年度終了の時においてまだ提供を受けていない役務に対応するものをいいます。
 前払費用は、原則として、支出した時に資産に計上し、役務の提供を受けた時に損金の額に算入すべきものです。

2 短期前払費用

 法人が、前払費用の額で、その支払った日から1年以内に提供を受ける役務に係るものを支払った場合において、その支払った金額を継続してその事業年度の損金の額に算入しているときは、1にかかわらず、その支払時点で損金の額に算入することが認められます。
 ただし、借入金を預金や有価証券などに運用する場合のその借入金の支払利息のように、収益と対応させる必要があるものについては、たとえ1年以内の短期前払費用であっても、支払時点で損金の額に算入することは認められませんので注意してください。

(法基通2−2−14)

  •  国税に関するご相談は、国税局電話相談センター等で行っていますので、税についての相談窓口をご覧になって、電話相談をご利用ください。
    ※ 下記の電話番号では、国税に関するご相談は受け付けておりません。

出典

国税庁ホームページ http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/hojin/5380.htm

関連するタックスアンサー(法人税)

  1. No.5204 役員の退職金の損金算入時期(平成18年3月31日までに開始する事業年度分)
  2. No.5926 雇用促進税制(雇用者の数が増加した場合の税額控除)
  3. No.5442 試験研究費の総額に係る税額控除制度
  4. No.5320 貸倒損失として処理できる場合
  5. No.5382 同業者団体の入会金と会費の取扱い
  6. No.5385 公務員に対する贈賄や、外国公務員に対する不正な利益の供与の取扱い
  7. No.5405 資本的支出後の減価償却資産の償却方法等
  8. No.5242 出向先法人が支出する退職金の負担金の取扱い
  9. No.5800 資本金等が5億円以上の法人等の100%子法人等における中小企業向け特例措置の不適用について
  10. No.5604 資産の一部を交換とし、一部を売買としたとき
  11. No.5401 土地とともに取得した建物を取り壊した場合の土地の取得価額
  12. No.5651 特定資産を買換えた場合の圧縮記帳
  13. No.5410 減価償却資産の償却限度額の計算方法(平成19年4月1日以後取得分)
  14. No.5284 認定NPO法人等に対する寄附金
  15. No.5400 減価償却資産の取得価額に含めないことができる付随費用
  16. No.5362 定期付養老保険の保険料の取扱い
  17. No.5930 帳簿書類等の保存期間及び保存方法
  18. No.5402 修繕費とならないものの判定
  19. No.5657 平成21年及び平成22年に先行取得をした土地等に係る圧縮記帳
  20. No.5454 環境関連投資促進税制(エネルギー環境負荷低減推進設備等を取得した場合の特別償却又は税額控除)

項目別にタックスアンサーを調べる

当コンテンツは、国税庁ホームページ利用規約に基づき、国税庁:タックスアンサーのデータを利用して作成されています。


戦略的に節税するための無料ツール

一括節税計算機
※所得を入力して、税目別に税額を一括比較する
所 得万円 *必須
減少額万円 *任意  設定  消去
[対応税目]*法人税*所得税*消費税*相続税*贈与税*利子所得*配当所得*給与所得*退職所得*譲渡所得(土地)*譲渡所得(株式)*譲渡所得(総合)*一時所得*雑所得(年金)*雑所得(FX等)

*ご利用にあたっては利用規約を必ずご確認ください

このページを他の人に教える


ご意見ご要望をお聞かせ下さい

 過去のご意見ご要望については、ご意見ご要望&回答一覧で確認できます。

利用規約をお読み下さい

 本サイトのご利用にあたっては利用規約を必ずお読み下さい。

広告を募集しています

 本サイトでは掲載していただける広告を募集しております。詳しくは広告掲載をご覧ください。

ページの先頭へ移動