青色申告(所得税)で節税
青色申告(所得税)で節税する。白色申告との違い(メリット)、青色申告特別控除、家事関連費について。

一時所得:節税計算機[所得等:1,200万円]

一時所得について納税額や節税額を試算します。[所得等:1,200万円]
【最終更新】2017/02/14
[スポンサード リンク]

納税試算結果

一時所得 575.0万円
*計算式 575.0万円 = (一時所得:1,200.0万円 - 特別控除額:50.0万円)÷ 2
納税額 120.2万円
*計算式 120.2万円 = 所得税66.0万円+住民税54.2万円
*所得 1,200万円
*実効税率 10%

試算内訳

*均等割(都道府県民税・市区町村民税)を除く

所得税 66.0万円 (5.5%)
【納税額】66.0万円 = ((575.0万円 - 基礎控除38.0万円) × 20% - 42.8万円) × 102.1%(復興特別所得税加算分)
都道府県民税 21.7万円 (1.8%)
【納税額】21.7万円 = (575.0万円 - 基礎控除33.0万円)×4%
市区町村民税 32.5万円 (2.7%)
【納税額】32.5万円 = (575.0万円 - 基礎控除33.0万円)×6%

【注】控除は基礎控除のみ対応しています。

データ再入力

入力画面を開いて再シミュレーションする

関連する節税対策コンテンツ

一時所得で節税
税制優遇措置のある一時所得で節税する。一時所得の税額計算や、法人からの贈与、ふるさと納税の特産品について。
【注意事項】
相応の注意を払って作成していますが、計算や法令解釈に誤りがある場合があります。
ご利用にあたっては、関係する法令と共に、利用規約を必ずご確認ください。
【最終更新】2017/02/14

税目別:節税計算機

一括試算 | 法人税 | 所得税 | 消費税 | 相続税 | 贈与税
【所得税】
利子所得 | 配当所得 | 給与所得 | 退職所得 | 譲渡所得(土地) | 譲渡所得(株式) | 譲渡所得(総合) | 一時所得 | 雑所得(年金) | 雑所得(FX等)

このページを他の人に教える


ご意見ご要望をお聞かせ下さい

 過去のご意見ご要望については、ご意見ご要望&回答一覧で確認できます。

利用規約をお読み下さい

 本サイトのご利用にあたっては利用規約を必ずお読み下さい。

広告を募集しています

 本サイトでは掲載していただける広告を募集しております。詳しくは広告掲載をご覧ください。
新着情報 RSS
01/29 生命保険で節税
02/08 所得税の延納(利子税)で節税
09/26 経営セーフティ共済で節税
02/22 役員報酬(事前確定届出給与)で節税
02/19 不動産(再建築費評点基準表)で節税
新着情報を見る
節税対策ブログ
02/13 所得税確定申告で誤りの多い12項目(2019年度版)
01/29 死亡退職金の受取人(役員退職慰労金規程と相続税)
02/22 所得税確定申告で誤りの多い事例とは
02/02 クレジットカードポイント等の税務処理
02/01 ふるさと納税特産品と株主優待の税務処理
節税対策ブログを見る
アクセス数
今日:71
昨日:879
ページビュー
今日:223
昨日:2,956

ページの先頭へ移動