譲渡所得(不動産)で節税
譲渡所得(不動産)で節税する。譲渡所得の取得費や特別控除、損益通算などについて。5年超の保有やマイホーム(居住用財産)の譲渡などの税制優遇措置を..

所得税更正処分等取消請求控訴事件|平成4(行コ)2

[所得税法]に関する行政事件裁判例(裁判所)。

行政事件裁判例(裁判所)

平成7年3月16日 [所得税法]

判示事項

1 推計によってされた所得税更正処分の取消訴訟において,実額反証によって必要経費を争う場合における売上金額の実額の主張立証の要否 2 課税庁が反面調査等によって把握した売上金額に同業者平均経費率を乗じて売上原価等を算出し,売上金額から売上原価等を控除して所得金額を算出してした所得税更正処分の取消請求が,納税者において自ら主張する売上金額が当該係争年分のすべての取引から生じた売上金額に合致することを立証したものとは認められないとして,棄却された事例

裁判要旨

1 課税庁が反面調査等によって把握した売上金額に同業者平均経費率を乗じて売上原価等を算出し,売上金額から売上原価等を控除して所得金額を算出してした所得税更正処分の取消訴訟において,納税者が,真実の所得金額が推計の結果を下回る旨主張し,売上原価等の必要経費の実額をもって課税庁の推計額を争う場合には,課税庁が反面調査等によって把握し得る売上金額の範囲には限界があり,相当額の捕そく漏れがあることも十分予測され,課税庁の主張する売上金額は,推計の合理性を基礎付ける事実として,あくまでもその額を下らない売上金額があったというものにすぎず,実際の売上金額に合致するとは限らないのであるから,納税者が必要経費の実額のみならず課税庁の主張する売上金額がそのすべてであることをも立証しない限り,真実の所得金額が推計による所得額よりも過少であることを立証したことにはならないというべきであり,したがって,納税者は,必要経費の実額を主張立証するのみでは足りず,売上金額についてもそのすべてを実額をもって主張立証する必要がある。 2 課税庁が反面調査等によって把握した売上金額に同業者平均経費率を乗じて売上原価等を算出し,売上金額から売上原価等を控除して所得金額を算出してした所得税更正処分の取消請求につき,納税者において,真実の所得金額が推計の結果を下回る旨主張し,売上原価等の必要経費の実額をもって課税庁の推計額を争う場合には,必要経費の実額を主張立証するのみでは足りず,売上金額についてもそのすべてを実額をもって主張立証する必要があるところ,納税者において自ら主張する売上金額が当該係争年分のすべての取引から生じた売上金額に合致することを立証したものとは認められないとして,前記請求を棄却した事例
裁判所名
東京高等裁判所
事件番号
平成4(行コ)2
事件名
所得税更正処分等取消請求控訴事件
裁判年月日
平成7年3月16日
分野
行政
全文
全文(PDF)
裁判所:行政事件裁判例
所得税更正処分等取消請求控訴事件|平成4(行コ)2

関連するカテゴリー

関連する裁決事例(所得税法)

  1. 個人に対する土地建物の譲渡が、低額譲渡に該当するから、譲渡損失の金額は損益通算によって差し引くことはできないとした事例
  2. ストリップショウの出演者に対する出演料は所得税法204条第1項に規定する報酬又は料金に該当するとした事例
  3. 一般貸切旅客自動車運送を業とする法人が、バスガイドに対しガイド料として支払った金員は、給与等に当たるとした事例
  4. 海外の顧客との商取引は請求人の売買取引ではないから、海外から送金を受けた金額は請求人の収入になるものではなく、コミッション相当額のみが収入金額であるとの請求人の主張が排斥された事例
  5. 株式取得のための借入金の利子は配当所得の必要経費であり事業所得の必要経費ではないとした事例
  6. 海外勤務者の帰国後に請求人が負担した外国所得税について、支払事務が国外において行われていたとして所得税の源泉徴収を要しないとした事例
  7. 国が請求人所有土地を駐留軍用地として10年間強制使用するについて請求人に対し損失補償金として一括で支払われた10年間の地代の収入すべき時期は、収用裁決に基づく請求人所有土地明渡しの日及び損失補償金全額の受領の日の属する年分であるとした事例
  8. 当初売買契約の対象物件である土地の一部を分筆して引き渡した土地に係る課税年分は、当初売買契約対象物件の引渡しが完了した日の属する年分ではなく、当該引渡しがあった日の属する年分であるとした事例
  9. 賃貸借契約の目的物は、賃貸借契約書に記載されている親所有の土地ではなく当該土地の上に存する子所有の建物であり、賃貸料収入は子に帰属するとした事例
  10. 請求人の青色申告書は、その提出期限後に提出されたものであるから、これに記載された純損失の金額は、翌年に繰り越すことができないとした事例
  11. 所得税法第212条《源泉徴収義務》第3項の「支払」の意義については、これを実質的に解し、現実に金銭を交付する行為のみならず、その支払債務が消滅すると認められる一切の行為を含むものと解するのが相当であるとして、形式的意味における清算人会の決議に基づく必要があるとする請求人の主張を排斥した事例
  12. 売買契約が法的に有効なものとしては存在しなかったとして譲渡所得の課税処分を取り消した事例
  13. 土地区画整理組合から「宅地整備補償金」名義で交付を受けた補償金は、一時所得に該当するとした事例
  14. 土地の譲渡につき子が無断で譲渡したものであり譲渡所得は存在しない旨の主張を退けた事例
  15. 事業を営む請求人が主宰する法人に対する貸付金(無利子)の資金を借入金でまかなっている場合の借入金利子は、必要経費に該当しないとした事例
  16. 本件土地の取得に要した借入金の支払利子は、不動産所得あるいは事業所得の金額の計算上必要経費に算入することができないとした事例
  17. 商品先物取引により生じた損失の所得区分は雑所得に属するとした事例
  18. 不動産賃貸に係る土地と建物(マンション)を一括購入した場合の減価償却資産となる建物本体と建物附属設備の取得価額の算定方法について争われた事例
  19. 原処分庁が用いた資産負債増減法による推計において、推計の基礎とされた資産及び負債の認定に誤りがあるとした事例
  20. ゴルフ場を経営する法人から謝礼として提供を受けたゴルフ会員証を継続的に譲渡したことによる所得は、一時所得に該当せず、雑所得に該当するとした事例

※最大20件まで表示

税法別に税務訴訟事例を調べる

当コンテンツは著作権法第13条(権利の目的とならない著作物)の規定に基づき、国税不服審判所:公表裁決事例要旨裁判所:行政事件裁判例のデータを利用して作成されています。


戦略的に節税するための無料ツール

一括節税計算機
※所得を入力して、税目別に税額を一括比較する
所 得万円 *必須
減少額万円 *任意  設定  消去
[対応税目]*法人税*所得税*消費税*相続税*贈与税*利子所得*配当所得*給与所得*退職所得*譲渡所得(土地)*譲渡所得(株式)*譲渡所得(総合)*一時所得*雑所得(年金)*雑所得(FX等)

*ご利用にあたっては利用規約を必ずご確認ください

このページを他の人に教える


ご意見ご要望をお聞かせ下さい

 過去のご意見ご要望については、ご意見ご要望&回答一覧で確認できます。

利用規約をお読み下さい

 本サイトのご利用にあたっては利用規約を必ずお読み下さい。

広告を募集しています

 本サイトでは掲載していただける広告を募集しております。詳しくは広告掲載をご覧ください。
新着情報 RSS
02/08 所得税の延納(利子税)で節税
09/26 経営セーフティ共済で節税
02/22 役員報酬(事前確定届出給与)で節税
02/19 不動産(再建築費評点基準表)で節税
01/20 個人型401Kプラン(確定拠出年金)で節税
新着情報を見る
節税対策ブログ
02/22 所得税確定申告で誤りの多い事例とは
02/02 クレジットカードポイント等の税務処理
02/01 ふるさと納税特産品と株主優待の税務処理
01/18 節税と脱税と租税回避行為の境界
01/13 給与所得控除の段階的縮小
節税対策ブログを見る
アクセス数
今日:220
昨日:569
ページビュー
今日:356
昨日:1,635

ページの先頭へ移動