従業員寮で節税
従業員用に寮(社宅)を借り上げて節税する。賃貸料相当額の計算式や固定資産税の課税標準を調べる方法、福利厚生規程に記載するサンプルなど。

所得税更正処分等取消請求控訴事件|平成4(行コ)2

[所得税法]に関する行政事件裁判例(裁判所)。

行政事件裁判例(裁判所)

平成7年3月16日 [所得税法]

判示事項

1 推計によってされた所得税更正処分の取消訴訟において,実額反証によって必要経費を争う場合における売上金額の実額の主張立証の要否 2 課税庁が反面調査等によって把握した売上金額に同業者平均経費率を乗じて売上原価等を算出し,売上金額から売上原価等を控除して所得金額を算出してした所得税更正処分の取消請求が,納税者において自ら主張する売上金額が当該係争年分のすべての取引から生じた売上金額に合致することを立証したものとは認められないとして,棄却された事例

裁判要旨

1 課税庁が反面調査等によって把握した売上金額に同業者平均経費率を乗じて売上原価等を算出し,売上金額から売上原価等を控除して所得金額を算出してした所得税更正処分の取消訴訟において,納税者が,真実の所得金額が推計の結果を下回る旨主張し,売上原価等の必要経費の実額をもって課税庁の推計額を争う場合には,課税庁が反面調査等によって把握し得る売上金額の範囲には限界があり,相当額の捕そく漏れがあることも十分予測され,課税庁の主張する売上金額は,推計の合理性を基礎付ける事実として,あくまでもその額を下らない売上金額があったというものにすぎず,実際の売上金額に合致するとは限らないのであるから,納税者が必要経費の実額のみならず課税庁の主張する売上金額がそのすべてであることをも立証しない限り,真実の所得金額が推計による所得額よりも過少であることを立証したことにはならないというべきであり,したがって,納税者は,必要経費の実額を主張立証するのみでは足りず,売上金額についてもそのすべてを実額をもって主張立証する必要がある。 2 課税庁が反面調査等によって把握した売上金額に同業者平均経費率を乗じて売上原価等を算出し,売上金額から売上原価等を控除して所得金額を算出してした所得税更正処分の取消請求につき,納税者において,真実の所得金額が推計の結果を下回る旨主張し,売上原価等の必要経費の実額をもって課税庁の推計額を争う場合には,必要経費の実額を主張立証するのみでは足りず,売上金額についてもそのすべてを実額をもって主張立証する必要があるところ,納税者において自ら主張する売上金額が当該係争年分のすべての取引から生じた売上金額に合致することを立証したものとは認められないとして,前記請求を棄却した事例
裁判所名
東京高等裁判所
事件番号
平成4(行コ)2
事件名
所得税更正処分等取消請求控訴事件
裁判年月日
平成7年3月16日
分野
行政
全文
全文(PDF)
裁判所:行政事件裁判例
所得税更正処分等取消請求控訴事件|平成4(行コ)2

関連するカテゴリー

関連する裁決事例(所得税法)

  1. 本件競走馬の保有等は事業所得の基因となる事業に当たらないとした事例
  2. 貸付金に係る利息相当額の経済的利益の供与に基づく源泉所得税の納税告知を取り消した事例
  3. 過大な不動産管理料につき、所得税法第157条を適用して否認した更正は適法であるとした事例
  4. 請求人ほか3名が相続した不動産の共有持分から生ずる賃料収入について、当該賃料収入の全額が請求人に帰属するものである旨の原処分庁の主張を排斥した事例(平成18年分以後の所得税の青色申告の承認の取消処分、平成18年分の所得税の更正処分、平成19年分の所得税の更正処分及び過少申告加算税の賦課決定処分、平成20年分〜平成23年分の所得税の各更正処分並びに過少申告加算税及び重加算税の各賦課決定処分、平成24年分の所得税の更正処分及び重加算税の賦課決定処分、平18.1.1〜平24.12.31の各課税期間の消費税及び地方消費税の各更正処分並びに過少申告加算税及び重加算税の各賦課決定処分・棄却、全部取消し、一部取消し、一部取消し、棄却・平成27年6月19日裁決)
  5. 業務遂行中に起こした交通事故の被害者に支払った損害賠償金は所得税法施行令第98条に規定する「重大な過失」により負担したものではないとした事例
  6. 請求人を代表取締役とする同族会社の収入として計上された不動産の賃貸料は請求人に帰属するとした事例
  7. 受給者が確定申告をしたことにより支払者の源泉徴収義務が消滅することはないとした事例
  8. 健康食品等の購入費用が、所得税法第73条に規定する医療費控除の対象とならないとした事例
  9. 請求人の同族会社からの建物賃貸料収入が当該同族会社の又貸し賃貸料収入に比して余りに低額であるとしてなされた所得税法第157条による更正処分が適法であるとされた事例
  10. 請求人と雇用関係にない会社から付与された新株予約権の行使に係る経済的利益は、一時所得ではなく雑所得と認めた事例
  11. 請求人が受け取った養老生命共済金は被共済者の法定代理人である請求人が負担した共済掛金に係るものであるから一時所得に該当するとした事例
  12. 鉄筋コンクリート造り店舗共同住宅の外壁等の補修工事に要した金員は修繕費に当たるとした事例
  13. 新たに診療所を開設するに当たっての診療開始前の期間に係る借入金利子は、事業所得の金額の計算上必要経費に算入することはできないとした事例
  14. 土地の賃貸料につき増額要求する訴訟の係属中において供託された当該賃貸料の収入すべき時期は、供託された日であるとした事例
  15. 不動産貸付業務遂行上、直接関連のないゴルフ接待費用は、不動産所得の金額の計算上必要経費に算入することはできないとした事例
  16. 本件寺院は人格のない社団に該当すると認められるから、信徒が伽藍新築工事のために寄附した金銭は寺院に帰属するとして、当該金銭を住職の事業所得として課税した原処分を取り消した事例
  17. 譲渡収入金額を底地部分と権利部分にあん分する場合の更地価額について、売買契約が解除され成立していない契約の契約金額によることは適当でないとした事例
  18. 販売業者の委託により商品の販売契約等の勧誘及び委託販売員の指導業務等を行うマネージャーは外交員に該当するとした事例
  19. 請求人の事業所得の金額等を類似同業者の平均水道光熱費率を用いて推計する方法に合理性があるとした事例(平成21年分以後の所得税の青色申告の承認の取消処分、平成22年分及び平成23年分の所得税の各更正処分並びに平19.1.1〜平20.12.31の各課税期間の消費税及び地方消費税の各決定処分及び無申告加算税の各賦課決定処分・棄却、全部取消し・平成26年7月4日裁決)
  20. 日本法人及び国外に所在する外国法人の役員を務める請求人は、日本の居住者に当たり、また、請求人には租税回避の意図がなく、外国法人の課税対象留保金額に係る金員を現実に得ていないことはタックスヘイブン課税の適用除外要件に該当しないとしてタックスヘイブン課税を適用した事例

※最大20件まで表示

税法別に税務訴訟事例を調べる

当コンテンツは著作権法第13条(権利の目的とならない著作物)の規定に基づき、国税不服審判所:公表裁決事例要旨裁判所:行政事件裁判例のデータを利用して作成されています。


戦略的に節税するための無料ツール

一括節税計算機
※所得を入力して、税目別に税額を一括比較する
所 得万円 *必須
減少額万円 *任意  設定  消去
[対応税目]*法人税*所得税*消費税*相続税*贈与税*利子所得*配当所得*給与所得*退職所得*譲渡所得(土地)*譲渡所得(株式)*譲渡所得(総合)*一時所得*雑所得(年金)*雑所得(FX等)

*ご利用にあたっては利用規約を必ずご確認ください

このページを他の人に教える


ご意見ご要望をお聞かせ下さい

 過去のご意見ご要望については、ご意見ご要望&回答一覧で確認できます。

利用規約をお読み下さい

 本サイトのご利用にあたっては利用規約を必ずお読み下さい。

広告を募集しています

 本サイトでは掲載していただける広告を募集しております。詳しくは広告掲載をご覧ください。
新着情報 RSS
02/08 所得税の延納(利子税)で節税
09/26 経営セーフティ共済で節税
02/22 役員報酬(事前確定届出給与)で節税
02/19 不動産(再建築費評点基準表)で節税
01/20 個人型401Kプラン(確定拠出年金)で節税
新着情報を見る
節税対策ブログ
02/22 所得税確定申告で誤りの多い事例とは
02/02 クレジットカードポイント等の税務処理
02/01 ふるさと納税特産品と株主優待の税務処理
01/18 節税と脱税と租税回避行為の境界
01/13 給与所得控除の段階的縮小
節税対策ブログを見る
アクセス数
今日:47
昨日:1,057
ページビュー
今日:73
昨日:2,238

ページの先頭へ移動