No.4411 共働きの夫婦が住宅を買ったとき|贈与税

[No.4411 共働きの夫婦が住宅を買ったとき]に関するタックスアンサー。

タックスアンサー(国税庁)

[平成27年4月1日現在法令等]

共働きの夫婦が住宅を購入するとき、その購入資金を夫婦共同で負担する場合があります。
そのようなときに、実際の購入資金の負担割合と所有権登記の持分割合が異なっている場合には、贈与税の問題が生ずることがあります。
例えば、総額3,000万円の住宅を購入し、夫が2,000万円、妻が1,000万円の資金負担をしたものの、所有権の登記は夫と妻それぞれの持分を2分の1とした場合です。
この場合、妻の所有権は登記持分の2分の1ですから、3,000万円の2分の1の1,500万円となります。しかし、購入のための資金は1,000万円しか負担していませんから、差額の500万円については夫から妻へ贈与があったことになります。
この場合、資金の負担割合に応じて夫3分の2、妻3分の1の所有権登記がなされていれば、贈与税の問題は生じません。

(相法9)


Q 夫名義のマンションのローンを共働き夫婦で返済した場合

  • 国税に関するご相談は、国税局電話相談センター等で行っていますので、税についての相談窓口をご覧になって、電話相談をご利用ください。
    ※ 下記の電話番号では、国税に関するご相談は受け付けておりません。

出典

国税庁ホームページ http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/zoyo/4411.htm

関連するタックスアンサー(贈与税)

  1. No.4438 農業後継者が農地等の贈与を受けた場合の納税猶予の特例
  2. No.4423 著しく低い価額で財産を譲り受けたとき
  3. No.4510 直系尊属から教育資金の一括贈与を受けた場合の非課税
  4. No.4555 親の借地に子供が家を建てたとき
  5. No.4511 直系尊属から結婚・子育て資金の一括贈与を受けた場合の非課税
  6. No.4408 贈与税の計算と税率(暦年課税)
  7. No.4441 医療法人の持分に係る経済的利益についての贈与税の税額控除の特例
  8. No.4553 使用貸借に係る土地を贈与により取得したとき
  9. No.4420 親から金銭を借りた場合
  10. No.4402 贈与税がかかる場合
  11. No.4410 複数の人から贈与を受けたとき(暦年課税)
  12. No.4411 共働きの夫婦が住宅を買ったとき
  13. No.4439 非上場株式等についての贈与税の納税猶予
  14. No.4552 親の土地に子供が家を建てたとき
  15. No.4560 親が借地している土地の底地部分を子供が買い取ったとき
  16. No.4432 受贈者が外国に居住しているとき
  17. No.4426 負担付贈与に対する課税
  18. No.4452 夫婦の間で居住用の不動産を贈与したときの配偶者控除
  19. No.4405 贈与税がかからない場合
  20. No.4429 贈与税の申告と納税

項目別にタックスアンサーを調べる

当コンテンツは、国税庁ホームページ利用規約に基づき、国税庁:タックスアンサーのデータを利用して作成されています。


戦略的に節税するための無料ツール

一括節税計算機
※所得を入力して、税目別に税額を一括比較する
所 得万円 *必須
減少額万円 *任意  設定  消去
[対応税目]*法人税*所得税*消費税*相続税*贈与税*利子所得*配当所得*給与所得*退職所得*譲渡所得(土地)*譲渡所得(株式)*譲渡所得(総合)*一時所得*雑所得(年金)*雑所得(FX等)

*ご利用にあたっては利用規約を必ずご確認ください

このページを他の人に教える


ご意見ご要望をお聞かせ下さい

 過去のご意見ご要望については、ご意見ご要望&回答一覧で確認できます。

利用規約をお読み下さい

 本サイトのご利用にあたっては利用規約を必ずお読み下さい。

広告を募集しています

 本サイトでは掲載していただける広告を募集しております。詳しくは広告掲載をご覧ください。

ページの先頭へ移動