非課税所得で節税
非課税所得を活用して節税する。給与所得・利子所得・配当所得・譲渡所得(株式等)・譲渡所得(総合課税)・雑所得(公的年金)・損害賠償金・他の法律の非..

No.1522 先物取引に係る雑所得等の課税の特例|所得税

[No.1522 先物取引に係る雑所得等の課税の特例]に関するタックスアンサー。

タックスアンサー(国税庁)

[平成27年4月1日現在法令等]

1 制度の概要

居住者又は国内に恒久的施設を有する非居住者が、一定の先物取引の差金等決済をした場合には、その先物取引に係る事業所得の金額、譲渡所得の金額及び雑所得の金額の合計額(以下、この合計額を「先物取引に係る雑所得等の金額」といいます。)については、他の所得と区分して、所得税15%(他に地方税5%)の税率による申告分離課税となります。

(注) 平成25年から平成49年までの各年分の確定申告においては、所得税と復興特別所得税(原則として、その年分の基準所得税額の2.1%)を併せて申告・納付することになります。

2 適用対象となる先物取引の差金等決済の範囲

先物取引に係る雑所得等の課税の特例の適用対象となる先物取引の差金等決済の範囲は、次のとおりです。

  1. (1) 商品先物取引の決済(その商品先物取引による商品の受渡しが行われることとなるものを除きます。)
    商品先物取引とは、次に該当する取引をいいます。
    1. イ 平成13年4月1日以後に行う、商品先物取引法第2条第3項に定められている先物取引のうち一定の同項第1号から第4号までに掲げる取引(すなわち、商品取引所の定める基準及び方法に従って、商品市場において行われる、いわゆる現物先物取引、現金決済型先物取引、商品指数先物取引、商品オプション取引、商品の実物取引のオプション取引)
    2. ロ 平成24年1月1日以後に行う、商品先物取引法第2条第14項第1号から第5号までに掲げる取引のうち一定のもの(商品市場及び外国商品市場によらないで行われる、いわゆる現物先物取引、現金決裁型取引、指数先物取引、オプション取引、指数現物オプション取引)
  2. (2) 金融商品先物取引等の決済(その金融商品先物取引等による金融商品の受渡しが行われることとなるものを除きます。)
    金融商品先物取引等とは、次に該当する取引をいいます。
    1. イ 金融商品取引法に規定する市場デリバティブ取引のうち一定のもの(金融商品市場において、金融商品市場を開設する者の定める基準及び方法に従い行う次の取引)
      1. 平成16年1月1日以後に行う、平成18年改正前の証券取引法に定められている有価証券先物取引、有価証券指数等先物取引及び有価証券オプション取引
      2. 平成17年7月1日以後に行う、廃止前の金融先物取引法に定められている取引所金融先物取引(いわゆる通貨等先物取引、金利等先物取引、金融オプション取引)
      3. 平成19年9月30日以後に行う、金融商品取引法第2条第21項第1号から第3号までに定められている取引
    2. ロ 平成24年1月1日以後に行う、金融商品取引法第2条第22項第1号から第4号までに掲げる取引のうち一定のもの(金融商品市場及び外国金融商品市場によらないで行われる、いわゆる先物取引、指標先渡取引、オプション取引、指標オプション取引)
  3. (3) カバードワラントの差金等決済
    カバードワラントとは、金融商品取引法第2条第1項第19号に定められている有価証券(同条第22項第4号に掲げる取引に係る権利を表示するものに限ります。)をいいます。
    また、カバードワラントの差金等決済とは、平成22年1月1日以後に行う、カバードワラントに表示される権利の行使若しくは放棄又はカバードワラントの金融商品取引業者への売委託により行う譲渡又は金融商品取引業者に対する譲渡をいいます。

    (注) 金融商品取引所に上場されていないカバードワラントについては、平成24年1月1日以後に行う差金等決済に限られます。

3 先物取引に係る雑所得等の金額の計算上、損失が生じた場合

先物取引に係る雑所得等の金額の計算上、損失が生じたときは、他の先物取引に係る雑所得等の金額との損益の通算は可能ですが、先物取引に係る雑所得等以外の所得の金額との損益通算はできません。

4 先物取引の差金等決済に係る損失の繰越控除

「先物取引に係る雑所得等の金額」の計算上生じた損失の金額は、一定の要件の下で、翌年以後3年間にわたり繰り越し、その繰り越された年の「先物取引に係る雑所得等の金額」を限度として、一定の方法により、「先物取引に係る雑所得等の金額」の計算上差し引くことができます(詳細はコード1523を参照してください。)。

5 申告手続

「先物取引に係る雑所得等の金額」について確定申告をする場合には、確定申告書に「先物取引に係る雑所得等の金額の計算明細書(PDF/240KB)」を添付しなければなりません。

(措法41の14、41の15、措令26の23、措規19の7、復興財確法13)

参考: 関連コード

  • ・ 国税に関するご相談は、国税局電話相談センター等で行っていますので、税についての相談窓口をご覧になって、電話相談をご利用ください。
  • ※ 下記の電話番号では、国税に関するご相談は受け付けておりません。

出典

国税庁ホームページ http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1522.htm

関連するタックスアンサー(所得税)

  1. No.1237 離婚による財産分与で居住用家屋の共有持分を追加取得した場合の住宅借入金等特別控除について
  2. No.1135 小規模企業共済等掛金控除
  3. No.1172 寡夫控除
  4. No.1935 海外出向者が帰国したときの確定申告
  5. No.2031 未納付の源泉徴収税額に対する還付手続
  6. No.1110 災害や盗難などで資産に損害を受けたとき(雑損控除)
  7. No.2072 青色申告特別控除
  8. No.2036 確定申告書の税務署への送付
  9. No.1920 海外出向と所得税額の精算
  10. No.1222 耐震改修工事をした場合(住宅耐震改修特別控除)
  11. No.1905 労働基準法の休業手当等の課税関係
  12. No.1282 雇用者給与等支給額が増加した場合の税額控除
  13. No.1705 遺族の方が損害賠償金を受け取ったとき
  14. No.1195 配偶者特別控除
  15. No.1280 雇用者の数が増加した場合の税額控除
  16. No.1330 配当金を受け取ったとき(配当所得)
  17. No.1370 不動産収入を受け取ったとき(不動産所得)
  18. No.1490 一時所得
  19. No.1923 海外転勤と納税管理人の選任
  20. No.1620 相続等により取得した年金受給権に係る生命保険契約等に基づく年金の課税関係

項目別にタックスアンサーを調べる

当コンテンツは、国税庁ホームページ利用規約に基づき、国税庁:タックスアンサーのデータを利用して作成されています。


戦略的に節税するための無料ツール

一括節税計算機
※所得を入力して、税目別に税額を一括比較する
所 得万円 *必須
減少額万円 *任意  設定  消去
[対応税目]*法人税*所得税*消費税*相続税*贈与税*利子所得*配当所得*給与所得*退職所得*譲渡所得(土地)*譲渡所得(株式)*譲渡所得(総合)*一時所得*雑所得(年金)*雑所得(FX等)

*ご利用にあたっては利用規約を必ずご確認ください

このページを他の人に教える


ご意見ご要望をお聞かせ下さい

 過去のご意見ご要望については、ご意見ご要望&回答一覧で確認できます。

利用規約をお読み下さい

 本サイトのご利用にあたっては利用規約を必ずお読み下さい。

広告を募集しています

 本サイトでは掲載していただける広告を募集しております。詳しくは広告掲載をご覧ください。
新着情報 RSS
01/29 生命保険で節税
02/08 所得税の延納(利子税)で節税
09/26 経営セーフティ共済で節税
02/22 役員報酬(事前確定届出給与)で節税
02/19 不動産(再建築費評点基準表)で節税
新着情報を見る
節税対策ブログ
02/13 所得税確定申告で誤りの多い12項目(2019年度版)
01/29 死亡退職金の受取人(役員退職慰労金規程と相続税)
02/22 所得税確定申告で誤りの多い事例とは
02/02 クレジットカードポイント等の税務処理
02/01 ふるさと納税特産品と株主優待の税務処理
節税対策ブログを見る
アクセス数
今日:316
昨日:479
ページビュー
今日:2,399
昨日:3,864

ページの先頭へ移動