所得税の延納(利子税)で節税
所得税の延納について。利子税の納付方法や利子税をゼロにする方法、注意点など。利子税を必要経費として節税。

義務的修正申告における租税特別措置法第33条の4と第35条の適用関係について|譲渡所得

[義務的修正申告における租税特別措置法第33条の4と第35条の適用関係について]に関する質疑応答事例。

質疑応答事例(国税庁)

【照会要旨】

 私は、所有する居住用財産とその他の財産(テニスコート)を1つの収用事業のために譲渡し、期限内申告において、居住用部分に相当する譲渡(譲渡価額 4,000万円)について租税特別措置法第35条及び第31条の3の規定を、また、その他の部分に相当する譲渡(譲渡価額 7,000万円)について代替資産を取得する見込みであるとして見積額により同法第33条の規定を適用しました。
 その後、私は代替資産の取得期限までに代替資産を取得しなかったため、同法第33条の5の規定により修正申告書を提出し当該譲渡について同法第33条の4の適用を受けたいと思うのですが、同法第35条において、その譲渡に同法第33条の4の規定の適用を受ける場合には、重複して同法第35条の規定を適用できない旨規定していることから、当該義務的修正申告書において、その他の部分に相当する譲渡について同法第33条の4の規定を適用するため、居住用部分に相当する譲渡については同法第35条の規定の適用を撤回したいと考えています。
 この場合、期限内申告において一旦適法に同法第35条の規定を適用していますので、撤回することはできず、上記の考え方による修正申告は行えないのでしょうか。

【回答要旨】

 租税特別措置法第35条の規定の適用を撤回することにより同法第33条の4の規定を適用することはできませんが、照会の場合は、見積額による同法第33条の規定の適用について、代替資産を取得できなかったため、その義務的修正申告において、同法第33条の4の規定を適用するものですから、同法第35条の規定の適用を撤回するまでもなく、措置法の規定上、重複して同法第35条の規定を適用することはできないこととなります(このため、結果として、あなたの考えている内容と同様の課税関係となります。)。
 この場合、同法第33条の4の5,000万円控除は、その他の部分に相当する譲渡、居住用部分に相当する譲渡の順に控除することとなります(措通31−1(3))。
 なお、同法第31条の3については、同法第33条の4との重複適用を排除する規定がないことから、居住用部分に相当する譲渡について同法第31条の3の規定が適用できます。

【関係法令通達】

 租税特別措置法第31条の3、33条、33条の4、33条の5、35条
 租税特別措置法関係通達31-1、31の3−1、35−1

注記
 平成27年7月1日現在の法令・通達等に基づいて作成しています。
 この質疑事例は、照会に係る事実関係を前提とした一般的な回答であり、必ずしも事案の内容の全部を表現したものではありませんから、納税者の方々が行う具体的な取引等に適用する場合においては、この回答内容と異なる課税関係が生ずることがあることにご注意ください。

出典

国税庁ホームページ https://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/shitsugi/joto/14/51.htm

関連する質疑応答事例(譲渡所得)

  1. 株式としての価値を失ったことによる損失と「上場株式等に係る譲渡損失の繰越控除」の関係
  2. 資産の譲渡に関連して追加的に受ける一時金
  3. 不動産業者が所有する棚卸資産が収用され、その対償に充てるために買収した土地と租税特別措置法第34条の2の適用の可否
  4. 複数の建物の移転補償金のうち特定の建物に係る移転補償金のみを対価補償金とすることの可否
  5. 手形裏書人が割り引いた手形債務を支払うために譲渡した場合
  6. 公益信託の信託財産とするために上場株式を提供した場合
  7. 効用の異なる2個の資産のうち1個を交換とし他の1個を売買とした場合
  8. 外国通貨で支払が行われる不動産を譲渡した場合における譲渡所得の金額の計算の際の円換算
  9. 特定の民間宅地造成事業に係る1,500万円控除と租税特別措置法第31条の2との適用関係
  10. 居住用家屋の所有者とその敷地の所有者が異なる場合
  11. 未許可農地を転売した場合
  12. 店舗併用住宅を譲渡して保証債務を履行した場合の譲渡所得の金額の計算
  13. 土地の使用に代わる買取りの請求に基づく土地の買取り
  14. 使用貸借に係る土地の補償金の帰属
  15. 公有地の拡大の推進に関する法律の協議に基づく買取り(譲渡制限期間経過後の譲渡)
  16. 買換資産を居住の用に供した後に譲渡した場合の租税特別措置法第41条の5第4項の適用の可否
  17. 競落した資産の取得時期
  18. 宅地造成後譲渡した場合の事業用資産の判定
  19. 代物弁済により取得した土地の取得費
  20. 寄附財産が受贈法人の公益目的事業の用に直接供されているかどうかの判定

項目別に質疑応答事例を調べる

当コンテンツは、国税庁ホームページ利用規約に基づき、国税庁:質疑応答事例のデータを利用して作成されています。


戦略的に節税するための無料ツール

一括節税計算機
※所得を入力して、税目別に税額を一括比較する
所 得万円 *必須
減少額万円 *任意  設定  消去
[対応税目]*法人税*所得税*消費税*相続税*贈与税*利子所得*配当所得*給与所得*退職所得*譲渡所得(土地)*譲渡所得(株式)*譲渡所得(総合)*一時所得*雑所得(年金)*雑所得(FX等)

*ご利用にあたっては利用規約を必ずご確認ください

このページを他の人に教える


ご意見ご要望をお聞かせ下さい

 過去のご意見ご要望については、ご意見ご要望&回答一覧で確認できます。

利用規約をお読み下さい

 本サイトのご利用にあたっては利用規約を必ずお読み下さい。

広告を募集しています

 本サイトでは掲載していただける広告を募集しております。詳しくは広告掲載をご覧ください。
新着情報 RSS
01/29 生命保険で節税
02/08 所得税の延納(利子税)で節税
09/26 経営セーフティ共済で節税
02/22 役員報酬(事前確定届出給与)で節税
02/19 不動産(再建築費評点基準表)で節税
新着情報を見る
節税対策ブログ
02/13 所得税確定申告で誤りの多い12項目(2019年度版)
01/29 死亡退職金の受取人(役員退職慰労金規程と相続税)
02/22 所得税確定申告で誤りの多い事例とは
02/02 クレジットカードポイント等の税務処理
02/01 ふるさと納税特産品と株主優待の税務処理
節税対策ブログを見る
アクセス数
今日:144
昨日:410
ページビュー
今日:430
昨日:867

ページの先頭へ移動