個人年金保険で節税
生命保険料控除や一時所得を上手に使って節税します。

法人税|DB質疑応答事例

[法人税]に関する質疑応答事例。

法人税(国税庁:質疑応答事例)

  1. 共有地の分割
  2. 棚卸資産たる土地を譲渡担保に提供した場合の取扱い
  3. 保険代理業における預金利子等の帰属の時期
  4. リボルビング方式の割賦販売に係る費用・収益の帰属時期
  5. 利息棚上げをしている場合の未収利息の取扱い
  6. 短期の損害保険契約に係る保険料を分割で支払った場合の税務上の取扱い
  7. 社会保険料の損金算入時期について
  8. 短期前払費用の取扱いについて
  9. 太陽光発電設備の系統連系に当たり支出するアクセス検討料について
  10. 申告期限の延長の承認を受けている場合の棚卸資産の評価方法の届出期限
  11. ワンルームマンションのカーテンの取替費用
  12. アパートの壁紙の張替費用
  13. 一括償却資産を除却した場合の取扱い
  14. 住民運動による工事遅延期間について生じた費用の原価性
  15. PR用映画フィルムの取得価額
  16. 減価償却資産を事業の用に供した後に購入代価の値引きがあった場合の処理
  17. 少額の広告宣伝用資産の一時償却
  18. 間仕切り用パネルに係る少額減価償却資産の判定等
  19. 期中に取得した資産に係る平均超過使用時間の計算
  20. 他人の建物について行った内部造作の減価償却の方法
  21. 中小企業者等の少額減価償却資産の取得価額の損金算入の特例(措法67の5)の適用対象資産の範囲について(リース資産)
  22. 自社の事務室の蛍光灯を蛍光灯型LEDランプに取り替えた場合の取替費用の取扱いについて
  23. PFI事業(独立採算型)を行うに当たり有することとなる公共施設等運営権の取扱い
  24. 周波数移行に伴うソフトウェア修正費用の取扱い
  25. 老朽化地下貯蔵タンクに対する危険物流出防止対策費用に係る税務上の取扱い
  26. 展示実演用機械
  27. 貨車を倉庫等として使用する場合の耐用年数
  28. 建物の一部分を取得した場合の耐用年数
  29. 高層ビルを区分所有した場合の耐用年数
  30. アスファルトコンクリート敷の舗装道路の細目判定
  31. 人工芝の耐用年数
  32. 登録を要しない自動車の耐用年数
  33. 自走式クローラダンプの耐用年数
  34. ドア自動管理装置の耐用年数
  35. 結婚式場用資産の耐用年数 
  36. 電気通信工事業者が有する機械設備の耐用年数
  37. 風力・太陽光発電システムの耐用年数について
  38. 会館建設のための負担金
  39. ホテルチェーンに加盟するに当たり支出する加盟一時金
  40. 繰延資産の償却費として損金経理をした金額の意義等
  41. 耐用年数の短縮承認を受けた資産に係る繰延資産の償却期間
  42. 試験研究費に含まれる人件費の範囲
  43. 太陽光発電設備の連系工事負担金の取扱いについて
  44. 保険差益の圧縮記帳における滅失経費の範囲
  45. 盗難により支払を受けた保険金に係る保険差益の圧縮記帳
  46. 交換により取得した土地の圧縮記帳の可否について
  47. 保険差益の圧縮記帳と特定資産の買換えによる圧縮記帳との関係
  48. 交換と売買とが併せて行われた場合の取扱い
  49. 圧縮記帳の対象となる交換の範囲
  50. 底地同士を交換する場合の交換の圧縮記帳
  51. 借地権と底地との交換に伴う圧縮記帳
  52. 複数の土地と複数の土地とを交換した場合の圧縮記帳
  53. 特定資産の買換えの場合の譲渡経費の範囲等
  54. 譲渡資産について契約解除があった場合の圧縮記帳の取戻し
  55. 解散により買換取得資産を事業の用に供しなくなった場合の取扱い
  56. 賃借建物にした造作を買換資産とする場合の取扱い
  57. 埋立地を買換資産とする場合のその取得の時期等
  58. 特定の資産の買換えの場合の圧縮記帳(9号)における買換資産の範囲(他の者が建築する倉庫の敷地の用に供される見込みの土地)
  59. 買換資産が分譲マンションの複数の専有部分(部屋)である場合の面積要件の判定
  60. 避難指示解除準備区域内にある土地等を譲渡した場合における震災特例法第19条≪特定の資産の買換えの場合の課税の特例≫の適用について
  61. ゴルフ場について会社更生法の申立てがあった場合のゴルフ会員権に対する貸倒引当金の計上
  62. 準備金の差額積立て等
  63. 私的整理手続により弁済期限を延長した金銭債権に係る貸倒引当金の取扱い
  64. ゴルフ会員権が金銭債権に転換する時期
  65. 貸倒引当金の繰入対象となる個別評価金銭債権の範囲について(法人預金者の有する預金の該当性)
  66. 保証機関による保証のある長期棚上げ債権に対する貸倒引当金の繰入れ
  67. 輸入貿易手形借入金の期限延長
  68. 相続財産に含まれる株式が未分割である場合の使用人兼務役員の判定
  69. 税理士法人の社員に係る使用人兼務役員への該当性
  70. 定期給与の額を改定した場合の損金不算入額(定期同額給与)
  71. 役員の分掌変更に伴う増額改定(定期同額給与)
  72. 解散後引き続き役員として清算事務に従事する者に支給する退職給与
  73. 勤続年数の打切りに伴う退職給与の一部打切支給
  74. 過大役員給与の判定基準
  75. 利益に関する指標の数値が確定した時期(利益連動給与)
  76. 「事前確定届出給与に関する届出書」を提出している法人が特定の役員に当該届出書の記載額と異なる支給をした場合の取扱い(事前確定届出給与)
  77. 定期給与の増額改定に伴う一括支給額(定期同額給与)
  78. 役員に対する歩合給(定期同額給与)
  79. 定めどおりに支給されたかどうかの判定(事前確定届出給与)
  80. 職務執行期間の中途で支給した事前確定届出給与(事前確定届出給与)
  81. 確定額を限度としている算定方法(利益連動給与)
  82. 算定方法の内容の開示(利益連動給与)
  83. B県南部地震災害たすけあい義援金等に係る取扱い
  84. 地方公共団体に対して中古資産であるパソコンを寄附した場合(1)
  85. 地方公共団体に対して中古資産であるパソコンを寄附した場合(2)
  86. 合理的な整理計画又は再建計画とは
  87. 子会社等の範囲(1)
  88. 子会社等の範囲(2)
  89. 経営危機に陥っていない子会社等に対する支援
  90. 債務超過の状態にない債務者に対して債権放棄等をした場合
  91. 支援者にとって損失負担等を行う相当な理由
  92. 損失負担(支援)額の合理性
  93. 再建管理等の必要性と方法
  94. 支援者の範囲の相当性
  95. 関係者が複数いる場合の支援者の範囲(例えば1社支援の場合)の相当性
  96. 債務超過である子会社が行う支援等についての経済合理性
  97. 損失負担(支援)割合の合理性
  98. 支援者が複数いる場合の損失負担(支援)割合の合理性
  99. 支援者によって支援方法が異なる場合
  100. 大口の債権者(親会社)だけでなく一般の(小口)債権者も債権放棄する場合
  101. 利害の対立する複数の支援者の合意により策定された再建計画
  102. 支援者が極少数である場合の支援者の合意
  103. 子会社等の合併・営業譲渡が予定されている再建計画の相当な理由の検討
  104. 当期において累積欠損金を抱えることとなる子会社に対する支援
  105. 不確定なままの再建計画に基づく要支援額の合理性
  106. 被支援者に対する要支援額の算定
  107. 被支援者による自己努力の方法
  108. 再建管理の有無
  109. 支援方法が異なる場合の支援者の範囲の相当性
  110. 再建計画の策定中にやむを得ず行う支援の合理性
  111. 親会社が毎期行う貸付債権の一部放棄による経済的利益の供与
  112. 経営権の譲渡に伴う債権放棄による経済的利益の供与
  113. 完全支配関係にある内国法人間の支援損について
  114. 特定調停において弁済期限の延長等が行われた場合
  115. 貸倒損失に該当する債権放棄(特定調停)
  116. 法人税基本通達9−6−1(3)ロに該当する貸倒損失(特定調停)
  117. 法人税基本通達9−6−1(4)に該当する貸倒損失(特定調停)
  118. 債権放棄を受けた場合の法人税法第59条第2項の規定の適用の有無の検討(特定調停)
  119. 特定調停において将来の利率の引下げが行われた場合
  120. 特定調停において利息の棚上げが行われた場合
  121. 特定調停の「経済的合理性」と法人税基本通達の「相当な理由」との関係
  122. 債務者は「子会社等」に該当するか(特定調停)
  123. 特定調停事案における支援者の範囲の相当性、支援割合の合理性
  124. 特定調停における法人債務者の法人税法上の留意点
  125. 特定調停により債権放棄を受けた場合の一般的な取扱い
  126. 貸倒れに該当しない債権放棄の検討
  127. 民事再生法の法的整理に準じた私的整理とは
  128. 企業再生税制の対象となる私的整理とそれ以外の私的整理における税務上の取扱いの違い
  129. 交際費等の範囲(接待を受けるためのタクシー代)
  130. 講師給食費
  131. 交際費等の範囲(販売代理店等の従業員の健康診断費用)
  132. 創立100周年に当たって元従業員に支給する記念品
  133. 公益財団法人の交際費課税上の資本又は出資の額
  134. 更生手続中における貸倒損失
  135. 代理店契約の破棄を理由に支払拒絶を受けている債権
  136. 第三者に対して債務免除を行った場合の貸倒れ
  137. 担保物がある場合の貸倒れ
  138. 保証人がいる場合の貸倒れ
  139. 通信販売により生じた売掛債権の貸倒れ
  140. 地方税の予納額の損金算入時期
  141. 中間納付事業税の還付金
  142. 退職金共済掛金等の損金算入
  143. 解約返戻金のない定期保険の取扱い
  144. 住宅瑕疵担保責任保険の保険料等に係る税務上の取扱い
  145. 容器包装リサイクル法に基づき特定事業者が指定法人に支払う再商品化委託料の取扱いについて
  146. 臨海工業地帯の赤松枯損被害に関する企業負担金
  147. 改正容器包装リサイクル法に基づき特定事業者が指定法人に支払う拠出委託料の取扱いについて
  148. 全国団体傘下の異なる組織(県団体)の構成員に対する災害見舞金に充てるための分担金に係る法人税法上の取扱いについて
  149. 工場周辺の住民のためにテレビの共聴アンテナを設置する費用
  150. 道路用地の無償譲渡
  151. 地方博覧会における出展参加費用等
  152. 外国の地方公共団体が課す罰金について
  153. 非常用食料品の取扱い
  154. ゴルフ会員権が分割された場合の取扱い
  155. ゴルフ会員権の預託金の一部が返還された場合の取扱い
  156. ゴルフ会員権の預託金の一部が切り捨てられた場合の取扱い
  157. 事業者がISO9000を取得するために審査登録機関に支払う手数料の税務上の取扱いについて
  158. 「プライバシーマーク」の使用許諾を受けるまでの費用等の税務上の取扱いについて
  159. 宗教法人が行うテレホンカードの販売
  160. 宗教法人の貸付土地の更新料収入
  161. 事務処理の委託を受ける業の範囲(団体保険に関する事務)
  162. 医療保健業の範囲(予防接種)
  163. 医療保健業の範囲(健康診断等)
  164. スタンプ販売業に係る収益事業判定
  165. 公益法人が他の公益法人に土地を無償で貸し付けた場合の収益事業判定
  166. 事務処理の委託を受ける業の範囲(保険請求事務)
  167. 非課税となるオープン病院等
  168. 医療保健業の範囲(休日・夜間診療)
  169. マンション管理組合が携帯電話基地局の設置場所を貸し付けた場合の収益事業判定
  170. 団地管理組合等が行う駐車場の収益事業判定
  171. (一財)△△△協会が行う金銭の貸付業の収益事業の判定
  172. 収益事業から非収益事業に係る指定寄附金として振り替えた場合の取扱いについて
  173. 特定非営利活動促進法により設立されたNPO法人の法人税法上の取扱い
  174. 実費弁償方式の判定における退職給与積立預金等の取扱い
  175. 一定の水準を満たすものとして地方公共団体の証明を受けた認可外保育施設において公益法人等が行う育児サービス事業に係る収益事業の判定
  176. 会計監査人設置会社において留保金課税制度の適用がある場合の留保金額の計算について
  177. いわゆる税引手取契約の場合の外国税額控除の適用
  178. 外国税額控除における国外所得の範囲
  179. 株式交換により取得した株式の所得税額控除(法法68)の計算における所有期間の取扱い
  180. 生産性向上設備投資促進税制(租税特別措置法第42条の12の5)の適用対象資産について供用事業年度後の事業年度に国庫補助金等の圧縮記帳制度の適用を受ける場合の取得価額の取扱い
  181. 生産性向上設備投資促進税制(租税特別措置法第42条の12の5)の対象設備であることについての証明書を取得するため工業会等に対して支払った発行手数料の取扱いについて
  182. 仮決算中間申告における事業所税の未払金計上
  183. 仮決算中間申告における前期末の貸倒引当金等の益金算入の要否
  184. 仮決算中間申告と特定資産の買換えの場合の圧縮記帳
  185. 法人税の中間(予定)税額の算出方法について
  186. 配当権利落後の売却株式に係る受取配当金等
  187. 外国子会社配当益金不算入制度の対象となる剰余金の配当等の額の範囲について
  188. 収用事業の施行に伴い残地上の施設の撤去新設をした場合の取扱い
  189. 公益法人等が普通法人に移行した場合の法人税の取扱い(特例民法法人)
  190. 売買とされるPFI事業について(法人税の取扱い)
  191. 租税特別措置法第67条の15《投資法人に係る課税の特例》の適用における投資法人が行う投資口の払戻しに伴うみなし配当の取扱いについて
  192. 公益法人等が普通法人に移行する場合の法人税の取扱い(累積所得金額の計算における負債の帳簿価額)
  193. 特別償却の適用を受ける機械の引取運賃、据付費
  194. 中小企業者等が機械等を取得した場合の特別償却の対象となる中小企業者の範囲
  195. 倉庫用建物等の割増償却制度における青色申告法人要件
  196. 租税特別措置法第42条の6の対象となる車両運搬具の範囲について
  197. 中小企業者等が取得をした医療機器の中小企業投資促進税制(租税特別措置法第42条の6)の適用について
  198. 所有する機械装置に資本的支出を行った場合の当該資本的支出に係る中小企業投資促進税制(措法42の6)の適用について
  199. 環境関連投資促進税制の適用対象資産を2以上取得した場合の特別償却と税額控除の選択適用
  200. 指定事業とその他の事業とに共通して使用される機械及び装置を取得した場合の震災特例法第17条の2の適用の可否
  201. 中小企業者等が取得をした貨物運送用の小型自動車の中小企業投資促進税制(租税特別措置法第42条の6)の適用について
  202. 中小企業投資促進税制(租税特別措置法第42条の6)の特定生産性向上設備等の判定について
  203. 国際戦略総合特別区域において建物を取得しその一部を貸付けの用に供した場合の特別償却
  204. 生産性向上設備投資促進税制(租税特別措置法第42条の12の5)の適用対象資産について(リース資産)
  205. 生産性向上設備投資促進税制(租税特別措置法第42条の12の5)の適用対象資産を2以上取得した場合の特別償却と税額控除の選択適用
  206. 租税特別措置法第42条の4に規定する中小企業者について(投資事業有限責任組合が出資する法人)
  207. いわゆる屋根貸し事業における環境関連投資促進税制(租税特別措置法第42条の5)の適用について
  208. 生産性向上設備等を段階的に事業の用に供した場合の生産性向上設備投資促進税制(租税特別措置法第42条の12の5)の適用について
  209. 一部を自社使用し、一部を賃貸の用に供している建物に設置したエレベーターの生産性向上設備投資促進税制(租税特別措置法第42条の12の5)の適用について
  210. 同一の土地が異なる収用事業のため買い取られた場合の取扱い
  211. 収用等の場合の代替資産の範囲(海外資産)
  212. 収用等の場合の代替資産の範囲(先行取得資産)
  213. 経費補償金等の仮勘定経理の特例
  214. 換地処分の場合の圧縮記帳の経理等
  215. 事業計画の変更による再度の漁業補償金について5,000万円控除の特例の適用の可否
  216. 賦課金の運用による付随収入の仮受経理
  217. 事業分量配当の対象となる剰余金
  218. 社会保険診療報酬とその他の収入とがある場合の共通経費(利子)の計算
  219. 社会保険診療に係る経費の額(寄附金の損金不算入額)
  220. 社会保険診療報酬の特例計算
  221. 法人税法施行令第119条第1項第4号に規定する「他の株主等に損害を及ぼすおそれがある場合」について
  222. 株価が50%相当額を下回る場合における株価の回復可能性の判断基準について
  223. 評価損を計上した上場株式の時価が翌期に回復した場合の遡及是正について
  224. 恒久的施設を有しない外国法人が受領する銀行借入保証料
  225. 恒久的施設を有する外国法人の未収利息に係る所得税額控除
  226. 米国LLCに係る税務上の取扱い
  227. 確定申告書の提出期限の延長特例法人に係る無申告加算税
  228. 復興特別法人税の期限後申告に係る加算税の取扱い
  229. 資本関係がグループ内で完結している場合の完全支配関係について
  230. 事業関連性要件における相互に関連するものについて
  231. 特定役員引継ぎ要件
  232. 事業規模要件における「これらに準ずるもの」
  233. 持株会社と事業会社が合併する場合の事業関連性の判定について
  234. 分割後に分割承継法人が上場する場合の株式継続保有要件について
  235. 共同事業要件の場合の株式継続保有要件について
  236. 分割後に分割法人が解散することが予定されている場合における適格要件の判定について(共同事業要件)
  237. 新設合併の登記が遅れた場合の取扱いについて
  238. 特定役員引継ぎ要件(みなし役員)の判定
  239. 現物出資と金銭出資が同時に行われる場合の適格判定
  240. 株式移転における特定役員継続要件の判定
  241. 一般財団法人間の合併に対する適格判定における「事業関連性要件」の判定
  242. 一般財団法人間において適格合併を行った場合の青色欠損金額の引継ぎ
  243. 株式の保有関係が変更している場合の青色欠損金額の引継ぎ
  244. 合併が行われた場合の棚卸資産の評価方法(合併法人の評価方法に合わせる場合)
  245. 適格合併により移転を受けた減価償却資産に係る耐用年数
  246. 無対価合併に係る適格判定について(株主が個人である場合)
  247. いわゆる「三角合併」に係る適格要件について
  248. いわゆる「三角合併」に係る具体的な適格判定について
  249. いわゆる「三角合併」において被合併法人の株主に交付される合併親法人株式について
  250. いわゆる「三角合併」において端数調整金が支払われる場合の適格判定等について
  251. いわゆる「三角合併」における合併法人が保有する親法人株式に係る課税関係について
  252. いわゆる「三角合併」に係る被合併法人の株主における課税関係について
  253. 合併対価が交付されない合併(無対価合併)に係る適格判定について
  254. 単独新設分割における「同一の者による完全支配関係」の判定について
  255. 分割対価資産が交付されない分割型分割に係る適格判定について
  256. いわゆる「三角株式交換」に係る適格要件について
  257. 適格現物分配による資本の払戻しを行った場合の税務上の処理について
  258. いわゆる「三角合併」において端数調整金の交付を受けた被合併法人の株主における課税関係について
  259. いわゆる「三角分割(分社型分割)」に係る適格要件について
  260. いわゆる「三角分割(分割型分割)」に係る適格要件について
  261. 株式交換契約の承認を受けるための株主総会の日に任期満了に伴い取締役が退任した場合の特定役員継続要件について
  262. 被合併法人から引継ぎを受ける未処理欠損金額に係る制限の適用除外について
  263. いわゆる「三角株式交換」に係る具体的な適格判定について
  264. いわゆる「クロスボーダーの三角合併」により外国親法人株式の交付を受ける場合の課税関係
  265. 法人が解散した場合の設立当初からの欠損金額の損金算入制度(法法59)における「残余財産がないと見込まれるとき」の判定について
  266. 完全支配関係のある法人間でリース取引を行った場合の譲渡損益の計上について
  267. 連結法人間の寄附の取扱い(連結法人税の個別帰属額)

項目別に質疑応答事例を調べる

当コンテンツは、国税庁ホームページ利用規約に基づき、国税庁:質疑応答事例のデータを利用して作成されています。


戦略的に節税するための無料ツール

一括節税計算機
※所得を入力して、税目別に税額を一括比較する
所 得万円 *必須
減少額万円 *任意  設定  消去
[対応税目]*法人税*所得税*消費税*相続税*贈与税*利子所得*配当所得*給与所得*退職所得*譲渡所得(土地)*譲渡所得(株式)*譲渡所得(総合)*一時所得*雑所得(年金)*雑所得(FX等)

*ご利用にあたっては利用規約を必ずご確認ください

このページを他の人に教える


ご意見ご要望をお聞かせ下さい

 過去のご意見ご要望については、ご意見ご要望&回答一覧で確認できます。

利用規約をお読み下さい

 本サイトのご利用にあたっては利用規約を必ずお読み下さい。

広告を募集しています

 本サイトでは掲載していただける広告を募集しております。詳しくは広告掲載をご覧ください。
新着情報 RSS
02/14 所得税の延納(利子税)で節税
02/22 役員報酬(事前確定届出給与)で節税
02/19 不動産(再建築費評点基準表)で節税
01/20 個人型401Kプラン(確定拠出年金)で節税
01/19 NISA(少額投資非課税制度)で節税
新着情報を見る
節税対策ブログ
02/22 所得税確定申告で誤りの多い事例とは
02/02 クレジットカードポイント等の税務処理
02/01 ふるさと納税特産品と株主優待の税務処理
01/18 節税と脱税と租税回避行為の境界
01/13 給与所得控除の段階的縮小
節税対策ブログを見る
アクセス数
今日:641
昨日:697
ページビュー
今日:1,163
昨日:1,326

ページの先頭へ移動