最速節税対策

No.6496 仕入税額控除をするための帳簿及び請求書等の保存|消費税

[ No.6496 仕入税額控除をするための帳簿及び請求書等の保存]に関するタックスアンサー。

タックスアンサー(国税庁)

[平成27年4月1日現在法令等]

 仕入税額控除の適用を受けるためには、課税仕入れ等の事実を記載した帳簿及び請求書等の両方を保存する必要があります(注)。
 なお、取引の実態を踏まえ、税込みの支払額が30,000円未満の場合には、請求書等の保存を要せず、法定事項が記載された帳簿の保存のみでよいこととされています。
 また、税込みの支払額が30,000円以上であっても請求書等の交付を受けなかったことにつきやむを得ない理由がある場合には請求書等の保存がなくても仕入税額控除ができますが、この場合には、法定事項を記載した帳簿にそのやむを得ない理由及び相手方の住所又は所在地を記載しなければならないこととされています。
 また、課税仕入れの事実を記載した帳簿、請求書等はその閉鎖又は受領した日の属する課税期間の末日の翌日から2か月を経過した日から7年間保存することとされていますが、6年目と7年目については、いずれか一方を保存すればよいこととされています。

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobeのダウンロードサイトからダウンロードしてください。

(消法30、消令49、50、消規15の3、消基通11-6-2〜7)

参考: 関連コード

出典

国税庁ホームページ http://www.nta.go.jp/taxanswer/shohi/6496.htm

関連するタックスアンサー(消費税)

  1. No.6305 商品の安売りや下取りがあるとき
  2. No.6137 課税期間
  3. No.6233 学校の授業料や入学検定料
  4. No.6917 交際費等の損金不算入額を算出する場合における消費税等の取扱い
  5. No.6301 課税標準
  6. No.6459 出張旅費、宿泊費、日当、通勤手当などの取扱い
  7. No.6225 地代、家賃や権利金、敷金など
  8. No.6630 やむを得ない事情により課税事業者選択届出書等の提出が間に合わなかった場合
  9. No.6245 有価証券の先物取引
  10. No.6229 商品券やプリペイドカードなど
  11. No.6153 役務の提供の具体例
  12. No.6145 資産の譲渡の具体例
  13. No.6417 課税売上割合に準ずる割合
  14. No.6496 仕入税額控除をするための帳簿及び請求書等の保存
  15. No.6261 建物賃貸借契約の違約金など
  16. No.6209 非課税と不課税の違い
  17. No.6253 キャンセル料
  18. No.6241 売掛債権とは別に請求する利子
  19. No.6163 リース取引についての消費税の取扱いの概要
  20. No.6121 納税義務者

項目別にタックスアンサーを調べる

当コンテンツは、国税庁ホームページ利用規約に基づき、国税庁:タックスアンサーのデータを利用して作成されています。


一括節税計算機
※所得を入力して、税額を一括比較
所 得万円 *必須
減少額万円 *任意  設定  消去
[対応税目]*法人税*所得税*消費税*相続税*贈与税*利子所得*配当所得*給与所得*退職所得*譲渡所得(土地)*譲渡所得(株式)*譲渡所得(総合)*一時所得*雑所得(年金)*雑所得(FX等)

*ご利用にあたっては利用規約を必ずご確認ください

メニュー
ホーム
カテゴリ
人気ページ
新着情報
サイトマップ
節税対策ブログ

このページを他の人に教える


ご意見ご要望をお聞かせ下さい

 過去のご意見ご要望については、ご意見ご要望&回答一覧で確認できます。

利用規約をお読み下さい

*ご利用にあたっては「利用規約」を必ずお読み下さい。

広告を募集しています

掲載していただける広告を募集しております。詳しくは広告掲載をご覧ください。
HOME

*ページの先頭へ移動
(c) MAバンク 2015-2024