最速節税対策

土地と立木付き土地の交換をした場合|譲渡所得

[土地と立木付き土地の交換をした場合]に関する質疑応答事例。

質疑応答事例(国税庁)

【照会要旨】

1 甲が土地、乙が立木付き土地をそれぞれ交換資産として交換契約を行った場合、乙の立木は、交換差金となるのでしょうか。

2 甲、乙が土地の交換を行いました。交換契約書上、交換物件は、双方とも土地とのみ表示されていますが、乙の土地上には立木があります。この場合、立木は交換差金として取り扱うべきですか。

【回答要旨】

1 交換差金になります。

2 立木が客観的価値を有するものであり、契約書には表示されていなくても交換の対象になっているものと認められる場合は交換差金というべきです。
 ただし、立木が客観的にも無価値に近いものであり、交換の対象として認識されていないと認められる場合には、交換差金として取り扱わなくて差し支えありません。

【関係法令通達】

 所得税法第58条

注記
 平成27年7月1日現在の法令・通達等に基づいて作成しています。
 この質疑事例は、照会に係る事実関係を前提とした一般的な回答であり、必ずしも事案の内容の全部を表現したものではありませんから、納税者の方々が行う具体的な取引等に適用する場合においては、この回答内容と異なる課税関係が生ずることがあることにご注意ください。

出典

国税庁ホームページ https://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/shitsugi/joto/10/07.htm

関連する質疑応答事例(譲渡所得)

  1. 寄附株式の分割により取得した新株を譲渡した場合
  2. エンジェル税制の適用対象となる株式会社と特例有限会社
  3. 特掲事業の施設と特掲事業以外の施設が併設される場合
  4. 特定の民間宅地造成事業に係る1,500万円控除と租税特別措置法第31条の2との適用関係
  5. 売建て方式により住宅を建設した場合(16号)
  6. 財産分与に伴う譲渡損失の他の土地譲渡益との通算
  7. 店舗併用住宅を譲渡して保証債務を履行した場合の譲渡所得の金額の計算
  8. 土地区画整理事業の換地処分により清算金を取得した場合
  9. 2棟の建築物を建築する場合の建築面積及び施行地区面積の判定(10号)
  10. 遠隔地に所在する不動産を社会福祉法人に寄附した場合
  11. 河川法第24条の規定に基づく土地占用権
  12. 仮換地指定の変更があった場合の「仮換地指定があった日」の判定(16号)
  13. 違約金を支払って建築請負契約を破棄し、土地を他に譲渡した場合の譲渡費用
  14. 一定期間内に買換資産の一部を贈与した場合における居住用財産の買換えの特例
  15. 自己所有不動産を落札した場合の譲渡所得の課税
  16. 生計を一にする親族の居住の用に供していた家屋を譲渡した場合の租税特別措置法関係通達31の3-6(4)の取扱い
  17. 租税特別措置法第31条の2と租税特別措置法第33条の4との適用関係
  18. 新聞販売権の譲渡
  19. 土石の採取をする土地を譲渡した場合
  20. 建物の交換に伴い相互に借地権を設定し合った場合

項目別に質疑応答事例を調べる

当コンテンツは、国税庁ホームページ利用規約に基づき、国税庁:質疑応答事例のデータを利用して作成されています。


一括節税計算機
※所得を入力して、税額を一括比較
所 得万円 *必須
減少額万円 *任意  設定  消去
[対応税目]*法人税*所得税*消費税*相続税*贈与税*利子所得*配当所得*給与所得*退職所得*譲渡所得(土地)*譲渡所得(株式)*譲渡所得(総合)*一時所得*雑所得(年金)*雑所得(FX等)

*ご利用にあたっては利用規約を必ずご確認ください

メニュー
ホーム
カテゴリ
人気ページ
新着情報
サイトマップ
節税対策ブログ

このページを他の人に教える


ご意見ご要望をお聞かせ下さい

 過去のご意見ご要望については、ご意見ご要望&回答一覧で確認できます。

利用規約をお読み下さい

*ご利用にあたっては「利用規約」を必ずお読み下さい。

広告を募集しています

掲載していただける広告を募集しております。詳しくは広告掲載をご覧ください。
HOME

*ページの先頭へ移動
(c) MAバンク 2015-2021