一時所得で節税
税制優遇措置のある一時所得で節税する。一時所得の税額計算や、法人からの贈与、ふるさと納税の特産品について。

通知処分取消請求事件|平成19(行ウ)15

[所得税法][譲渡所得][租税特別措置法][国税通則法]に関する行政事件裁判例(裁判所)。

行政事件裁判例(裁判所)

平成20年5月16日 [所得税法][譲渡所得][租税特別措置法][国税通則法]

判示事項

それまで認められていた土地建物等の譲渡損失を他の所得の金額から控除することを廃止する旨を定める租税特別措置法31条1項後段の規定(平成16年4月1日施行)を同年1月1日以後に行う譲渡について適用する旨を定める同法附則27条1項の規定が遡及立法に当たり,憲法84条に違反するとしてした,所得税の更正請求に係る更正をすべき理由がない旨の通知処分の取消請求が,棄却された事例

裁判要旨

それまで認められていた土地建物等の譲渡損失を他の所得の金額から控除することを廃止する旨を定める租税特別措置法31条1項後段の規定(平成16年4月1日施行)を同年1月1日以後に行う譲渡について適用する旨を定める同法附則27条1項の規定が遡及立法に当たり,憲法84条に違反するとしてした,所得税の更正請求に係る更正をすべき理由がない旨の通知処分の取消請求につき,租税法規について安易に遡及立法を認めれば,租税に関する一般国民の予測可能性を奪い,法的安定性を害することになることから,同条は,特段の合理性が認められない限り遡及立法は許されないことを保障していると解されるとした上,遡及立法が禁止の対象とする行為は,過去の事実や取引を課税要件とする新たな租税を創設し,あるいは過去の事実や取引から生じる納税義務の内容を納税者の不利益に変更する行為であるところ,所得税を納付する義務は国税通則法15条2項1号により暦年の終了の時に成立し,納付すべき税額は所得税法120条により原則として確定申告の手続により確定し,損益通算は,年間における総所得金額等を計算する際に譲渡所得等の計算上の損失額を他の各種所得の金額から控除するものであって,個々の譲渡の段階において適用されるものではなく,対象となる譲渡所得の計算は,所得税法33条3項により1暦年を単位とした期間で把握されるものであり,個々の譲渡の都度されるものではないことからすると,前記租税特別措置法附則27条1項は遡及立法には該当しない上,同項の立法目的は,土地取引の活性化と株式取引等との不均衡是正の見地から,従来認められていた合理的とはいえない損益通算の制度の廃止等と長期譲渡所得税率引下げをパッケージとして,できるだけ早期に実施する必要があったことに加えて,これらの実施を翌年度まで遅らせれば,その間に節税をねらいにした不当な低価による土地取引が横行しかねず,これが資産デフレをもたらすとの懸念によるものであり,同項を含む同法の立法目的は正当なものであるといえ,また,前記損益通算の廃止は,使用収益に応じた適切な価格による土地取引を促進し,収益性の高い土地の流動性を高めて土地市場を活性化させることにより土地価格の下落に歯止めがかかることを期待したものであるから,合理性を有するものといえ,さらに,前記資産デフレの助長が現実味を帯びていたことなどからすると,同法をその成立,施行前に遡って適用する合理性及び必要性も肯定することができ,その公益性と納税者にもたらされる不利益とを比較した場合,明らかに納税者の不利益が上回るとはいえず,同項の内容が立法目的に照らして著しく不合理であるということはできないから,同項は憲法84条に違反しないとして,前記請求を棄却した事例
裁判所名
千葉地方裁判所
事件番号
平成19(行ウ)15
事件名
通知処分取消請求事件
裁判年月日
平成20年5月16日
分野
行政
全文
全文(PDF)
裁判所:行政事件裁判例
通知処分取消請求事件|平成19(行ウ)15

関連するカテゴリー

関連する裁決事例(所得税法>譲渡所得>租税特別措置法>国税通則法)

  1. 租税特別措置法第35条の居住用財産の譲渡所得の特別控除の適用を受ける旨の確定申告書を提出した者が、その後に、住宅取得等特別控除の適用を受けるため、居住用財産の譲渡所得の特別控除の適用を受けない旨の修正申告書を提出することは認められないとした事例
  2. 課税仕入れに係る支払対価の額に翌課税期間に納品されたパンフレット等の制作費を含めたことについて、隠ぺい仮装の行為はないとした事例
  3. 贈与税についての主たる課税処分について、その連帯納付義務者に不服申立適格があるとした事例
  4. 更正の後、租税特別措置法第37条の2“特定の事業用資産の買換えの場合の更正の請求、修正申告等”第2項に基づき、いわゆる義務的修正申告をした場合、当該更正に対する不服申立ての利益は失われるとした事例
  5. 異議申立て時には存在していなかった処分が、異議決定までになされた場合には、その時点で異議申立ての対象とされた「処分」が存在するに至ったのであるから、それ以降、当該異議申立ては適法なものとなり、異議申立て固有の瑕疵は治癒されたものと解するのが相当であるとした事例(売却決定処分、公売公告・棄却、却下・平成27年12月1日裁決)
  6. 還付申告書の提出による還付金を受け取っていない場合であっても、修正申告により還付金の額に相当する税額が減少する場合は過少申告加算税賦課の対象になるとした事例
  7. 破産法人がその取締役の滞納国税のために破産宣告前にした納税保証は、適法有効な担保提供手続(保証契約)によるものであり、破産手続の開始によって何らの影響も受けないとした事例
  8. 小学校6年生の子が受領した通知書の送達は有効であるとした事例
  9. 債権差押処分に対して、被差押債権が請求人に帰属しないことを理由とする審査請求は、原処分の取消しを求めることに法律上の利益を有しないとして却下した事例
  10. 国税犯則取締法に基づく調査に違法性はなく、この調査により収集した資料を基礎とした課税処分は適法であるとした事例
  11. 年末調整を受けた給与所得者が、扶養親族に該当しない親族を給与等の支払者に扶養親族として届出て扶養控除の適用を受けていた場合において、当該給与所得者は納税申告書を提出する義務のある者には該当しないから、扶養控除を否認する決定処分は違法であるとした事例
  12. 原処分庁の調査担当職員が請求人の消費税に係る経理処理を是正しなかったとしても、国税通則法第65条第4項及び第66条第1項ただし書に規定する「正当な理由」に当たらないとした事例
  13. いわゆる「つまみ申告」が国税通則法第68条第1項に規定する隠ぺい仮装行為に該当するとした事例
  14. 被相続人名義の普通預金等の存在を承知した上で、税理士にこれらに相当する金額を含めて納付すべき税額を計算させ、その後、同税理士から資料の提示を求められると、残高証明書等を所持していたにもかかわらず、ない旨の回答をし、本件預金等の存在を明らかにしないで本件確定申告書を作成、提出させた行為は、事実の隠ぺいに当たるとした事例
  15. 原処分は適法な調査手続に基づいて行われたものであり、違法は認められないとした事例
  16. 納税申告書をその法定申告期限に郵便ポストに投函して郵送したが、郵便の取り集め時間後であったため納税申告書の通信日付が翌日となり、期限後申告となった場合は、国税通則法第66条第1項ただし書に規定する「正当な理由」がないとした事例
  17. 委託売却による売却通知が処分に当たることを前提に、不服申立ての利益がないことを理由に審査請求を却下した事例(委託売却による売却通知処分・却下・平成27年4月8日裁決)
  18. 社会福祉法人に土地を贈与し、国税庁長官に租税特別措置法第40条の規定に基づく承認申請をした場合において、これに対する不承認通知が所得税の法定申告期限までになかったことが国税通則法第65条第4項に規定する正当な理由に該当しないと判断した事例
  19. 請求人が行った屋号による取引は仮名取引であり、当該取引を収入金額とせず過少に納税申告書を提出していた事実は、重加算税の賦課要件を満たすとした事例
  20. 滞納法人の破産管財人から債権譲渡の否認を求める訴訟が提起されたことは、国税通則法第77条第3項の「やむを得ない理由」には当たらないとした事例(譲渡担保権者の物的納税責任に関する各告知処分及び債権の各差押処分・却下・平成26年10月22日裁決)

※最大20件まで表示

税法別に税務訴訟事例を調べる

当コンテンツは著作権法第13条(権利の目的とならない著作物)の規定に基づき、国税不服審判所:公表裁決事例要旨裁判所:行政事件裁判例のデータを利用して作成されています。


戦略的に節税するための無料ツール

一括節税計算機
※所得を入力して、税目別に税額を一括比較する
所 得万円 *必須
減少額万円 *任意  設定  消去
[対応税目]*法人税*所得税*消費税*相続税*贈与税*利子所得*配当所得*給与所得*退職所得*譲渡所得(土地)*譲渡所得(株式)*譲渡所得(総合)*一時所得*雑所得(年金)*雑所得(FX等)

*ご利用にあたっては利用規約を必ずご確認ください

このページを他の人に教える


ご意見ご要望をお聞かせ下さい

 過去のご意見ご要望については、ご意見ご要望&回答一覧で確認できます。

利用規約をお読み下さい

 本サイトのご利用にあたっては利用規約を必ずお読み下さい。

広告を募集しています

 本サイトでは掲載していただける広告を募集しております。詳しくは広告掲載をご覧ください。
新着情報 RSS
01/29 生命保険で節税
02/08 所得税の延納(利子税)で節税
09/26 経営セーフティ共済で節税
02/22 役員報酬(事前確定届出給与)で節税
02/19 不動産(再建築費評点基準表)で節税
新着情報を見る
節税対策ブログ
02/13 所得税確定申告で誤りの多い12項目(2019年度版)
01/29 死亡退職金の受取人(役員退職慰労金規程と相続税)
02/22 所得税確定申告で誤りの多い事例とは
02/02 クレジットカードポイント等の税務処理
02/01 ふるさと納税特産品と株主優待の税務処理
節税対策ブログを見る
アクセス数
今日:505
昨日:545
ページビュー
今日:4,579
昨日:5,786

ページの先頭へ移動