法人の税額控除(研究開発)で節税
法人の税額控除(研究開発)で節税する。試験研究費や中小企業技術基盤強化税制に関する税額控除について。

更正処分等取消請求事件|平成7(行ウ)30

[青色申告][青色申告承認の取消し][所得税法][租税特別措置法]に関する行政事件裁判例(裁判所)。

行政事件裁判例(裁判所)

平成11年12月13日 [青色申告][青色申告承認の取消し][所得税法][租税特別措置法]

判示事項

1 税務署長が,所得税の青色申告者に対する税務調査に際し,被調査者が,帳簿書類の提示を拒否し,帳簿書類の備付け等が正しく行われていることを確認できなかったとして所得税法150条1項1号に基づいてした青色申告承認取消処分が,適法であるとされた事例
2 弁護士が不動産売却に関する委任契約に基づき受領した手数料等は,同売却にかかる代金受領及び登記手続が完了した時点の属する年分ではなく,同弁護士が同手数料等を受領した時点の属する年分の収入金額として計上すべきであるとされた事例
3 青色申告に係る所得税更正処分の取消訴訟において,処分理由の差替えが許されるとされた事例
4 鉄工所事業に供されていた土地を,鉄工所の経営者で前記土地の所有者でもある者の死亡後に譲渡した場合に,租税特別措置法(平成2年法律第13号による改正前)37条1項の適用が否定された事例

裁判要旨

1 税務署長が,所得税の青色申告者に対する税務調査に際し,被調査者が,帳簿書類の提示を拒否し,帳簿書類の備付け等が正しく行われていることを確認できなかったとして所得税法150条1項1号に基づいてした青色申告承認取消処分につき,所得税法は,青色申告者に対し,各種優遇措置を講ずる反面,帳簿書類の備付け等の義務を課しているところ,これは所得税に関する調査が行われる場合には税務署職員による帳簿書類の検査に応ずべきものとし,同調査において帳簿書類の備付け,記録又は保存が正しく行われていることが確認できない場合には,税務署長は青色申告の承認を取り消すことができるものとする趣旨と解されるが,税務署職員の行う全過程を通じて,税務署側が帳簿書類の備付け等の状況を確認するために社会通念上当然に要求される程度の努力を怠ったと認められるような場合には,青色申告承認の取消しは,税務署長に裁量権の濫用があるとして違法となると解するのが相当であるとした上,税務署職員が,前記被調査者に対し繰り返し帳簿等の提示を要請したにもかかわらず,被調査者が帳簿等の提示をしなかったことから,同職員が帳簿等の備付け,記録及び保存が正しく行われていることが確認できなかったものであり,税務署側が社会通念上当然に要求される程度の努力を怠ったともいえないとして,前記処分を適法とした事例
2 弁護士が不動産売却に関する委任契約に基づき受領した手数料につき,収入の原因となる権利が確定する時期については,それぞれの権利の特質を考慮し決定されるべきものであり,前記手数料のような人的役務の提供による収入については,その人的役務の提供を完了した日と解されるとした上,同売却に係る代金受領及び登記手続が完了した時点では,人的役務の提供が完了したとは認められず,他に的確な証拠が存しないから,同手数料等を受領した時点の属する年分の収入金額として計上すべきであるとした事例
3 青色申告に係る所得税更正処分の取消訴訟につき,課税処分の取消訴訟における実体上の審判の対象は,課税処分によって確定された税額の適否であり,課税処分によって確定された税額が処分時に客観的に存在した税額を上回っていないかどうかが審理されることから,課税庁は,処分時の認定理由に拘束されることなく,その後に発見,認識した事実に基づいてその課税根拠を主張できるというべきであり,更正,異議決定又は審査請求に対する裁決の段階で考慮されなかった事実を,処分を正当とする理由として,訴訟の段階にいたって新たに主張することは許されると解するとした上で,納税者の信頼を保護しなければ正義に反するといえるような信義則ないし禁反言の法理の適用の是非を考えるべき特別な事情も存在しないとして,処分理由の差替えは許されるとした事例
4 鉄工所事業に供されていた土地を,鉄工所の経営者で前記土地の所有者でもある者の死亡後に譲渡した場合につき,租税特別措置法(平成2年法律第13号による改正前)37条1項にいう事業用資産とは,営利を目的として自らの危険と計算において継続的に行う事業のために使用する資産をいい,原則として,資産が譲渡された当時,現実かつ継続的に事業の用に供されているものをいうと解すべきであるが,譲渡された当時,たまたま,現実に事業の用に供されていなかった場合であっても,事業継続の存在することが客観的に明白であって,譲渡の時点において未だ事業用資産としての性質を失っているものではないと認められるときは,前記事業用資産は,同項にいう事業用資産に当たるとした上,前記土地の譲渡時において,前記鉄工所は前記経営者の死亡に伴って営業停止状態にあり,経営者の相続人には鉄工所事業を継続する意思や能力があるとはいえず,前記土地を不動産貸付事業に供する予定であったとも認められないとして,同項の適用を否定した事例

 
裁判所名
神戸地方裁判所
事件番号
平成7(行ウ)30
事件名
更正処分等取消請求事件
裁判年月日
平成11年12月13日
分野
行政
全文
全文(PDF)
裁判所:行政事件裁判例
更正処分等取消請求事件|平成7(行ウ)30

関連するカテゴリー

関連する裁決事例(青色申告>青色申告承認の取消し>所得税法>租税特別措置法)

  1. 譲渡土地は平成元年から耕作放棄されているので、特定の事業用資産の買換特例の適用がないと認定した事例
  2. 租税特別措置法第58条の3第1項に規定する「新鉱床探鉱費の額」とは、現に支出した新鉱床探鉱費の額から新鉱床の探査のため受け入れた補助金の額に相当する金額を控除した額によるべきであるとした事例
  3. 現況が山林であり、宅建業法で定める報酬基準では採算が取れないという特殊状況にある仲介手数料については、土地譲渡益重課税の対象とすべきではないとの請求人の主張に対して、当該基準を適用した原処分は相当であるとした事例
  4. 請求人がしたビール券の引渡しは、相手方の氏名等を帳簿書類に記載していないことに相当の理由があるから、使途秘匿金の支出には当たらないとした事例
  5. 台帳価格のない土地の価額の算定に当たって、当該土地の売買価額を不動産の価額であるとした場合にも、当該価額に租税特別措置法第84条の3に規定する特例により100分の40を乗じた額によることができるとする法令上の規定はないから、当該土地の価額の算定に当たっては、分筆前の土地の価額の合計額に当該特例に基づき100分の40を乗じた額によるべきであるとした事例
  6. 土地の売買に関与した行為は仲介行為に当たるとしてその報酬について土地重課の規定を適用した事例
  7. 土地及び建物の一括譲渡契約において、その契約書の特約条項欄に土地及び建物の譲渡価額の記載があるとしても、本件建物の固定資産税の評価額が少額であって固定資産税も賦課されていないこと、本件建物の取得時及び譲渡時の取引先がいずれも本件建物の評価価値はない旨申述していること、請求人自ら確定申告において本件土地建物の取得価額を全額本件土地の原価の額としていること等から本件建物の譲渡価額は零円とするのが相当であるとした事例
  8. 租税特別措置法第37条の5の適用があるとした事例
  9. 居住の用に供していた当該家屋を遺産分割により取得した者は租税特別措置法69条の3第2項に規定する「所有家屋に居住したことがない者」に当たらず、また、遺言執行費用を課税価格の計算上控除することはできないとした事例
  10. 租税特別措置法第41条第1項及び租税特別措置法施行令第26条第2項に規定する建築の意義には増改築も含まれると解すべきであるから住宅借入金等特別控除の適用要件に該当するとの請求人の主張を排斥した事例
  11. 本件土地は既存家屋とともに取得したものとして、住宅借入金等特別控除の適用を受けていることから、本件土地の取得に係る借入金をその後に新築した本件家屋の取得に係る借入金に含めて住宅借入金等特別控除の適用を受けることはできないとした事例
  12. 支払仲介手数料の額は原価の額に含め、販売費及び一般管理費の額は法定割合で計算して課税土地譲渡利益金額を算出している場合には、実額配賦法を採用したとは認められないとした事例
  13. 特定口座内において受入非特定上場株式等を譲渡した場合におけるその取得価額は、実際の取得価額ではなく、みなし取得価額であるとした事例
  14. 代償金を支払って取得した相続土地を譲渡した場合の取得費の額に加算する相続税額の計算に当たり、当該代償金の額を圧縮した原処分は相当であるとした事例
  15. 賃貸用共同住宅と併設された居住用住宅部分について住宅取得控除の適用はないとした事例
  16. 請求人のパナマ子会社は特定外国子会社等であるから、同社の損失を直接請求人の所得金額の計算上合算して申告するのは相当でないとした事例
  17. 相続税の申告期限の翌日から2年を通過した日以後に譲渡された相続により取得した土地の譲渡所得について、租税特別措置法第39条の規定の適用は認められないとした事例
  18. クレーンに装着して使用されるリフティング・マグネットについて租税特別措置法第42条の7第1項の規定に基づく特別償却の適用があるとした事例
  19. 団地協同組合の脱退に際し土地の割当てを返還してその対価を得たことは土地重課制度における土地等の譲渡に該当するとした事例
  20. 被相続人の老人ホームへの入所は一時的なものとはいえないから、入所前に居住していた家屋の敷地は居住の用に供されていた宅地等には該当せず、小規模宅地等の特例の適用対象とはならないとした事例

※最大20件まで表示

税法別に税務訴訟事例を調べる

当コンテンツは著作権法第13条(権利の目的とならない著作物)の規定に基づき、国税不服審判所:公表裁決事例要旨裁判所:行政事件裁判例のデータを利用して作成されています。


戦略的に節税するための無料ツール

一括節税計算機
※所得を入力して、税目別に税額を一括比較する
所 得万円 *必須
減少額万円 *任意  設定  消去
[対応税目]*法人税*所得税*消費税*相続税*贈与税*利子所得*配当所得*給与所得*退職所得*譲渡所得(土地)*譲渡所得(株式)*譲渡所得(総合)*一時所得*雑所得(年金)*雑所得(FX等)

*ご利用にあたっては利用規約を必ずご確認ください

このページを他の人に教える


ご意見ご要望をお聞かせ下さい

 過去のご意見ご要望については、ご意見ご要望&回答一覧で確認できます。

利用規約をお読み下さい

 本サイトのご利用にあたっては利用規約を必ずお読み下さい。

広告を募集しています

 本サイトでは掲載していただける広告を募集しております。詳しくは広告掲載をご覧ください。
新着情報 RSS
01/29 生命保険で節税
02/08 所得税の延納(利子税)で節税
09/26 経営セーフティ共済で節税
02/22 役員報酬(事前確定届出給与)で節税
02/19 不動産(再建築費評点基準表)で節税
新着情報を見る
節税対策ブログ
02/13 所得税確定申告で誤りの多い12項目(2019年度版)
01/29 死亡退職金の受取人(役員退職慰労金規程と相続税)
02/22 所得税確定申告で誤りの多い事例とは
02/02 クレジットカードポイント等の税務処理
02/01 ふるさと納税特産品と株主優待の税務処理
節税対策ブログを見る
アクセス数
今日:124
昨日:1,171
ページビュー
今日:325
昨日:5,158

ページの先頭へ移動