借入金で節税
借入金で節税する。無税で資金調達して節税をはかる。役員借入金の活用と注意点、相続税対策(贈与や放棄、資本組入れ等)について。

No.4138 相続人が外国に居住しているとき |相続税

[ No.4138 相続人が外国に居住しているとき ]に関するタックスアンサー。

タックスアンサー(国税庁)

[平成27年4月1日現在法令等]

1 相続税の納税義務者

 相続などで財産を取得した時に外国に居住していて日本に住所がない人は、取得した財産のうち日本国内にある財産だけが相続税の課税対象になります。
 ただし、次のいずれかに該当する人が財産を取得した場合には、日本国外にある財産についても相続税の対象になります。

  1. 1 財産を取得したときに日本国籍を有している人で、被相続人又は財産を取得した人が被相続人の死亡した日前5年以内に日本国内に住所を有したことがある。
  2. 2 財産を取得したときに日本国籍を有していない人で、被相続人が日本国内に住所を有している。

(注)

  1. 1 上記1の場合は、平成27年7月1日以降に「国外転出時課税の納税猶予の特例(※)」の適用を受けていたときは、被相続人が死亡前5年を超えて日本国内に住所を有したことがなかったとしても、これに含まれる場合があります。
  2. ※ 国外転出時課税の納税猶予の特例のあらましについては、こちらをご覧ください。
  3. 2 留学や海外出張など一時的に日本国内を離れている人は、日本国内に住所があることになります。

 また、相続などで財産を取得していない場合でも、被相続人から生前に贈与を受けた財産について相続時精算課税の適用を受けている場合には、相続時精算課税の対象となった財産が相続税の課税対象になります。

(参考) 財産の所在

  財産の所在の判定は、次によります。

財産の所在の判定の表
財産の種類所在の判定
動産その動産の所在による。
不動産又は不動産の上に存する権利
船舶又は航空機
その不動産の所在による。
船籍又は航空機の登録をした機関の所在による。
鉱業権、租鉱権、採石権鉱区又は採石場の所在による。
漁業権又は入漁権漁場に最も近い沿岸の属する市町村又はこれに相当する行政区画による。
預金、貯金、積金又は寄託金で次に掲げるもの

(1)銀行、無尽会社又は株式会社商工組合中央金庫に対する預金、貯金又は積金

(2)農業協同組合、農業協同組合連合会、水産業協同組合、信用協同組合、信用金庫又は労働金庫に対する預金、貯金又は積金

その受入れをした営業所又は事業所の所在による。
生命保険契約又は損害保険契約などの保険金これらの契約を締結した保険会社の本店又は主たる事務所の所在による。
退職手当金等退職手当金等を支払った者の住所又は本店若しくは主たる事務所の所在による。
貸付金債権その債務者の住所又は本店若しくは主たる事務所の所在による。
社債、株式、法人に対する出資又は外国預託証券その社債若しくは株式の発行法人、出資されている法人、又は外国預託証券に係る株式の発行法人の本店又は主たる事務所の所在による。
合同運用信託、投資信託及び外国投資信託、特定受益証券発行信託又は法人課税信託に関する権利これらの信託の引受けをした営業所又は事業所の所在による。
特許権、実用新案権、意匠権、商標権等その登録をした機関の所在による。
著作権、出版権、著作隣接権これらの権利の目的物を発行する営業所または事業所の所在による。
上記財産以外の財産で、営業上または事業上の権利(売掛金等のほか営業権、電話加入権等)その営業所又は事業所の所在による。
国債、地方債国債及び地方債は、法施行地(日本国内)に所在するものとする。外国又は外国の地方公共団体その他これに準ずるものの発行する公債は、その外国に所在するものとする。
その他の財産その財産の権利者であった被相続人の住所による。

(相法1の3、2、10、21の14〜16、相令1の13、1の15、平27改正法附則34、相基通1の3・1の4共-5、1の3・1の4共-6、10-6)

参考: 関連コード

4105 相続税がかかる財産


Q 相続税の納税義務者の範囲等

  •  国税に関するご相談は、国税局電話相談センター等で行っていますので、税についての相談窓口をご覧になって、電話相談をご利用ください。
    ※ 下記の電話番号では、国税に関するご相談は受け付けておりません。

出典

国税庁ホームページ http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4138

関連するタックスアンサー(相続税)

  1. No.4409 贈与税の計算(相続時精算課税の選択をした場合)
  2. No.4303 年の中途に推定相続人となった場合の相続時精算課税の適用
  3. No.4148 非上場株式等についての相続税の納税猶予
  4. No.4117 相続税の課税対象になる死亡退職金
  5. No.4168 相次相続控除
  6. No.4302 贈与者が年の中途に死亡した場合の相続時精算課税の選択
  7. No.4161 贈与財産の加算と税額控除(暦年課税)
  8. No.4508 直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の非課税
  9. No.4176 遺言書の内容と異なる遺産分割をした場合の相続税と贈与税
  10. No.4164 未成年者の税額控除
  11. No.4120 弔慰金を受け取ったときの取扱い
  12. No.4305 相続時精算課税を選択する贈与税の申告書に添付する書類(贈与を受けた年に受贈者が死亡した場合)
  13. No.4158 配偶者の税額の軽減
  14. No.4307 贈与者が贈与をした年に死亡した場合の贈与税及び相続税の取扱い
  15. No.4214 相続税の物納
  16. No.4108 相続税がかからない財産
  17. No.4150 医療法人の持分についての相続税の納税猶予の特例
  18. No.4149 山林を相続した場合の納税猶予
  19. No.4205 相続税の申告と納税
  20. No.4111 交通事故の損害賠償金

項目別にタックスアンサーを調べる

当コンテンツは、国税庁ホームページ利用規約に基づき、国税庁:タックスアンサーのデータを利用して作成されています。


戦略的に節税するための無料ツール

一括節税計算機
※所得を入力して、税目別に税額を一括比較する
所 得万円 *必須
減少額万円 *任意  設定  消去
[対応税目]*法人税*所得税*消費税*相続税*贈与税*利子所得*配当所得*給与所得*退職所得*譲渡所得(土地)*譲渡所得(株式)*譲渡所得(総合)*一時所得*雑所得(年金)*雑所得(FX等)

*ご利用にあたっては利用規約を必ずご確認ください

このページを他の人に教える


ご意見ご要望をお聞かせ下さい

 過去のご意見ご要望については、ご意見ご要望&回答一覧で確認できます。

利用規約をお読み下さい

 本サイトのご利用にあたっては利用規約を必ずお読み下さい。

広告を募集しています

 本サイトでは掲載していただける広告を募集しております。詳しくは広告掲載をご覧ください。
新着情報 RSS
02/08 所得税の延納(利子税)で節税
09/26 経営セーフティ共済で節税
02/22 役員報酬(事前確定届出給与)で節税
02/19 不動産(再建築費評点基準表)で節税
01/20 個人型401Kプラン(確定拠出年金)で節税
新着情報を見る
節税対策ブログ
02/22 所得税確定申告で誤りの多い事例とは
02/02 クレジットカードポイント等の税務処理
02/01 ふるさと納税特産品と株主優待の税務処理
01/18 節税と脱税と租税回避行為の境界
01/13 給与所得控除の段階的縮小
節税対策ブログを見る
アクセス数
今日:348
昨日:569
ページビュー
今日:888
昨日:1,635

ページの先頭へ移動