非課税所得で節税
非課税所得を活用して節税する。給与所得・利子所得・配当所得・譲渡所得(株式等)・譲渡所得(総合課税)・雑所得(公的年金)・損害賠償金・他の法律の非..

消費税|DBタックスアンサー

[消費税]に関するタックスアンサー。

消費税(国税庁:タックスアンサー)

  1. No.6101 消費税のしくみ
  2. No.6105 課税の対象
  3. No.6109 事業者とは
  4. No.6113 「対価を得て行われる」の意義
  5. No.6117 課税の対象となる取引
  6. No.6118 国境を越えた役務の提供に係る消費税の課税の見直し等について
  7. No.6121 納税義務者
  8. No.6125 国内取引の納税義務者
  9. No.6129 共同企業体の納税義務
  10. No.6133 輸入する貨物の納税義務者
  11. No.6137 課税期間
  12. No.6141 納税義務の成立の時期
  13. No.6145 資産の譲渡の具体例
  14. No.6149 資産の貸付けの具体例
  15. No.6153 役務の提供の具体例
  16. No.6157 課税の対象とならないもの(不課税)の具体例
  17. No.6161 延払基準、工事進行基準を用いているとき
  18. No.6163 リース取引についての消費税の取扱いの概要
  19. No.6165 前受金や前払金などがあるとき
  20. No.6201 非課税となる取引
  21. No.6205 非課税と免税の違い
  22. No.6209 非課税と不課税の違い
  23. No.6210 国外取引
  24. No.6213 駐車場の使用料など
  25. No.6214 身体障害者用物品に該当する自動車
  26. No.6221 預金や貸付金の利子など
  27. No.6225 地代、家賃や権利金、敷金など
  28. No.6226 住宅の貸付け
  29. No.6229 商品券やプリペイドカードなど
  30. No.6233 学校の授業料や入学検定料
  31. No.6241 売掛債権とは別に請求する利子
  32. No.6245 有価証券の先物取引
  33. No.6249 ゴルフ会員権
  34. No.6253 キャンセル料
  35. No.6257 損害賠償金
  36. No.6261 建物賃貸借契約の違約金など
  37. No.6301 課税標準
  38. No.6303 消費税及び地方消費税の税率
  39. No.6305 商品の安売りや下取りがあるとき
  40. No.6313 たばこ税、酒税などの個別消費税の取扱い
  41. No.6317 個人事業者の自家消費の取扱い
  42. No.6321 法人の役員に対する贈与・低額譲渡の取扱い
  43. No.6325 為替差損益の取扱い
  44. No.6351 納付税額の計算のしかた
  45. No.6355 課税売上げと課税仕入れ
  46. No.6359 値引き、返品、割戻しなどを行った場合の税額の調整(売上げに係る対価の返還等)
  47. No.6363 値引き、返品、割戻しなどを行った場合の税額の調整(仕入れに係る対価の返還等)
  48. No.6367 貸倒れに係る税額の調整
  49. No.6371 端数計算
  50. No.6375 税抜経理方式又は税込経理方式による経理処理
  51. No.6383 課税標準額に対する消費税額の計算の特例
  52. No.6391 消費税額等の積上げによって仕入れに対する消費税額を計算するとき
  53. No.6401 仕入控除税額の計算方法
  54. No.6405 課税売上割合の計算方法
  55. No.6417 課税売上割合に準ずる割合
  56. No.6421 課税売上割合が著しく変動したときの調整
  57. No.6451 仕入税額の控除の対象となるもの
  58. No.6455 免税事業者や消費者から仕入れたとき
  59. No.6459 出張旅費、宿泊費、日当、通勤手当などの取扱い
  60. No.6463 寄附金や交際費の取扱い
  61. No.6467 会費や入会金の仕入税額控除
  62. No.6471 従業員の食事代の負担など
  63. No.6475 使用人の出向・人材派遣など
  64. No.6479 共同行事負担金
  65. No.6483 建設仮勘定の仕入税額控除の時期
  66. No.6487 未成工事支出金の仕入税額控除の時期
  67. No.6491 免税事業者が課税事業者となったとき
  68. No.6495 国、地方公共団体や公共・公益法人等に特定収入がある場合の仕入控除税額の調整
  69. No.6496 仕入税額控除をするための帳簿及び請求書等の保存
  70. No.6497 仕入税額控除のために保存する帳簿の記載内容
  71. No.6501 納税義務の免除
  72. No.6503 基準期間がない法人の納税義務の特例
  73. No.6505 簡易課税制度
  74. No.6509 簡易課税制度の事業区分
  75. No.6513 簡易課税制度の適用と経理処理
  76. No.6517 卸売業とされる事業
  77. No.6531 新規開業又は法人の新規設立のとき
  78. No.6551 輸出取引の免税
  79. No.6555 海外旅行者が出国に際して携帯する物品の輸出免税
  80. No.6559 外国人旅行者等が国外へ持ち帰る物品についての輸出免税
  81. No.6563 輸入取引
  82. No.6567 非居住者に対する役務の提供
  83. No.6601 申告と納税
  84. No.6602 相続で事業を引き継いだ場合の納税義務について
  85. No.6605 納付税額がないときの確定申告
  86. No.6609 中間申告の方法
  87. No.6611 任意の中間申告制度
  88. No.6613 免税事業者と仕入税額の還付
  89. No.6615 確定申告書等に添付することとなる書類
  90. No.6617 納税地
  91. No.6621 帳簿の記載事項と保存
  92. No.6625 請求書等の記載事項や発行のしかた
  93. No.6629 消費税の各種届出書
  94. No.6630 やむを得ない事情により課税事業者選択届出書等の提出が間に合わなかった場合
  95. No.6631 貸倒債権を回収したときの消費税額の計算
  96. No.6632 災害等により簡易課税制度の適用を受ける(受けることをやめる)必要が生じた場合
  97. No.6635 非居住者及び外国法人の申告・届出の方法
  98. No.6901 納付税額又は還付税額の経理処理
  99. No.6902 「総額表示」の義務付け
  100. No.6905 税抜経理と税込経理の選択適用(法人の場合)
  101. No.6909 税抜経理と税込経理の選択適用(個人の場合)
  102. No.6913 税抜経理と税込経理の併用と経理処理
  103. No.6917 交際費等の損金不算入額を算出する場合における消費税等の取扱い
  104. No.6921 控除できなかった消費税額等(控除対象外消費税額等)の処理
  105. No.6925 消費税等と印紙税
  106. No.6929 消費税等と源泉所得税及び復興特別所得税
  107. No.6931 消費税等と譲渡所得
  108. No.6950 社会保障と税の一体改革関係

項目別にタックスアンサーを調べる

当コンテンツは、国税庁ホームページ利用規約に基づき、国税庁:タックスアンサーのデータを利用して作成されています。


戦略的に節税するための無料ツール

一括節税計算機
※所得を入力して、税目別に税額を一括比較する
所 得万円 *必須
減少額万円 *任意  設定  消去
[対応税目]*法人税*所得税*消費税*相続税*贈与税*利子所得*配当所得*給与所得*退職所得*譲渡所得(土地)*譲渡所得(株式)*譲渡所得(総合)*一時所得*雑所得(年金)*雑所得(FX等)

*ご利用にあたっては利用規約を必ずご確認ください

このページを他の人に教える


ご意見ご要望をお聞かせ下さい

 過去のご意見ご要望については、ご意見ご要望&回答一覧で確認できます。

利用規約をお読み下さい

 本サイトのご利用にあたっては利用規約を必ずお読み下さい。

広告を募集しています

 本サイトでは掲載していただける広告を募集しております。詳しくは広告掲載をご覧ください。
新着情報 RSS
02/14 所得税の延納(利子税)で節税
02/22 役員報酬(事前確定届出給与)で節税
02/19 不動産(再建築費評点基準表)で節税
01/20 個人型401Kプラン(確定拠出年金)で節税
01/19 NISA(少額投資非課税制度)で節税
新着情報を見る
節税対策ブログ
02/22 所得税確定申告で誤りの多い事例とは
02/02 クレジットカードポイント等の税務処理
02/01 ふるさと納税特産品と株主優待の税務処理
01/18 節税と脱税と租税回避行為の境界
01/13 給与所得控除の段階的縮小
節税対策ブログを見る
アクセス数
今日:139
昨日:597
ページビュー
今日:380
昨日:1,594

ページの先頭へ移動