青色申告(法人税)で節税
青色申告(法人税)で節税する。青色申告の義務や白色申告との違い(メリット)について。

No.2737 役員等の勤続年数が5年以下の者に対する退職金|源泉所得税

[No.2737 役員等の勤続年数が5年以下の者に対する退職金]に関するタックスアンサー。

タックスアンサー(国税庁)

[平成27年4月1日現在法令等]

 退職所得の金額は、その年中に支払を受ける退職手当等の収入金額から、その者の勤続年数に応じて計算した退職所得控除額を控除した残額の2分の1に相当する金額とされていますが、役員等の勤続年数が5年以下の者に対する退職金のうち、その役員等の勤続年数に対応する部分については、この残額の2分の1とする措置はありません。

1 特定役員等とは

 特定役員等とは、役員等の勤続年数が5年以下である者をいいます。

 この場合の役員等とは、次に掲げる人をいいます。

  1.  法人の取締役、執行役、会計参与、監査役、理事、監事、清算人や法人の経営に従事している者で一定の者
  2.  国会議員や地方公共団体の議会の議員
  3.  国家公務員や地方公務員

 また、役員等の勤続年数とは、役員等として勤務した期間をもとに算定することとなっています。

(例) 役員勤続期間 4年3か月の場合

 役員等の勤続年数は、5年となります(役員勤続期間に1年未満の端数がある場合には、その端数を1年に切り上げたものをいいます。)。この場合は、特定役員等に該当することになります。

2 退職所得の計算方法

 特定役員等に該当する者に対して支払われる退職金で、その特定役員等の役員勤続年数に対応する部分(以下「特定役員退職手当等」といいます。)についての退職所得金額の計算方法は、原則として次のとおり行います。

(1)  その年中に支払われる退職金が、特定役員退職手当等のみの場合

特定役員退職手当等の収入金額 − 退職所得控除額

(2)  その年中に支払われる退職金が、特定役員退職手当等と特定役員退職手当等以外の退職手当等の場合(特定役員退職手当等以外の退職手当等には、一般の従業員部分の退職金などが該当します。)
  • 次の(イ)と(ロ)の合計額となります。
  1. (イ)特定役員退職手当等の収入金額 − 特定役員退職所得控除額(注)
  2. (ロ) {特定役員退職手当等以外の退職手当等の収入金額 − (退職所得控除額 − 特定役員退職所得控除額)} × 1/2

(注) 特定役員退職所得控除額は、次の算式により求めます。

 なお、特定役員等の勤続期間と特定役員等でない勤続期間の両方があり、その2つの期間が重複している場合には、その重複する勤続年数(重複している期間に1年未満の端数がある場合には、これを1年として計算します。)部分については、調整計算を行う必要があります。

  1.  重複期間がない場合

    40万円 × 特定役員等勤続年数

  2.  重複期間がある場合

    40万円 × (特定役員等勤続年数−重複勤続年数)

    + 20万円 × 重複勤続年数

(例1)役員としての勤続期間:4年9か月

  •  役員退職金 500万円
  •  勤続年数5年(うち役員勤続年数5年……特定役員に該当)
  •  退職所得金額:500万円 − (40万円 × 5年) = 300万円

このケースでの退職所得金額は300万円となります。

(例2)使用人として10年勤務し、その後役員に就任して3年間勤務した後、退職したケース

  •  使用人退職金 800万円、役員退職金500万円
  •  勤続年数:13年(うち役員勤続年数3年・・・・・・特定役員に該当)
  •  退職所得控除額: 40万円×13年=520万円
  •  特定役員退職所得控除額: 40万円×3年=120万円 
  •  退職所得金額:(500万円−120万円)+{800万円−(520万円−120万円)}×1/2= 580万円

このケースでの退職所得金額は580万円になります。

(例3)使用人として10年勤務し、その後使用人兼務役員に就任して3年間勤務、その後使用人の地位を喪失し、2年間役員専任として勤務して退職したケース

  • 使用人退職金(役員兼務期間を含む)800万円、役員退職金500万円
  • 勤続年数15年(うち役員勤続年数は使用人兼務役員の期間3年と役員専任期間の合計5年・・・・・・特定役員に該当)
  • 退職所得控除額: 40万円×15年=600万円
  • 特定役員退職所得控除額
    この例では、使用人兼務役員としての勤務期間に、使用人期間と役員期間が3年間重複していますので、上記(2)の注書きの調整計算を行います。
    40万円×(5年−3年)+ 20万円×3年=140万円
  • 退職所得金額
    (500万円−140万円)+{800万円−(600万円−140万円)}×1/2= 530万円

このケースでの退職所得金額は530万円になります。

(所法30、201、所令69、69の2、70、71の2、319の3)

 国税に関するご相談は、国税局電話相談センター等で行っていますので、税についての相談窓口をご覧になって、電話相談をご利用ください。
(注) 下記の電話番号では、国税に関するご相談は受け付けておりません。

出典

国税庁ホームページ http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/gensen/2737.htm

関連するタックスアンサー(源泉所得税)

  1. No.2880 非居住者等に不動産の賃貸料を支払ったとき
  2. No.2875 居住者と非居住者の区分
  3. No.2737 役員等の勤続年数が5年以下の者に対する退職金
  4. No.2520 2か所以上から給与をもらっている人の源泉徴収
  5. No.2735 同じ年に2か所以上から退職金をもらったとき
  6. No.2514 パートやアルバイトの源泉徴収
  7. No.2736 解雇予告手当や未払賃金立替払制度に基づき国が弁済する未払賃金を受け取ったとき(退職所得)
  8. No.2668 年末調整の対象となる給与
  9. No.2506 源泉所得税及び復興特別所得税額を納め過ぎたとき
  10. No.2804 外交員等に支払う報酬・料金
  11. No.2888 租税条約に関する届出書の提出(源泉徴収関係)
  12. No.2885 非居住者等に対する源泉徴収のしくみ
  13. No.2675 年末調整の過不足額の精算
  14. No.2505 源泉所得税及び復興特別所得税の納付期限と納期の特例
  15. No.2594 食事を支給したとき
  16. No.2662 年末調整のしかた
  17. No.2807 ホステス等に支払う報酬・料金
  18. No.2529 給与の改訂差額に対する税額の計算
  19. No.2502 源泉徴収義務者とは
  20. No.2881 恒久的施設(PE)

項目別にタックスアンサーを調べる

当コンテンツは、国税庁ホームページ利用規約に基づき、国税庁:タックスアンサーのデータを利用して作成されています。


戦略的に節税するための無料ツール

一括節税計算機
※所得を入力して、税目別に税額を一括比較する
所 得万円 *必須
減少額万円 *任意  設定  消去
[対応税目]*法人税*所得税*消費税*相続税*贈与税*利子所得*配当所得*給与所得*退職所得*譲渡所得(土地)*譲渡所得(株式)*譲渡所得(総合)*一時所得*雑所得(年金)*雑所得(FX等)

*ご利用にあたっては利用規約を必ずご確認ください

このページを他の人に教える


ご意見ご要望をお聞かせ下さい

 過去のご意見ご要望については、ご意見ご要望&回答一覧で確認できます。

利用規約をお読み下さい

 本サイトのご利用にあたっては利用規約を必ずお読み下さい。

広告を募集しています

 本サイトでは掲載していただける広告を募集しております。詳しくは広告掲載をご覧ください。
新着情報 RSS
02/08 所得税の延納(利子税)で節税
09/26 経営セーフティ共済で節税
02/22 役員報酬(事前確定届出給与)で節税
02/19 不動産(再建築費評点基準表)で節税
01/20 個人型401Kプラン(確定拠出年金)で節税
新着情報を見る
節税対策ブログ
02/22 所得税確定申告で誤りの多い事例とは
02/02 クレジットカードポイント等の税務処理
02/01 ふるさと納税特産品と株主優待の税務処理
01/18 節税と脱税と租税回避行為の境界
01/13 給与所得控除の段階的縮小
節税対策ブログを見る
アクセス数
今日:78
昨日:1,024
ページビュー
今日:90
昨日:1,943

ページの先頭へ移動