退職金(従業員の役員昇格)で節税
退職金(従業員の役員昇格)で節税する。従業員が役員へ昇格した場合の退職金で節税するには、従業員退職金規程の作成と適切な運用をお勧めします。

固定資産評価審査決定取消請求控訴事件(原審・東京地方裁判所平成20年(行ウ)第438号)|平成24(行コ)38

[]に関する行政事件裁判例(裁判所)。

行政事件裁判例(裁判所)

平成25年4月16日 []

判示事項

固定資産課税台帳に登録された家屋の価格に関する審査申出を棄却した固定資産評価審査委員会の決定の取消請求が,一部認容された事例

裁判要旨

固定資産課税台帳に登録された家屋の価格に関する審査申出を棄却した固定資産評価審査委員会の決定の取消請求につき,基準年度の再建築費評点数がその前年度における再建築費評点数を基礎として算出される場合,その前年度に至るまでの再建築費評点数の算出は各年度における固定資産評価基準に従ったものと推認するのが相当であり,そうである以上,前記家屋の平成18年度価格は,固定資産評価基準に従って決定されたものということができ,固定資産評価基準が定める評価の方法によっては再建築費を適切に算定することができない特別の事情又は固定資産評価基準が定める減点補正を超える減価を要する特別の事情の存しない限り,その適正な時価であると推認されるというべきであるが,納税者が前者の推認を覆すに足りる事情が存在することを主張立証したときは,前記家屋の平成18年度価格が固定資産評価基準に従って決定されたものということはできないとした上で,前記家屋の建築当初の再建築費評点数の算出が固定資産評価基準に従っておらず,その算出に誤りがあることの主張立証がされたとして,前記請求を一部認容した事例
裁判所名
東京高等裁判所
事件番号
平成24(行コ)38
事件名
固定資産評価審査決定取消請求控訴事件(原審・東京地方裁判所平成20年(行ウ)第438号)
裁判年月日
平成25年4月16日
分野
行政
全文
全文(PDF)
裁判所:行政事件裁判例
固定資産評価審査決定取消請求控訴事件(原審・東京地方裁判所平成20年(行ウ)第438号)|平成24(行コ)38

関連するカテゴリー

    税法別に税務訴訟事例を調べる

    当コンテンツは著作権法第13条(権利の目的とならない著作物)の規定に基づき、国税不服審判所:公表裁決事例要旨裁判所:行政事件裁判例のデータを利用して作成されています。


    戦略的に節税するための無料ツール

    一括節税計算機
    ※所得を入力して、税目別に税額を一括比較する
    所 得万円 *必須
    減少額万円 *任意  設定  消去
    [対応税目]*法人税*所得税*消費税*相続税*贈与税*利子所得*配当所得*給与所得*退職所得*譲渡所得(土地)*譲渡所得(株式)*譲渡所得(総合)*一時所得*雑所得(年金)*雑所得(FX等)

    *ご利用にあたっては利用規約を必ずご確認ください

    このページを他の人に教える


    ご意見ご要望をお聞かせ下さい

     過去のご意見ご要望については、ご意見ご要望&回答一覧で確認できます。

    利用規約をお読み下さい

     本サイトのご利用にあたっては利用規約を必ずお読み下さい。

    広告を募集しています

     本サイトでは掲載していただける広告を募集しております。詳しくは広告掲載をご覧ください。
    新着情報 RSS
    02/08 所得税の延納(利子税)で節税
    09/26 経営セーフティ共済で節税
    02/22 役員報酬(事前確定届出給与)で節税
    02/19 不動産(再建築費評点基準表)で節税
    01/20 個人型401Kプラン(確定拠出年金)で節税
    新着情報を見る
    節税対策ブログ
    02/22 所得税確定申告で誤りの多い事例とは
    02/02 クレジットカードポイント等の税務処理
    02/01 ふるさと納税特産品と株主優待の税務処理
    01/18 節税と脱税と租税回避行為の境界
    01/13 給与所得控除の段階的縮小
    節税対策ブログを見る
    アクセス数
    今日:175
    昨日:1,024
    ページビュー
    今日:339
    昨日:1,943

    ページの先頭へ移動