配当所得で節税
配当所得で節税する。複数の申告制度(総合課税・分離課税・申告不要)を使い分ける方法、配当控除、外国税額控除などについて。

贈与税更正処分取消請求控訴事件|平成7(行コ)99

[相続税法]に関する行政事件裁判例(裁判所)。

行政事件裁判例(裁判所)

平成7年12月13日 [相続税法]

判示事項

1 相続税法22条の定める「当該財産の取得の時における時価」を相続税財産評価に関する基本通達(昭和39年4月25日付け直資56,直審(資)17国税庁長官通達,平成3年12月18日付け課評2−4課資1−6により「財産評価基本通達」と題名改正,平成2年8月3日付け直評12,直資2−203による改正前)の定める評価方法以外の方法で評価することの可否 2 負担付贈与に係る上場株式の時価を証券取引所の公表する課税時期の最終価格と評価してした贈与税の更正処分等の取消請求が,棄却された事例

裁判要旨

1 相続税法22条の定める「当該財産の取得の時における時価」とは,課税時期においてそれぞれの財産の現況に応じ,不特定多数の当事者間で自由な取引が行われた場合に通常成立する価格をいうところ,課税実務上は,これを相続税財産評価に関する基本通達(昭和39年4月25日付け直資56,直審(資)17国税庁長官通達,平成3年12月18日付け課評2−4課資1−6により「財産評価基本通達」と題名改正,平成2年8月3日付け直評12,直資2−203による改正前)によってあらかじめ定められた評価方法により画一的に評価する取扱いをしており,このような取扱いは,納税者間の公平,納税者の便宜,徴税費用の節減という見地からみて合理的であり,租税平等主義にかなうというべきであるが,同通達による評価方法を形式的,画一的に適用することによって,かえって実質的な租税負担の公平を著しく害し,また,相続税法や同通達の趣旨に反するような結果を招来するような場合には,他の合理的な方法によることが許される。 2 負担付贈与に係る上場株式の時価を証券取引所の公表する課税時期の最終価格と評価してした贈与税の更正処分等の取消請求につき,当該負担付贈与を含む一連の取引は,前記株式の,贈与時点における市場価格と相続税財産評価に関する基本通達(昭和39年4月25日付け直資56,直審(資)17国税庁長官通達,平成3年12月18日付け課評2−4課資1−6により「財産評価基本通達」と題名改正,平成2年8月3日付け直評12,直資2−203による改正前)による評価額とのかい離を利用して,専ら贈与税の負担を回避する目的で計画的に行われたものであり,このような取引について同通達を適用することは,株式の市場価格の偶発性を排除し評価の安全を図ろうとする同通達の趣旨に反する上,租税負担の公平を著しく害し相続税法の立法趣旨に反する著しく不相当な結果をもたらすこととなるというべきであるから,同通達の定める評価方法を形式的に適用することなく,上場株式の客観的な市場価格である前記最終価格をもって評価することに合理性があるとして,前記請求を棄却した事例
裁判所名
東京高等裁判所
事件番号
平成7(行コ)99
事件名
贈与税更正処分取消請求控訴事件
裁判年月日
平成7年12月13日
分野
行政
全文
全文(PDF)
裁判所:行政事件裁判例
贈与税更正処分取消請求控訴事件|平成7(行コ)99

関連するカテゴリー

関連する裁決事例(相続税法)

  1. 相続人又はその家族名義の預金、株式及び割引債について、生前贈与された資金の運用により取得されたものではなく、被相続人が請求人に指示して管理運用していたもので、その一部を除き相続財産であると認定した事例
  2. 相続人名義の預貯金がそもそも被相続人に帰属していたものではないと認定した事例
  3. 取引相場のない出資を純資産価額方式により評価するに当たり、割賦販売に係る未実現利益の金額は控除できないとした事例
  4. 増資割当てを超える新株引受権の割当てを受けたことは他の株主から新株引受権相当額の利益を受けたことになるとした事例
  5. 相続税法34条4項の連帯納付義務は、受贈者の贈与税の納税義務の確定という事実に基づいて法律上当然に生じるもので、特別の確定手続を要するものではなく、その範囲は、受贈者が負っている本税及び延滞税のすべてについて、贈与した財産の価額を限度として負担すべきであるとした事例
  6. 共有建物の建築資金のうち請求人に対応する金員は夫からの贈与によるものであるとした事例
  7. 有価証券及び貸付金債権が請求人らの相続財産であるとした事例
  8. 他人名義となっている定期貯金の真実の所有者は被相続人であると認定した事例
  9. 特定遺贈を受けた財産を遺産分割協議書に記載したことが遺贈の放棄に当たるとした事例
  10. 関連会社の地上権の設定の有無について、本件は、当事者間の特殊な信頼関係に基づく土地の使用関係であって、地上権の設定の事実は認められないとした事例
  11. 貸宅地の評価においては、一般に借地権価額控除方式には合理性があり、また、請求人らが採用した収益還元方式の「純収益」や「還元率」は標準化されたものとは認められないとして、請求人らの主張する評価方式を排斥した事例
  12. 本件貸駐車場は、不整形地ではあるがその程度が比較的小さいので、不整形地補正は適用できず、また、本件賃貸マンションの敷地と一体利用とは認められないので、当該入居者の利用部分は貸家建付地の評価ができないとして請求人らの主張を排斥した事例
  13. 共同相続人間等で争われた株主権確認請求訴訟に係る控訴審判決の理由中の判断で示された事実等に基づき被相続人が相続開始日現在において有していた出資口数を認定した事例
  14. 遺贈に対して遺留分による減殺請求がなされている場合であっても、各共同相続人の取得財産の範囲が具体的に確定するまでは、受遺者の課税価格はそれがないものとして計算した金額によるとされた事例
  15. 1. 請求人が土地の価額に影響を及ぼすと主張する諸要因は、路線価額に折込み済みであるとした事例2. 借地権の目的となっている宅地は、評価通達によって評価すべきであり、収受している地代を基にして収益還元法によって評価すべきでないとした事例
  16. 土地区画整理事業地内の評価対象地につき、開発行為を行うとした場合に公共公益的施設用地の負担が必要とは認められないことから、財産評価基本通達24−4(広大地の評価)の適用はないとした事例
  17. 借地権の価額は、不動産鑑定士が、実際に支払われている賃料に基づく純収益を還元して得た収益価格を標準として、売買事例を基に算定した比準価格等を比較考量して算定した鑑定評価額ではなく、評価基本通達に従って評価した価額が相当であるとした事例
  18. 被相続人の妻名義及び子名義の預貯金及び有価証券がその管理状況及び原資等から相続財産であると認定した事例
  19. 純資産価額の計算上、法人税額等相当額を控除しないとしても違法ではないとした事例
  20. 相続税法基本通達13−3ただし書の定めにより、他の共同相続人の債務等超過分を請求人の課税価格から控除するためには、債務等超過分を控除することが可能な者の合意が必要であるとした事例

※最大20件まで表示

税法別に税務訴訟事例を調べる

当コンテンツは著作権法第13条(権利の目的とならない著作物)の規定に基づき、国税不服審判所:公表裁決事例要旨裁判所:行政事件裁判例のデータを利用して作成されています。


戦略的に節税するための無料ツール

一括節税計算機
※所得を入力して、税目別に税額を一括比較する
所 得万円 *必須
減少額万円 *任意  設定  消去
[対応税目]*法人税*所得税*消費税*相続税*贈与税*利子所得*配当所得*給与所得*退職所得*譲渡所得(土地)*譲渡所得(株式)*譲渡所得(総合)*一時所得*雑所得(年金)*雑所得(FX等)

*ご利用にあたっては利用規約を必ずご確認ください

このページを他の人に教える


ご意見ご要望をお聞かせ下さい

 過去のご意見ご要望については、ご意見ご要望&回答一覧で確認できます。

利用規約をお読み下さい

 本サイトのご利用にあたっては利用規約を必ずお読み下さい。

広告を募集しています

 本サイトでは掲載していただける広告を募集しております。詳しくは広告掲載をご覧ください。
新着情報 RSS
02/08 所得税の延納(利子税)で節税
09/26 経営セーフティ共済で節税
02/22 役員報酬(事前確定届出給与)で節税
02/19 不動産(再建築費評点基準表)で節税
01/20 個人型401Kプラン(確定拠出年金)で節税
新着情報を見る
節税対策ブログ
02/22 所得税確定申告で誤りの多い事例とは
02/02 クレジットカードポイント等の税務処理
02/01 ふるさと納税特産品と株主優待の税務処理
01/18 節税と脱税と租税回避行為の境界
01/13 給与所得控除の段階的縮小
節税対策ブログを見る
アクセス数
今日:348
昨日:569
ページビュー
今日:888
昨日:1,635

ページの先頭へ移動